次のバブル崩壊はリーマンショック時の数十倍の損害規模となる

昨年、世界の借金総額、国家・地方・大企業・大手投資家の借金総額が、3京円を超える。2年前の2京6000兆円だった当時、借金総額の借り手の6割が、アメリカと中国であった。

誰が、誰から、借金すれば、3京円という天文学的金額と成るのか。返す心算はあるのか。返す為の努力は、どのように行っているのか。

昨年、中国の地方政府だけの債務総額は、923兆円に達する。中国のGDPの52%に当たる。言い換えれば、中国のGDPの半額は、地方政府の借金である。中国共産党中央政府は更に高額の借金を負っているだろう。

それでも、習近平は「VS江沢民」の権力闘争しか、念頭にない。敵派閥の財力源である、IT産業・不動産事業・学習塾予備校産業を、狙い撃ちしている。アリババ・テンセント・恒大集団、習近平に潰された企業群である。今年に入り、学習塾の好未来で9万人・新東方で4万人のリストラが断行される。

借金抱えて、自国の基幹産業を潰すあたり、習近平もトランプ並みの阿保なのだろう。

馬鹿の一つ覚えみたいに「中国脅威論」を唱えるエセ保守のビジネス右翼どもは、江沢民を闇からバックアップして、習近平の「終身皇帝」の野望を打ち壊す、中国国内の権力闘争を激化させればよい。

「トランプ万歳」「中国脅威論」「原発推進」「沖縄辺野古基地移転」「コロナ楽観論」「2類から5類へ」。エセ保守のビジネス右翼陣営は、社会事象をスローガン闘争に織り込んで、仲間内でウケる主張を共有したがる。

その結果、日本の将来が、見通しが立たず、暗い展望と成る。

偽物が「愛国者」を名乗るなよ。

アメリカ大統領の任期は長くとも、2期8年である。大統領サイクルアノマリーとは、政権与党が、将来の大統領選挙を見据えた、あからさまな景気操作をする傾向のこと。

大統領は、任期前半は紛争・不況・弱気相場を容認する。任期後半、特に4年目の選挙前は、人気獲得の為に、景気拡大政策を実施する。

過去、50年。ダウ平均と大統領サイクルとは、選挙翌年+9・2%・中間選挙の年+3・3%・選挙前年+16%・選挙の年+5・9%という相関関係が見られる。

アメリカ大統領も「大統領の椅子」をカネで買う。任期前半は「国民の痛みを伴う政策」を断行する。任期後半になれば、選挙の年を好景気にする為、景気刺激策を打つ。

過去、大統領の中間選挙の年に、S&Pは、その都度、下落・暴落している。

42年ルーズベルト政権・第二次世界大戦でマイナス17・8%下落。トルーマン政権・第二次大戦後でマイナス26・6%暴落。50年第二次トルーマン政権・朝鮮戦争でマイナス14%下落。62年ケネディ政権・キューバ危機でマイナス28・1%暴落。66年リンドンジョンソン政権・ベトナム戦争でマイナス23・7%暴落。78年カーター政権・マイナス15・2%下落。

94年クリントン政権・FRBの利上げによりメキシコ通貨危機でマイナス9・7%下落。98年第二次クリントン政権・ヘッジファンドLTCMロングタームキャピタルマネジメントの破綻でマイナス22・4%暴落。10年オバマ政権・イギリス石油会社BPがメキシコ湾で原油流出事故をきっかけにエネルギー株が大暴落でマイナス17・1%下落。14年第二次オバマ政権・FRBの量的緩和終了でマイナス9・8%下落。

景気拡大政策を採れない中間選挙の年は、地政学リスクに弱過ぎるのである。

ちなみに、全員、民主党政権の大統領である。

今年は、民主党大統領ジョーバイデンの中間選挙の年である。

FRBは、7%を突破したインフレ率を引き下げる為に。3月までに、量的金融緩和政策QEを終了し。今年、年度内4回の利上げを予定しており。財政引き締めのQT政策も控えている。

今まで、地政学リスクを無視して、右肩上がりだったアメリカ株価。阿保のトランプは「アメリカ株は絶好調だ」と手柄顔だった。全て、FRBの量的金融緩和政策QE・大企業社長の自社株買い・ロビンフッダーの金融市場参加という、金融市場にカネが溢れる状態からの株価上昇という、只の必然であった。

