新天地イエス教会・カルト集団は何故パンデミックを起こすのか

ハンギョレ新聞。
清道デナム病院で患者2人目が死亡 大邱・慶尚北道など11の市・道で発病 釜山・慶尚南道・忠清北道・忠清南道・済州で初めて感染確認 新天地教会関連の患者だけで131人 中央防疫対策本部「約3千名が診断検査中」。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者が21日の一日だけで102人が追加で増えた。大部分が新天地大邱教会に関連した人たちであり、大邱(テグ)・慶尚北道地域だけでなく釜山(プサン)と慶尚南道、忠清北道などからも続々と患者が出ている。国内感染者が発生した地域が11カ所(市・道基準)に増え、COVID-19が全国的な拡散に向かう模様だ。この日、清道デナム病院でCOVID-19感染者で2人目の死亡者が出て、保健当局がこの病院の患者の状態に神経を尖らしている。
中央防疫対策本部(中対本)と釜山市の集計を総合すれば、この日の夕方7時基準で国内感染者は計206人に至る。このうち17人は退院して残りの患者は隔離されたまま治療を受けている。また、感染の疑いのある患者で診断検査を受けている人は3180人だ。
新たに確認されたCOVID-19感染者は、大部分が新天地大邱教会に関連する人々だ。中対本は感染者の中で新天地大邱教会と関連がある患者は131人に至ると明らかにした。新天地大邱教会に通った人と、直接は教会に行かなかったが信徒に接触した人などが含まれた人数だ。中対本は、今月中に新天地大邱教会を訪問したり訪問者に接触した場合には、外部活動を慎んで自宅にとどまることを要請した。
これに先立ち19日に続いて、清道デナム病院の精神病棟に入院していてCOVID-19陽性判定を受けた患者1人が、この日追加で死亡したと中対本が明らかにした。この患者(55・女)は大邱・慶尚北道地域の陰圧室不足によりこの日の午後4時に釜山大学病院へ移送されたが、午後6時に死亡した。釜山市側は「患者が釜山大学病院に到着した直後に亡くなったと認識している」と話した。
COVID-19の患者の中から出た最初の死亡者は、結局、COVID-19感染が死亡に直接的な影響を及ぼしたものと見られる。中対本は調査した結果、COVID-19感染による肺炎が死亡に関連したものと推定されるとこの日に明らかにした。 ただし、「患者の別の状態も共に考慮する必要がある」と付け加えた。
一日で患者が100人も増え、感染者が発生する地域も以前よりはるかに広範囲になっている。大邱・慶尚北道地域の患者が追加の感染者として高い割合を占めているが、慶尚南道と忠清北道、忠清南道、済州道、釜山市などの地でも、この日初めてCOVID-19感染が確認された。まだ感染者が出ていない江原、蔚山(ウルサン)など残りの地域でも感染者発生が切迫した可能性が高いと思われる。
国内のCOVID-19感染者の急激な増加の推移を見ると、地域社会の感染が本格化しているのではないかとの憂慮が出てくるが、政府は新種感染病危機警報を「深刻」段階に引き上げなかった。パク・ヌンフ保険福祉部長官はこの日、「大邱と慶尚北道の清道で短い期間に多数の感染患者が発生し、ソウルなど他のいくつか地域でも少数の患者が新たに現れているが、一つのクラスター(集団)で括ることができるうえ伝播経路が把握されるので、まだ全国的拡散の段階ではないと見ている」と明らかにした。
統一教会の文鮮明は「韓国のサタン」と称される。
霊感商法で印鑑・壺・多宝塔などタダ同然の品物を高額で売りつけるデモーニッシュな遣り口を含めて、「悪魔崇拝主義者」だからサタン呼ばわりされる。
サタン・デーモン・プルートウ・ルシファー・デビルは世界中で自己主張を始めている。
日本にもミロク救世主教会というカルトが存在する。
2世信者たちが集会で麻疹に集団感染し、医者にかからず、手かざし浄霊で治療しようとした。
カルトの世襲制は深刻な社会問題である。
親がカルトなら子供もカルトに入会する。
児童虐待なのである。
韓国のカルトリーダーには他にも悪魔崇拝主義者が居る。
悪魔崇拝のサタニストは、病気を病気と認めない。
「悪魔の仕業」「先祖の因縁の報い」「前世の悪いカルマの霊障」などと迷信をカルト会員に押し付ける。
会員はカルトリーダーの迷信を受け入れて医者の治療・検査・診断を拒む。
