スクールポリス設置の必然性「東須磨小学校の教師いじめ」

スクールポリス設置の必然性「東須磨小学校の教師いじめ」
19 10 5.
大人社会に差別・いじめが蔓延している。
学校にのみ虐めが存在しないなど有り得ない。
「学校に虐めなど在っては成らない」が、その場しのぎの思考停止のフレーズ・幻想だった。
神戸市で教師間の虐めが発覚した。
職員室に虐めが存在する。
昔から、在った話である。
「在ってはならない事件が起きました」の思考停止では問題は解決しない。
神戸市教育委員会は4日、市立東須磨小学校(須磨区)の教員間で、暴言・暴力などのいじめ行為や、性的な嫌がらせなどのハラスメント行為が相次いでいたと発表した。
20代の男性教員が体調を崩して学校を休んでいるほか、別の20代の教員3人も被害を受けたという。
市教委は加害行為をしたとされる30~40代の教諭4人を業務から外し、処分を検討している。
市教委によると、加害側の4人は30代の男性3人と40代の女性1人。
いずれも同校で「リーダー的な立場」だったという。
4人は昨年以降、
男性教員に対し、「ボケ」「カス」などの暴言を浴びせる。
コピー用紙の芯で尻をたたく。
LINEで別の女性教員にわいせつなメッセージを無理やり送らせる。
男性教員の車の上に乗ったり車内で飲み物をわざとこぼしたりする。
などのいじめ行為を繰り返した。
男性教員は「羽交い締めにされ、激辛カレーを無理やり食べさせられた」「目やくちびるに激辛ラーメンの汁を塗られた」とも訴えているという。
この4人は、別の20代の教員3人(女性2人、男性1人)にもセクハラ行為をしたり、侮蔑的なあだ名で呼んだりしていたという。
セクハラ行為の内容について、市教委は「プライバシーに関わる」と明らかにしていない。
市教委が「プライバシーに関わる」と事実を隠ぺいする。
ネット私刑を加速させる。
SNSには加害教師の名前・顔写真・経歴等が晒されている。
即座にバズる。
デジタルタツーであり、加害教師には生涯付いて回る。
東須麿小学校の校長が加害教師に口頭で注意・指導したという報道もある。
いじめ犯罪の解決の遅さも「口頭での注意・指導」に終始するしかないという限界にある。
学校でいじめが起きれば。
東須磨小の校長が加害教師4人に指導したように、教師も加害生徒に口頭で指導するしかない。
「命の架かった問題だと」教師が拳骨でも喰わせようものなら、「教師が体罰を振るった」と全国ニュースで報道される。
テレビの報道番組・ワイドショーでは東須摩小学校の「いじめ事件」にも、
「教師が虐めるのなら、生徒も虐めるのが当たり前だ。」くらいのケチが付くのだろう。
東須磨小学校の加害教師を非難して終わるのだろう。
大人社会全体にいじめが存在し、ハラスメントなどと言い換えて問題の酷さを誤魔化しているから、教師集団にも虐めが発生するのである。
これが正論である。
市教委は加害教師の処分を検討している。
「信用失墜行為」で「懲戒免職」で良い。
新学期が始まってからひと月。
「高所からの飛び降り」「線路に侵入」「部屋での首つり」。
何人の子供が自殺した。
大人社会全体が「子供のいじめ」に無関心だから、自殺者が後を絶たない。
教師集団内で「いじめ行為」に走る舐めた問題教師が「教師の実態」で有るかの如く報道されるのは誤りである。
報道番組・ワイドショーで判で押したような「教師にあるまじき振る舞い」「先生のくせに」という非難合戦はウンザリするから視ない。
教師バッシングに終始するテレビ教育評論。
終わりにさせたい。
スクールポリスは何時、設置するのか。
団塊の世代、学生時代「全共闘・全学連闘争」に身を投じ、一般企業に就職出来ず「教師にでもなるか」「教師にしかなれない」という「でもしか」教師。
現場で頑張りベテランとなり教師集団の核に成っていただろう。
一斉に退職した。
教員採用試験の競争率は低下し、教師に成り易い時代。
再度の「でもしか」教師の大量発生を懸念している。
「腐ったミカンの方程式」を適用すべきである。
学校現場で不適格な教師に厳罰を科し、綱紀粛正を図るべきである。
くれぐれも一定期間停職にし、来年度、他校に移動させるという甘い処分は「あってはならない」。
4人が他校に移動赴任すれば癌細胞が4つに分裂するようなものだ。
いじめ犯罪に関しては、教師も生徒も厳しい処分が必要である。
スクールポリスという「厳しい世間の冷たい風」を学校に導入し、遊び感覚・ゲーム感覚で虐めを止められない加害生徒に対処すべき時期である。
スクールポリスの取り締まり対象は生徒に留まらない。
教師にも監視の眼が必要なのだ。

TBS「東大王」のADいじめ・東須磨小学校の教師いじめ

TBS「東大王」のADいじめ・東須磨小学校の教師いじめ
19 10 11.
