2億2200万円・オリンピック経済効果のシンボル

「IOCの決定に納得は出来ないが、決定を妨げることはしない。」
小池百合子の苦虫を噛み潰した表情での「合意無き決定」で東京五輪のマラソン・競歩の会場は札幌に決定する。
かくしてコンパクト五輪は破綻する。
オリンピックの精神はスポーツマンシップとアマチュアリズムである。
今日オリンピックは利権に塗れた既得権益が「わけの分からない」儲けにタカる「世紀の祭典」に堕している。
東京だけが日本か。
子供の貧困・子供の教育格差・ブラックアルバイト・ブラック企業・老後破産・介護破産・下流老人・漂流老人・老後親子同時破産。
日本社会のセーフティネットが崩壊している。
カネまみれのお祭り「オリンピック」に掛ける金を社会保障に使用すべきだ。
東日本大震災の復興の要は福島第一原発の事故収束である。
報道番組で「原発敷地内から山側に急ごしらえした汚染水貯蔵タンク」の全貌を放映出来ない。
タンクの数が急増し膨大過ぎて「何が事故収束宣言か」「チェルノブイリと、どう違うのか。」と大騒ぎになるのを抑え込むため、現状を隠蔽する。
報道番組で「福島第一原発の現状を放映しない」という隠蔽である。
原発建屋の海側に設置した汚染水の海洋流出を回避するための凍土壁。効果が有るのか無いのか、一向に続報がない。
福島第一原発、東京で使用する電力を発電するための原発だった。
最悪のシビアアクシデントが発生しているのに「オリンピックが優先であり、復興は後回しだ。」と誰がどの口で言えるのか。
台風19号は千葉に激甚な被害を与えた。
国土強靭化政策は東京にだけ適用されている。
馳文科大臣は「ゆとり教育との決別宣言」を発した。
遅すぎる宣言である。
オリンピックとの決別宣言も発するべきだった。
「オリンピック開催の為」と言いながら、「東京都の再開発だけ」を優先している。
オリンピックに掛ける金があるなら、被災地の復興予算に廻そう。
東京で稼働する建築重機・東京で働く建設業者、被災地で活躍してもらいたい。
「東京オリンピックを国民全員が心待ちにしている」。
「オリンピック開催というお祭りで社会の暗黒面を覆い隠す」プロバガンダを止めてもらいたい。
悪質な洗脳・マインドコントロールは止めてもらいたい。
3年前、英紙「ガーディアン」は2020年の東京オリンピック・パラリンピック招致をめぐり巨額の裏金が動いていたする記事を掲載した。
東京五輪招致委員会が元国際陸上連盟(IAAF)会長のラミネディアクの息子が関係するシンガポールのペーパーカンパニー「ブラックタイディングス」の秘密口座に2億2200万円を支払っていた疑いがあり、フランス当局が捜査に乗り出した。
「ブラックタイディングス」安アパートの一室である。
贈収賄・マネーロンダリングに塗れたペーパーカンパニーである。
記事内では裏金工作に関わった招致委員会側の大手広告代理店・電通の名前が指摘されている。
電通が伝手のあるトトという人物とディアクの息子との橋渡しをしている。
ディアクはIAAF会長でありながら、1999年から2013年まで国際オリンピック委員会(IOC)の委員を兼任していた。
そのため東京五輪開催を決める投票が行われた2013年9月のIOC総会でも一定の影響力を持っていたとみられる。
日本からの資金提供を受けたディアクはブエノスアイレスのIOC総会でイスタンブール支持の方針を変更して、東京を推した。
賄賂そのものである。
日本レコード大賞の審査員にサンミュージックが2億2200万円支払ったら、どんな騒ぎになるか。
2015年11月、セネガル国籍のディアクらIAAF幹部数人がロシアの組織的ドーピング問題で金銭を受け取って口利きをしていたとして捜査対象になりフランス当局に拘束されている。
その影響でディアクはIOCから活動停止を言い渡され、11月10日に役職から退いていた。
東京オリンピックの贈収賄事件、もみ消しの効かない大事件である。
うやむやにしたら、イスタンブールから日本が賠償金請求をされる。
2億2200万円で、もぎ取ったオリンピックを今更イスタンブールに返すことも出来ない。
200億円くらいの慰謝料を支払ってイスタンブールに謝罪するしかない。
JOC元理事長・竹田恒和・萩生田光一官房副長官は記者会見で、2020年東京五輪の招致活動で多額の資金が国際陸連(IAAF)側に振り込まれたとされる疑惑について、
「正式な業務委託に基づく対価として支払ったものであり、疑惑を持たれるようなものではない」と述べた。
疑惑を持たれるモノでないなら、カネの出どころを説明してもらいたい。
どうやって集めた、誰のカネなのか。
誰がディアクに支払おうと決めたのか。誰が支払いを了承したのか。
舛添都知事の、はした金の公私混同より大きな疑惑である。
萩生田はスポーツ庁から報告を受けたことを明らかにした上で、
「招致計画づくり、プレゼンの指導、国際渉外の実際のアドバイスやロビー活動など多岐にわたる招致活動について当時、複数の会社と業務委託、コンサルタント契約を行っていた。今回、報道されている招致委員会への支払いは、そのうちの一つであることが確認できた」と説明した。
電通って何様か。
パナマ文書にも名前があり、オリンピックの贈収賄疑獄にも関与している。
ブラック企業でもある。
日本最大の「広告代理店」という立場をいいことに、テレビ局に圧力をかけまくり、報道で「電通」の名前が出ない様に工作する。
クークラックスクラン・フリーメーソン・ロスチャイルドみたいな秘密結社の日本版か。
薄汚い企業である。
人間遣り口があまりにも阿漕過ぎれば元も子もなくなる。
電通、バチが当たるぞ。
後日、コネを持たない女子社員の過労死でブラック企業であることが日本中にばれた。
11月1日。
東京五輪のマラソン・競歩の会場が札幌となる。
IOCバッハ会長の鶴の一声は覆せない。
バッハ会長の鶴の一声は、五輪招致の贈収賄事件にも発動された。
今年3月、JOC竹田会長が辞任する運びになった。
「フランスの捜査が竹田に迫り、竹田会長のままでは来年のオリンピック開催にケチがつく。」というバッハ会長の判断である。
オリンピックは「スポーツの祭典」ではなく「政治」である。
竹田が自ら潔く辞任しなかったのは不甲斐ない。
日本の五輪組織委員会が竹田を辞任させなかったのも不甲斐ない。
竹田の辞任記者会見は7分で打ち切られ、贈収賄事件の説明は無しである。
オリンピックの経済効果。
既得権益だけが儲かる経済効果であるに過ぎない。
「贈収賄」を「正当な報酬」と言い逃れた萩生田光一も今「身の丈発言」「英語民間試験の6年延期」で苦境に立たされる。
古代オリンピアンの神々がバチを当てているのだろう。

“2億2200万円・オリンピック経済効果のシンボル” への34件の返信

  1. ピンバック: keto pumpkin pie
  2. Hi! I know this is kind of off-topic but I needed to ask.
    Does running a well-established website like yours take a massive amount work?
    I’m completely new to writing a blog however I do write in my journal
    on a daily basis. I’d like to start a blog so I can share my own experience and thoughts online.

    Please let me know if you have any kind of suggestions or tips for brand new aspiring bloggers.
    Thankyou!

  3. ピンバック: kpop gay dating rumors

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です