カルト集団の秘密主義は中国共産党政府の隠蔽と同質である。
隠蔽がパンデミックを招く。
今、武漢市では医師が続々と死亡している。
武漢市・湖北省・浙江省・深センと軍事封鎖していく習近平。
何時になったら軍事封鎖を解除するかに触れようとしない。
チベット民族・ウィグル人に行った人権蹂躙・人権侵害・ジェノサイド・ホロコーストを中国人民に行っている。
軍事封鎖であり、封鎖地域から人が逃げ出さないように道路封鎖する。
外部から飲食料・医薬防護用品・医療品・生活必需品を運び込むことも不可能である。
習近平は医者も患者も皆殺しにする気だろう。
軍事封鎖の封印を解くのは封鎖地域の人民が死に絶えた後である。
習近平も又、サタンである。
何が「宗教はアヘン」なのか。
手前の頭がアヘンに侵され、ぶっ壊れている。
中国の「人道上の罪・人道上の危機」に世界が沈黙しているのが気に喰わない。
COVID19への陰謀論「武漢の生物兵器工場から漏れ出したウィルスが犯人」に対して、医学者・科学者は「真面目に治療に取り組む医者・研究者に対する冒とく・侮蔑である」と共同声明を発表する。
カルトリーダーの病気に対する迷信・偏見・差別には共同声明しなくて良いのだろうか。
江原啓之・下ヨシ子・池田武央ら霊能者を野放しにし続ける日本社会。
新天地イエス教会を宗教教会と認める韓国社会。
中国に次ぐ感染国2位を争っている。
神が「未知のウィルス」という啓示を下して「何時まで迷信に浸っているのか」と覚醒を促してくれている。
さて、タイム・ABCニュース・ニューヨークタイムズ・ワシントンポスト、ダイヤモンドプリンセスに群がり、日本批判したヤンキーメディアが新天地イエス教会には沈黙を保つのは不自然・不公正である。
イギリス船籍・アメリカ運用のダイヤモンドプリンセスの船内パンデミックに対しては日本の対応を糾弾する、韓国カルト教団の教会内パンデミックには沈黙する。
日本への不当な差別攻撃である。
アメリカを代表するかに見えるメディアも大したことはないようだ。
トランプみたいなアホを大統領に据え続けるから「自由・民主主義・正義」というアメリカの美徳を全て捨て去っていくようだ。
JBプレス。
韓国内で新型コロナウイルスの感染が急拡大している。ソウルをはじめ全国にわたって新型コロナの感染者が続出し、21日20時現在、感染者数は204人に上り、死者も1名出ている。多くの専門家が「パンデミック(大流行)の兆しを見せている」と指摘する事態になっている。
1月20日に初の感染者が確認されて以降、しばらく小康状態を保っていた韓国内の新型コロナ・感染者数だが、ちょうど1カ月目に入った2月19日から突然急増し始めた。19日は1日で22人の感染者が確認され、20日に53人、21日は100人の感染者が発生するなど、拡散スピードはどんどん増している。
■ 感染を疑われた入院患者が病院を抜け出し感染拡大。
韓国内の感染が急速に拡大し始めたのは19日、韓国の南東部にある大邱(テグ)地域で国内31番目の感染者Aさんが確認されて以降だ。
Aさんは交通事故で大邱市内のある病院に入院した後、新型コロナウイルスによる肺炎を疑われる症状があったにもかかわらず、医師が勧める検査を拒否していた。
そればかりかAさんは、入院中の病院をこっそり抜け出し、大邱市内で食事会や宗教団体の集会に出席するなど、数カ所を歩き回っていたのだ。
Aさんの動線を把握した大邱市がAさんが出席した宗教団体の集会の参加者たちを対象に検査を実施したところ、19日当日だけでおよそ14人の感染者が確認されるなど、Aさんが訪れた場所を中心に大邱市内のいたるところで新型コロナの感染者が続出する事態となった。結局、現在、計204人の感染者のうち153人が大邱とその隣接地域の慶尚北道で確認されるなど、大邱は韓国内で最も危険な地域になってしまった。
■ 新興宗教団体に批判殺到。
大邱地域で新型コロナ感染が多発する原因となった宗教の集会とは、「新天地イエス教会」の大邱教会で行われた礼拝だった。新天地イエス教会(新天地イエス教証しの幕屋聖殿)とは、韓国のキリスト教団体から「異端」の判定を受けた新興宗教団体で、信徒たちは通常、自分が新天地教会の信徒であることを隠している。このため、防疫当局は新天地イエス教会の礼拝に参加した信徒を把握するのに大変な困難を強いられている。