大人社会がハラスメントに塗れている。
ハラスメントなどと言い換えているが昔からある差別・いじめである。
民族差別・女性差別・障害者差別。
明治維新の文明開化を経ても「同和」問題なども残存している。
東須磨小学校の職員室に「いじめ」が存在しても「さもありなん」不思議なことではない。
むしろ学校にだけ「いじめが在ってはならない」という思い込みが間違いである。
子供のいじめ問題。
大人社会のいじめが子供社会に反映しているだけだ。
大人社会全体で解決する為に取り組むべき問題を「教師バッシング・学校バッシング・教育委員会バッシング」に終始してきた。
この世論・風潮が数十年経っても「いじめ犯罪」を解決出来ない根幹である。
不祥事に揺れるTBS 共同通信。
TBSクイズ番組『東大王』のチーフディレクターが10月1日付けで制作局から総合編成室への異動を命じられた。
局内でも理由は開示されていない。彼は今年8月のロケで問題を起こした。“懲罰人事”である。
人気ドキュメンタリー番組「クレイジージャーニー」における“暴行事件”やヤラセ問題、「消えた天才」での映像加工問題など不祥事が相次ぐTBS。
佐々木卓社長は9月17日に全社員を集めて緊急集会を開き、社を挙げて再発防止と信頼回復に取り組むことを誓った。
昨年、佐々木氏が社長に就任して以来、TBSは法令遵守にくわえ、社内のハラスメントにも厳しく対応していく姿勢を打ち出した。集会では、社長自ら問題が起きた経緯を詳しく説明し、『放送局にとって視聴者の信頼こそが命』と呼びかけた。
その最中に、またしても人気番組に関わるTBSの社員が不祥事を起こしていたことが明らかになった。
「東大王」といえば現役の東大生チームと芸能人チームが“頭脳バトル”を繰り広げる人気クイズバラエティ。
東大王の不祥事。
問題が起きたのは、今年9月11日に放送された「ハワイ修学旅行編」のロケでのことだった。
東大生チームが芸能人チームに10連勝した“ご褒美”と、東大王・伊沢拓司の番組卒業祝いを兼ねた特番で、ハワイでのロケは8月23日から25日まで2泊3日で行なわれた。
その最中にチーフディレクターは宿泊先のホテルに20代の女性ADを呼び出し、密室で不適切な行為に及んだ。
2人きりになった部屋でチーフディレクターはADに関係を迫り、彼女は拒みながらも彼の気持ちを静めるために上半身だけ裸になった。
派遣会社から来た立場の弱い彼女はチーフディレクターに逆らうことができなかった。
事態を把握したTBSはチーフディレクターを事情聴取。彼は自宅謹慎を命じられ10月1日付けで制作局からの異動を命じられた。
移動処分の後は「テレビ局のお家芸」隠蔽である。
出演者にトラブルの内容は知らされていない。局内でも事情を把握している社員はほとんどいない。
オンエアされた番組のクレジットにもチーフディレクターの名前は表記されたままで、外部に問題が漏れないようひっそり処分が下された。
セクハラ男はバラエティ番組での仕事ぶりには定評があり、『東大王』には途中からディレクターとして参加。TBSが制作する映画の監督を務めるなど将来を嘱望された有能な社員だったという。
