JPモルガン個人投資家を喰い殺す

今年1月4日から、NYダウは18日間で、2700ドル下落する。

ここ2週間では、1日、1000ドルを超える上昇・下落が続く。NY株式市場、相場が開いて「緩やかに上昇し、後半、大きく下落する。」「500ドル上げて、500ドル下げる。」「300ドル上げて、1000ドル下げる。」。NY株式相場で1日1000ドルを超えて、株価が上下動する時は、クオンツ系ヘッジファンドのAIがフル稼働している。

AIは何の為に、1000ドルを超える取引を行うのか。

個人投資家を焼き殺す為である。

ロビンフッダーとは、ロビンフッド証券が運営するスマホのゲーム仕立ての株式取引で遊ぶ、素人投資家。ロックダウンされ、暇に成ったアメリカ人たちが、給付金を資金にして投資に乗り出す。数百万人のロビンンフッダーが産まれる。

レディット掲示板のカリスマ投資顧問の書き込みが、ロビンフッダーの取り引き手口の指南となる。ロビンフッダーの大群は、カリスマの指南で、売買取引の方向性を定め、大群で同じ方向性で取引を実施する。

ロビンフッド証券は、ロビンフッダーからカネを獲らない。ロビンフッダーの売買動向データをヘッジファンドに売り、利益獲得を行う。

昨年は、ロビンフッダーの大群が、ヘッジファンドを打ち負かした。

ロビンフッダー・個人投資家の売買動向のデータはカネに成る。ロビンフッド証券が、ロビンフッダーにやったことを、JPモルガンが、世界中の個人投資家に拡大適用する。

JPモルガンが、機関投資家・ヘッジファンド向けに、個人投資家のトレンドに関する情報を提供するツールを開発する。

レディットの書き込み・ツイッターの呟き・YouTube投資顧問詐欺師のアドバイス。全てをデータ化し、「個人投資家の資金動向」「個別銘柄の売りシグナル・買いシグナル」「センチメントが否定的か・肯定的か」「個人投資家の資金フローの規模」「ソーシャルメディアで最も話題になっている銘柄」「空売りに失敗し踏み上げに直面しそうな銘柄」「ヘッジファンドに対抗してロビンフッダーが狙っている銘柄」。ネット上の情報を集めて、ビッグデータ化し、数値化する。

JPモルガンのビッグデータを、クオンツ系ヘッジファンドのAIが利用すれば、「個人投資家の動向に同調して儲ける」「個人投資家の動向を迎え撃ち、破産させる。」「個人投資家を全滅させる」取引が可能と成る。

JPモルガンは、機関投資家・ヘッジファンドに「個人投資家の動向を伝える秘密兵器。個人投資家が束に成った時の損失を回避する為に秘密兵器を造った。」と宣伝する。

昨年のミーム銘柄・人気銘柄のゲームストック。ヘッジファンドが空売りを仕掛けたゲームストックの株を、レディットで「買い増し」しようと指南された、ロビンフッダーが、大群で買い増し。ロビンフッダーの大群がヘッジファンドを倒した。

JPモルガンは、ヘッジファンドが個人投資家に負ける事態を許せない。

昨年21年、ヘッジファンド業界は、09年リーマンショック以降の13年で、過去、3番目の利益を上げている。ヘッジファンドのリターンは10・3%。

暗号資産は、ツイッター投稿数の増減率と資産価格が挿管する確率が高い。暗号資産の何万・何十万のツイッター投稿のビッグデータ化を、JPモルガンは株式市場で行おうとしている。

株価などの価格は投資家心理が作る。JPモルガンのビッグデータは、まさに投資家心理そのものである。

投資顧問詐欺師のテクニカル分析のチャート解析は、売買された出来高の数字を分析する性質である。JPモルガンのツール・ビッグデータは、売買以前に、個人投資家の売買動向の答えを、把握出来る。

答えを理解した、クオンツ系ヘッジファンドのAIが、個人投資家を焼き殺す。

世界規模のカンニングであり、インサイダー取引である。

世界中の金融市場をネットで繋ぎ、グローバル経済と称して、世界中の株式市場を博打場に変える。ウォール街のハゲタカが博打の同元であり、ペテン・いかさま・八百長の、やり放題。

阿漕に過ぎる。

JPモルガン・シティバンク・バンクオブアメリカ・ウェルズファーゴ。アメリカ4大銀行である。

ロンドンのロスチャイルド家がJPモルガンを創った。マサチューセッツ州のジョージピーボディがロスチャイルド家から支援を受けて、ジョージピーボディ&カンパニーを設立。金融業を始める。共同経営者がジニーアススペンサーモルガン。ロスチャイルドのアメリカの代理人が、モルガン家である。ジニーアススペンサーモルガンの息子が、ジョンピアポントモルガン。JPモルガン、社名の由来である。

ウォール街の中心、大銀行のJPモルガンが、詐欺・いかさま・八百長の旗手と成る。今年以降のアメリカ金融バブル大崩壊は、緩やかに、緩慢と二番底・三番底・大底と底が抜けてゆき、金融大企業にジワジワと痛みが拡がる大惨事となって貰いたい。

日本にも、投資顧問詐欺師が跋扈している。ウォール街の裁定取引の元ヘッジファンドトレーダー。元証券会社社員で社長賞受賞を誇るチャート分析専門家。投資の寺子屋。

「投資顧問の実務が有り、専門家である」と自称する奴らが、「日本人に金融リテラシーを備えさせる」と豪語しながら。投資顧問詐欺師の一挙手一投足が、JPモルガンのビッグデータの養分となる。投資顧問詐欺師にコメントした個人投資家の売買動向が、JPモルガンのビッグデータの養分となる。

「投資でお金を儲けるチャンスです」詐欺師が多過ぎて困る。

後、1年で個人投資家は、JPモルガンのビッグデータ・クオンツ系ヘッジファンドのAIに喰い殺されて終わる。

投資など関わらないことだ。金融市場など、足を踏み入れ無いに限る。

投資など博打である。負けが決まった、いかさま博打である。

“JPモルガン個人投資家を喰い殺す” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。