さらに恐ろしいのは、新天地の信徒らは全国の教会を巡りながら礼拝を行っているため、大邱教会を訪れた全国の信徒の間で感染者が続出していることだ。最初の死亡者が発生した慶尚北道・清道(キョンプッド・チョンド)地域の某病院では、新天地幹部の葬式が行われたことが確認されたため、現在、韓国社会では新天地教会に対する敵愾心と猛烈な非難が巻き起こっている。
21日、ソウル市と京畿道はソウルと京畿道内のすべての新天地教会を閉鎖すると公表しており、文在寅(ムン・ジェイン)大統領も、新天地大邱教会や信徒について徹底的な調査を行うことを特別指示した。
遅ればせながら韓国政府は新天地教会と信徒たちに対する疫学調査と防疫活動を強化し始めたが、韓国世論は文在寅政権の対応についても激しい非難を投げつけ始めている。特にインターネットで批判されているのが、死亡者が発生し、感染者が急増していた20日の、文大統領の「ある日程」についてだ。
■ 感染拡大のさなかに文大統領は『パラサイト』の監督らとチャパグリ・パーティー。
20日の午前、文大統領夫妻は、アカデミーで4冠王を獲得した話題の映画『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ監督と映画関係者らを大統領府に招待し、映画に登場したチャパグリをメニューに、午餐を開いた。
この事実を伝えた連合ニュースの記事に対して、ネイバーサイトでは、「腹が立つ」との評価が2万件以上ついた。共感順で並んだコメントには、文大統領を非難する書き込みばかりだった。
「全国が新型コロナウイルスで大騒ぎになっている時、大統領はきれいに防疫された大統領府でチャパグリパーティーを楽しんでいるのか」。
「初の死亡者が発生し、感染者が100人を突破し、ドル為替が1200ウォンを突破した。韓国はいつの間にか新型コロナの中心地になりつつあるのに、(大統領は)チャパグリが喉を通るのか」。
「マスクの値段が高すぎて着用できない人も多いのに、国民を考えなければならない人が嬉しそうにチャパグリを食べている写真を見ると、腹が立つ」。
■ 4月の総選挙で下る文大統領への評価。
2月13日には、文大統領は「新型コロナは遠からず終息する」と断言し、韓国国民に向かって正常な日常に戻らなければならないと呼びかけていた。文政権の経済副総理である洪楠基(ホン・ナムキ)企画財政部長官も、過度な恐怖心と不安が消費者心理を萎縮させているとし、「(自営業者を助ける気持ちで)行事や集まり、昼休みには最大限外部の食堂を利用してほしい」と促した。
さらに19日には、出入国管理の主務部処長官の秋美愛(チュ・ミエ)法務長官が、米国が政治的な理由で中国人たちの入国を遮断したとし、「我が国(韓国)は静かながらもとても合理的かつ客観的な方法で実効的な遮断をした。科学的に対処している」と自画自賛した。与党の共に民主党は、中国人入国を制限すべきだという医師協会の主張に対し、「政治的な判断」と非難していた。共に民主党からは「わが政府の対応が世界的な模範ケースとして認められている」という出張も出た。
韓国メディアも、日本や米国などの海外マスコミが韓国の新型コロナ対応態勢を絶賛しているとし、文在寅政権を大いに称えていた。しかし、この文在寅政権と韓国メディアの楽観論がむしろ仇となって表れた。19日から、韓国では新型コロナが取り返しのつかない拡大局面に転じ、今や国別の感染者数は日本を追い抜き、中国の次に多い国家になってしまった。
それでも、21日に発表された韓国ギャラップの世論調査で、文在寅大統領の支持率は45%まで上がっていた。これについて韓国ギャラップは、新型コロナによく対処しているという国民の評価が支持率上昇の最大の理由だったと説明している。世論調査とは果たしてどれほど信頼できるものだろうか。その答えは、4月に控えている総選挙で明らかになる。
ハンギョレ新聞。
1984年にイ・マンヒ総会長が設立…「信徒30万」主張 入信には6カ月の聖書教育と試験 プロテスタント「既存の教会から信者引き抜き」。
