NHK「謝罪が間に合わないヤラセの連発」

NHK「謝罪が間に合わないヤラセの連発」
ワンセグ放送でもNHKが映る。受信料を払え。
カーナビでもNHKが映る。受信料を払え。
家にテレビがある。問答無用で受信料を払え。
ただし、ヤラセは止めない。
何処の国の公共放送なのか。
3月末、45~64歳のひきこもりが61.3万人いるという推計を内閣府が発表し、世間に衝撃を与えた。
3月29日に放送されたNHKの報道番組『ニュース7』では、この内閣府の発表を受けたニュースの中で、10年以上引きこもりをしているという53歳の男性を取材。
この男性について、同番組では「大学を中退し、就職しても2~3年しか続かず、引きこもっていた期間は合わせて10年以上にもなります」と紹介。
発達障害があるために、食事や洗濯などは87歳の母親に頼っているなどとした。
さらに生活費を母親の不動産の収入や貯えなどに頼っており、現在は障害のある人の就労支援を行う事業所に通ってサポートを受けているものの、見通しは立っていないと実情を明かした。
しかし、ネット上ではこの男性への疑念が続出。
ニュースで紹介された男性の名前を検索してみると、とある会社の執行役員・最高執行責任者(COO)という肩書でインタビューを受けている記事が見つかったという報告や、個人のFacebookなどが見つかり、ヤラセではないかという意見が噴出する炎上状態となった。
31日、出演した男性本人がネットメディアでこれらの疑惑について言及する記事を発表。
2018年の6月に退職して今実際に無職である事や、NHKから取材の話があったのは、以前働いていた会社での関係がきっかけで、退職していることをNHKは知っていたことを明かした。
NHKは16年にも同じ『ニュース7』で、貧困状態にある女子高生の生活を取材し、同じような炎上状態になったことがある。
この時、女子高生は家にパソコンがないことからキーボードだけを買い与えられてブラインドタッチの練習をしたとする他、進学を希望しているものの、経済的な壁に直面しているとしていたが、
アニメグッズや高価なペンセットなどが部屋にあることを指摘され、批判が集まった。
その後、本人と思われるSNSのアカウントが発覚し、そこでの生活ぶりが番組のそれとかけ離れているとして、女子高生の自宅の住所まで特定されるような事態になった。
NHKが顔を晒した人物がネットリンチの標的となる。
他ならぬNHKの番組の取材不足・説明不足のせいで。
2018年に退職した53歳男性を10年以上引きこもっていたと放映するのはNHK発の「ロス疑惑」である。
番組が盛り上がればよいという姿勢は商業放送の民放以下であり、公共放送の威厳が欠落している。
番組に出演させた人物が報道被害に遭っているのに訂正報道しないのはNHKの傲慢・驕りである。
何故、本人に釈明させるのか。
そんな無責任な公共放送に何故、受信料を払わねばならないのか。
NHKは29日、客の依頼に応じて家族や恋人を演じる代行サービス業の会社を紹介したドキュメンタリー番組で、「利用客」として出演した男女3人が、実際には会社が用意したスタッフだったことが分かったと発表した。
問題となったのは、国際放送「NHKワールド JAPAN」が昨年11月に放送した番組。
家族や友人をレンタルする代行ビジネスが日本で支持されていることを紹介した。男女3人の利用客が代行を依頼する理由やサービスを受ける様子を取材していたが、実際には客ではなく、レンタルサービス会社が用意したスタッフだったという。
160の国や地域に向けた約30分間の番組で、再放送を含め今年1月までに計8回放送された。
NHKによると、同局の職員ではなく、国内外で活動するフリーのディレクターが企画を提案し、NHKエンタープライズが制作した。
24日に週刊誌の指摘を受けたNHKは、レンタルサービス会社の社長や番組出演者、制作した外部のフリーのディレクターなどに聞き取り調査を実施。レンタルサービス会社の社長は「顔を出して取材に応じてくれる利用客がみつからなかったので、スタッフに頼んで利用客を演じてもらった。会社の独断で行った」と説明した。
NHKは「視聴者の皆さまにおわびし、早急に再発防止を徹底する」としている。
NHKでは平成26年5月に放送された「クローズアップ現代 追跡“出家詐欺”~狙われる宗教法人~」が、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会により「重大な放送倫理違反」と指摘されている。
チェック体制の強化を進めてきたが今回、取材・制作したフリーのディレクターやNHKエンタープライズの担当者は、出演者の問題に全く気付かなかった。
レンタル家族の件で当初NHKは週刊誌の取材に対し、ねつ造・過剰演出・ヤラセは無いと回答している。
謝罪が早すぎる。
「皆さまにお詫び」する前に、ねつ造・過剰演出・ヤラセの原因はNHKの何処に在ったのかの検証をお願いしたい。
検証が無いから反省もなく、責任も曖昧なまま、ヤラセが続く。
再発防止など無理である。
ヤラセに関しBPOなど、とっくに無力である。
BPOウスラ委員の眼は節穴で在り、BPOは脳機能停止している。
BPOに放送倫理・番組向上などという肩書を与えてはならない。
公共放送のヤラセ体質には受信料の支払い拒否という「皆さまの姿勢」で対決していくしかない。
NHKにヤラセはいけないという認識はあるのか。
何故ヤラセが多発・連続するのか。
「皆様の受信料で社員は潤っている」番組制作陣の士気がヤラセ連発になるほど低いのは何故か。
「皆様の受信料で潤っている」NHKが制作現場がブラック環境であれば、国民から巻き上げた受信料で誰が儲けているのか。
ヤラセを連発しておいて「受信料を払え」とはどの口で言えるのか。
国民をバカにするなと言っておこう。
付記。
参院選でN国立花が当選する。
NHKの体質に怒っている国民が一定以上いる証拠である。