「芸人と親交が深く、後輩からも慕われる人格者だったのですが。」という証言もある。
事件を起こした人物をかばい立てするのは腐った組織の常とう手段である。
テレビ朝日「報道ステーション」でもチーフプロデューサーが女子アナの部屋に上がり込み、わいせつ行為に及んでいる。
今日、権力の腐敗は第四権力で最も深刻である。
第四権力の腐敗はテレビ局に極まっている。
品性下劣なわいせつ男でないとチーフの位置に立てないようだ。
チーフが立場を利用して若い女性に性的な無理強いを強いる。
正真正銘の「いじめ」である。
上層部が腐れば若手も腐る。
TBSが公にしていない不祥事はこれだけではない。
今年8月下旬、『東大王』にADとして関わったこともある若手社員がタクシー運転手とトラブルを起こし、警視庁管内で逮捕されている。ADは運転手に暴言を吐いた上、運転席と後部座席を仕切るアクリル板を引き剥がし、走行中に路上に投げ捨てた。
悪質な行為だが、被害者側と“示談”が取り交わされ、すぐに釈放されているため特段の処分は無かった。
ADは東大出身で、幹部が期待を寄せるエリート社員。
ADの“逮捕”についてTBSはこう回答。
「暴行の事実はありません。この事案は、相手の方とお話し合いの上、解決したものと承知しております」。
過去、報道番組・ワイドショーで「タクシーの客が運転者に暴行を加える」事件は映像が晒され、「暴力はあってはならない」と報じられる。
TBSの社員の暴行であれば、事件が無かったことにされる。
報道番組・ワイドショーのキャスター・司会者・コメンテーター。
坂上忍・立川志らく・梅沢富美男・カンニング竹山、など「怒り芸・キレ芸」で世相を斬るという芸風が主流だが。
テレビ局の不祥事・犯罪には皆一様に口をつぐむ。
テレビは「真実を報道し権力を監視する」ジャーナリズムの志を喪失している。
身内の不祥事の隠蔽に必死である。
報道番組・ワイドショーが「いじめ犯罪」で教師・学校・教育委員会バッシングを行う時、「高みから人様を非難できる立場かね」と疑ってかかるのが賢明である。
13日早朝、千曲川流域の住宅地を氾濫した濁流が襲っている。
建物の一階部は水に浸かっており、避難できる状態ではない。
年間の降水量の4割が一晩で降った夜、1000ミリを超えた地域もある。
12日夜、民放放送局は台風情報を伝えず、通常放送だった。
フジテレビは心霊番組を放映していた。
NHKをスクランブル放送にして受信料を拒否する者には見せなければ良いという論者もいる。
N国の立花を選挙に当選させた論者たちである。
12日の夜、「命を守る行動を取ってください」と呼びかけ続けたのはNHKだけだった。
明日以降、民放各局のワイドショーは「災害時のメディアの役割」を、どう伝えるだろう。
民放放送局が「台風情報・避難勧告・避難警告」を行わず、「通常営業で商売最優先」の選択をしたのは逃れようのない事実である。
民放放送局による台風被災者いじめである。
反省できるか。

下ヨシ子の罰当たり「台風の夜のフジテレビ」

下ヨシ子の罰当たり「台風の夜のフジテレビ」
19 10 12.