大邱(テグ)のCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡散の震源地とされる大邱タダイ支派教会は、いわゆる「新天地」の全国12の支派のうち、大邱・慶尚北道地域を管轄する教会だ。「新天地」は宗教界では既に知らない人がほとんどいないほど広く知られている。特にプロテスタント系が最も警戒する教団だ。プロテスタントは、2000年代以前は主に文鮮明(ムン・ソンミョン)教祖の統一教会を最も警戒していたが、その後は最も警戒する対象が「新天地」へと移った。それほど新天地の宣教に脅威を感じているということだ。したがって正統教会は「新天地」を異端と規定している。数年前からはカトリックも新天地警戒令を発令している。
「新天地」の正式名称は「新天地イエス教証しの幕屋聖殿」。自ら「新天地イエス教会」と略して呼ぶ。「新天地」とは「新しい空、新しい地」すなわち新天新地の略語であり、「証しの幕屋」とは、黙示録の実相を見聞きし証明する幕屋という意味だという。「新天地」はイ・マンヒ総会長(89)によって1984年に設立された。「新天地」は「聖書通りに創造され現れた約束の聖殿」とし、イ・マンヒ総会長のことを黙示録を証明する「約束の牧者」と紹介する。また、「世界で唯一、聖書に隠されている神とキリストの予言とその予言どおりとなった実相を伝える」と主張する。
「新天地」は、独自の聖書教育機関であるシオン・キリスト教宣教センターで聖書教育を受け、修了試験に合格しなければ入信できず、6カ月の教育期間中は、創世記からヨハネの黙示録までを小・中・高等課程に分けて教育が行われる。「新天地」は「昨年の10カ月間だけで10万3764人がこの教育課程を修了した」とし、「信者が30万人を超えた」と主張している。
「新天地」は公式ホームページで海外宣教の内容を紹介する中で、中国の武漢にも昨年教会を設立したとしている。一部からは、武漢教会に行き来した信者が感染し、拡散させたのではないかという疑惑が提起されている。これに対し新天地側は「新天地武漢教会は中国当局によって閉鎖されたため活動できず、したがって信者は行き来していない」と釈明した。
プロテスタント関係者は「新天地」について「イ・マンヒ教主を救世主とする似非宗教」と指摘する。「新天地」のかつてのナンバー2で、イ・マンヒ総会長と事実婚関係だったと主張する世界女性平和グループのキム・ナムヒ前代表は16日にユーチューブに出演し「イ・マンヒは救世主ではなく、私と同じ罪人」と述べ、イ・マンヒ総会長が病院に入院して手術を受けた事実を写真と共に公開し、「病気になったことが明るみに出ないように私が直接看護し、治療費も負担した」と主張した。これに対し「新天地」は「厳然として教団名にイエス教という言葉を入れ、聖殿の教主がイエスであることを明確にしている」とし「私たちの信者は誰もイ・マンヒ総会長を救世主とは言っておらず、個人の主張に過ぎない」と述べている。
プロテスタントが最も警戒するのは「新天地」の布教のやり方だ。新天地は正統教会やカトリック教会を草刈り場と認識し、いわゆる「刈り入れ屋」という秘密要員を既存教会に浸透させ、信者を惑わせて引き抜くというのだ。特に、牧師の不正などをでっち上げて仲間割れを引き起こし、牧師を追放した後に教会を丸ごと乗っ取る手法を使っているとプロテスタント関係者は主張する。したがって、プロテスタント界は新天地異端対策委員会を設置し、かなりの数の教会が「新天地アウト」、「新天地立ち入り禁止」などの標識を教会の入口に掲げて、信者に警戒を促している。
韓国教会言論会は21日に発表した声明の中で「現在、新天地勢力には全国に125の偽装した宗教活動の場があり、彼らが小さな会合を開く場も含めれば740カ所になる」とし、「彼ら全体に対する徹底した調査とともに、疾病が拡散しないようにする全方位的な防疫が必要だ」と主張した。
「新天地」は、ひとまず「18日から新天地傘下の全国の教会および付属機関を全面閉鎖した」とし、「迅速かつ誠実に、防疫当局と自治体の指示および保健当局の要求するすべての事項に従うとともに、諸々の資料を提供しており、今後も積極的に協力する」と述べた。