“NHK「謝罪が間に合わないヤラセの連発」” への103件の返信

  1. ピンバック: tinder poop story
  2. ピンバック: free orlando dating sites
  3. I don’t know if it’s just me or if perhaps everyone else encountering problems with your
    site. It seems like some of the written text in your content are running off
    the screen. Can someone else please provide feedback and let me know if this is happening to them as well?

    This might be a issue with my web browser because
    I’ve had this happen previously. Thank you

  4. I must thank you for the efforts you have put in penning this site.
    I am hoping to see the same high-grade content
    by you in the future as well. In truth, your creative
    writing abilities has motivated me to get my own, personal site now ;
    )

  5. Thanks for your marvelous posting! I actually enjoyed reading it,
    you could be a great author.I will be sure to bookmark your blog and definitely will come back down the road.
    I want to encourage continue your great work, have a nice day!

  6. Hello to every body, it’s my first go to see of this web site; this webpage includes remarkable and genuinely fine information for readers.

  7. ピンバック: gay wow dating
  8. ピンバック: write a essay for me
  9. ピンバック: writing essays in college
  10. ピンバック: writing essay help
  11. ピンバック: best usa casinos
  12. ピンバック: cheap essay writing
  13. ピンバック: write argumentative essay
  14. ピンバック: writing personal essays
  15. ピンバック: write good essay
  16. ピンバック: having sex games
  17. ピンバック: reality sex games
  18. I was actually itching to tails of some wager some monied on some sports matches that are episode auspicious now. I wanted to disillusion admit you guys identify that I did understand what I weigh to be the kindest orientation in the USA.
    If you poverty to pull down in on the action, scrutinize it minus: https://uscasinoshub.com/

  19. Somebody necessarily lend a hand to make severely articles I’d state. That is the very first time I frequented your web page and to this point? I amazed with the analysis you made to make this particular publish amazing. Great activity!|

  20. My brother recommended I may like this website. He was entirely right. This publish actually made my day. You can not believe just how much time I had spent for this information! Thanks!|

  21. ピンバック: 1transfer
  22. Казино Pin Up

    В ТЕЧЕНИЕ толпа PinUp дуется много инвесторов из Украине. Им а также не тот пользователям доступна регистрация сверху сайте, что-что также шиздец возможности игорного заведения (юкер сверху деньги, вывод лекарств, чуткость в течение премиальной проекте равно так далее).
    Казино Pin Up

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。