TBS・テレビ朝日・フジテレビに対して何度も「心霊番組など止めておけ」と忠告してきた。
池田武央が出演してフェイク心霊動画を「悪霊解説」する。
木村藤子が出演して「黙って座ればピタリと」当てる。
江原啓之が出演して「あなたの前世・オーラの色」を占う。
下ヨシ子が出演して「徐霊・浄霊ショー」を披露する。
大方の霊能者は占いを披露する。神仏に仕えるのではなく、自らが全能の神の様に振る舞う。
「霊能力を持つ霊能者が存在する。」全ての霊感商法が霊能者に始まり、霊能者に終わる。
特殊詐欺に加担する半グレ集団は反社会的勢力である。
霊能者の霊感商法は特殊詐欺ではないという言い逃れが何時まで通用するのか。
心霊番組を放映し続け、霊感商法の宣伝・ステルスマーケティングに余念の無いテレビ局を許せない。
霊感商法に加担するテレビ局こそ反社会的勢力である。
12日の夜、前例のない巨大台風が関東を直撃する。
NHKは午前中から台風情報を報道し続け、注意喚起する「命を守る行動を取って下さい」と視聴者に呼びかける。
フジテレビは「ほんとにあった怖い話20周年スペシャル」を放映する。
直前のニュースで長野県・千曲川が氾濫している。
東京・多摩川は氾濫直前であると報じる。
民放放送って公共の電波を格安に使用しながら、「商売最優先」で良いのか。
番組に出演する中条あやみ・佐々木蔵之介・ミキ亜星・鈴木保奈美・佐藤健・松本穂香。
台風の夜に「心霊ドラマに出演していた」ダーティイメージが付いて回りそうだ。
テレビ朝日は台風情報を報道している。
日本テレビは「嵐にしやがれ」・TBSは「世界ふしぎ発見」・テレビ東京は「出没アド街ック天国」。
湾岸戦争。
民法放送局は戦争報道に取り組んだ。
戦地では民間人の犠牲者も出ているのに「テレビゲームの様な戦争」と他人事コメントの戦争報道であった。
テレビ東京のみ「ムーミン」を放映した。
今晩以降、民放放送局はテレビ東京の「ムーミン」を馬鹿に出来ない。
東京・関東に家族・親せき・友人・知人が暮らしている日本国民。
心配で堪らないだろう。
12都県に特別警報が出ている。
静岡・神奈川・東京・埼玉・群馬・山梨・長野・茨城・栃木・新潟・宮城。
2人死亡・3人行方不明・69人がケガ。
初動の報道であり、時間を追うごとに犠牲者の数は増加していく。
阪神・淡路大震災、東日本大震災。
夜明け、昼下がりの大震災であり、テレビの第一報は文字テロップだった。
時間を追うごとに犠牲者の数は増加した。
先日の千葉県の台風も被害が報じられるまで4日経過していた。
各民放ワイドショー「被害報道が遅すぎる」と怒りのコメントに溢れていた。
舌の根の乾かぬ内の今晩の民放放送局の醜態である。
土砂災害・ダムの緊急放流・停電・川の氾濫。
予断を許さない状況の中でテレビ朝日以外は通常営業か。
刻々とハザードマップの危険度は上昇している。
テレビ局は公器である。
全局、台風情報を報道する責務がある。
フジテレビの心霊番組など、最も場違いで在り、最も不謹慎である。
「ほんとにあった怖い話」。
今現在、死亡者数が増えつつあるのに、心霊ドラマを放映している。
未曾有の災害の夜。
9時28分。
下センセイ登場である。
流石、下ヨシ子。
自分の霊視が放映される数日後、前例のない台風に襲われるとは予言しない。
大災害をハズす霊能者は世が世なら死刑だった。
稲垣吾郎の復帰ありきの「やっつけ仕事・突貫工事」な20周年記念スペシャルであり、下ヨシ子のスタジオ収録など数日前の「とってつけた」撮影である。
「愛国者」を名乗る日本人は全員、フジテレビのスポンサー企業に電凸すべきかもしれない。
せめて、画面を分割し台風情報を放映するくらいの配慮が出来ないものか。
国民から嫌われるフジテレビの真骨頂である。
20周年記念スペシャルだから、下ヨシ子、出演場面が多い。
10時6分、再登場し。
「温かい気持ちでお祓いしましょう。素人には難しいから、神社・仏閣、プロのお坊さんに相談しましょう。」と霊感商法のごり押しに走る。
プロの僧侶は徐霊・浄霊・お祓いなどしない。
下ヨシ子の言う「プロの僧侶」とは下ヨシ子自身のことである。
フジテレビの霊感商法の宣伝・ステルスマーケティングなのである。
フジテレビの霊感商法は社会悪である。