カネ余りのアメリカ金融市場に、流れ込む量的金融緩和マネーが止まる。何が起こるのか。世界中に出回っている、アメリカの投機マネーがアメリカに還る。中国・トルコ・韓国・日本、アメリカの投機マネーで、博打を打たれていた国の金融市場が崩れていく。

次回のバブル崩壊は、何故、リーマンショックの数十倍の被害が生じるのか。

リーマンショックは、サブプライムローン担保証券サブプライムモーゲージ債権CDOが人気過熱商品となり、CDOの破綻に賭ける保険商品クレジットデフォルトスワップCDSが、発明され。CDOとCDSとが、同時に売れて、バブル崩壊を起こした。

ウォール街の投資銀行・ヘッジファンド。ハゲタカどもは、リーマンショックの大失敗に学んでいない。反省せずに、その後、10年で、不動産ローン担保証券MBS・自動車版サブプライムローン担保証券ABS・レバレッジドローン担保証券CLO・ハイイールド債・ジャンク債。ローンを組ませた権利を商品化する得体の知れないペテン・詐欺商品デリバティブを、リーマンショック時の数十倍に増やしている。

債券市場は株式市場よりも遥かに市場規模が大きい。その債券市場から崩壊が発生するので、株式市場は共倒れに崩れ落ちる。市場規模の小さいコモディティ市場など、粉微塵に大崩壊する。

バブルが、何時弾けるかは、誰にも予測出来ない。敢えて、予測すれば、大統領サイクルアノマリーにより、今年、弾ける。一発勝負で弾けて終わらず、緩慢に二番底・三番底と底が抜け続ける。後、2~3年で、基軸通貨ドルの世界が大混乱に陥る。

「オミクロン株は重症化しないから、経済を回そう。」日本独自の悪あがきの特攻である。高齢者・既往症患者が、重症化・死亡しないような手だてが、先ず、必要である。

メルク社のモルヌピラビルよりも。ファイザー社のパクスロビドの方が、重症化・死亡リスクを回避する効果が89%と高い。塩野義製薬の「ペプチドタンパク」を利用した経口薬も治療効果が期待出来る。

boosterショットの実施・経口薬の確保・コロナ専門病棟の再編。何もしてこなかった厚労省には、「即座に、パクスロビド・塩野義経口薬の承認を下す判断」が義務である。

霞が関の利権確保の為に、高齢者を殺すことは許されない。

“次のバブル崩壊はリーマンショック時の数十倍の損害規模となる” への17件の返信

  1. Hi, this weekend is fastidious designed for me, for the reason that this time i am reading
    this great educational piece of writing here at my
    home.

  2. Hi there are using WordPress for your site platform?
    I’m new to the blog world but I’m trying to get started and set up my own. Do you require any
    coding knowledge to make your own blog? Any help would be really appreciated!

  3. I truly love your blog.. Excellent colors & theme. Did you build this
    site yourself? Please reply back as I’m trying to create my own personal blog and want to know
    where you got this from or just what the theme is called.
    Cheers!

  4. We’re a group of volunteers and starting a new scheme
    in our community. Your site offered us with helpful information to work on. You have
    performed an impressive process and our whole community shall be grateful to you.

  5. You actually make it seem so easy with your presentation but I find this matter to
    be really something which I think I would never understand.
    It seems too complex and extremely broad for me. I’m looking forward for your next post, I’ll try to get the
    hang of it!

  6. Write more, thats all I have to say. Literally, it seems as though you relied on the video to make your point.
    You definitely know what youre talking about, why waste your intelligence
    on just posting videos to your blog when you could be giving us
    something enlightening to read?

  7. Hello there, I discovered your website by means of Google whilst
    searching for a comparable subject, your website got here up,
    it appears to be like great. I have bookmarked it
    in my google bookmarks.
    Hi there, simply changed into alert to your weblog via Google,
    and located that it is really informative. I’m gonna watch out
    for brussels. I’ll appreciate for those who continue this in future.
    Lots of folks will be benefited out of your writing.
    Cheers!

  8. Do you mind if I quote a few of your posts as long as I provide credit and sources
    back to your site? My blog site is in the very same area of interest as yours
    and my users would definitely benefit from some of the information you present here.
    Please let me know if this okay with you. Thanks a lot!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。