しかし「新天地」の特性に合わせた対処をしなければ影響がさらに拡大しかねないという懸念もある。キリスト教倫理実践運動・牧師リーダーシップフォーラム前本部長のファン・ヨンイク牧師は「宗教集団は、内部が動揺したり宗教弾圧と考えたりした場合、熱狂的になって極端な選択をする可能性もあるので、緻密な対策が必要だ」とし、「『新天地』には特殊布教の訓練を受けた人だけでも5万~10万人おり、彼らが教会だけでなく、無料英語教習所や予備校を根拠地とするとともに、職業軍人たちを布教対象としているため、教会閉鎖だけで拡散を防げる保障はないという難点がある」と語った。彼は特に「『新天地』の刈り入れ屋が既存教会に侵入して二重教籍となっている場合もある。既存教会の日曜礼拝に参加しないと新天地教徒と疑われるため、感染した状態で既存教会に来る可能性があり、そうなれば感染が大きく拡散する恐れがある」と主張した。しかし、「新天地」の本部がある果川(クァチョン)の新天地対策市民連帯の共同代表を務める果川聖潔教会のキム・チョルォン牧師は「新天地の信者が既存教会との二重教籍を持つ可能性は多くはないと思う」と述べた。
これに関し、新天地ソウル教会のチャン・ソンヒ広報部長は「既存教会から新天地教会に籍を移す過程でしばらく二重教的になることはあるかもしれないが、両方の教会に通うということはありえないと思う」とし「新天地教会だけでなく、神学院や宣教センターなどすべての機関を閉鎖するとともに、伝道活動をはじめとした外部活動を全面禁止した」と釈明した。
イ・マンヒ総会長は、21日に携帯電話を通じて信者に送った特別メッセージで「今回の病魔事件は新天地が急成長したことを悪魔が見て、これを阻止しようと起こした悪魔の仕業」とし、「私たちは神の種から生まれた神の息子であり神の家族であるので、この全ての試練で迷いに打ち勝とう」と訴えた。
朝鮮日報。
李萬煕総会長、信者らに「特別な手紙」。
韓国の新興宗教団体「新天地イエス教証しの幕屋聖殿」(以下、新天地イエス教)の李萬煕(イ・マンヒ)総会長(教祖)=写真=が21日、信者の間で新型コロナウイルス感染者が続出しているのを受けて、信者たちにソーシャル・メディアを通じて「特別な手紙」を送っていたことが分かった。基督教放送(CBS)などによると、同総会長はこの手紙に「今回の病魔事件は、新天地イエス教が急成長しているのを悪魔が見て、これを阻止しようとして起こした仕業だ」「こうしたすべての試みで迷いに勝ちましょう」「我々の本来の故郷は天国」「伝道と教育は通信でしましょう」と書いているという。プロテスタント教会関係者は、信者たちの動揺を防ぐために書いた内部引き締め用の手紙が流出したものと見ているようだ。
カルト宗教研究者らは、新天地イエス教特有の「秘密主義」が事態悪化の原因となる可能性があると見ている。ある専門家は「新天地イエス教の信者たちはカルトかどうかという問題のため、家族にも自身が信者であるという事実を隠すことがある。新天地イエス教の集会に行ってきた後でも、周囲にはこれ隠すケースが多いため、新型コロナウイルスがどのように感染拡大しているか見極めるのは容易でないのが問題だ」と語った。
この日、インターネットやソーシャル・メディア上にはさまざまなうわさが飛び交った。「新天地イエス教の信者たちが一般の教会の礼拝に出席することにしたそうだ」「初めて見る人が礼拝にいたら、『2週間後に来て』と言って家に帰すことにした」などの内容だった。一般の教会では、新天地イエス教の信者たちが潜入するのではと、警戒している。汝矣島純福音教会は23日の礼拝からすべての礼拝出席者に対して聖徒登録証(信者証)を確認することにした。また、自分の近くに新天地イエス教の教会がどこにあるかを示す「新天地位置通知アプリ」が注目を集め、1万回以上ダウンロードされていることが分かった。
新天地イエス教の関係者は「信者たちが礼拝に出席する時、QRコードで出席チェックをする。大邱地域の信者リストをすべて疾病管理本部に提出するなど、調査に最大限協力している」と語った。

“新天地イエス教会・カルト集団は何故パンデミックを起こすのか” への54件の返信

  1. Hi there! This blog post could not be written any better!
    Going through this article reminds me of my previous roommate!

    He always kept preaching about this. I will send this information to him.
    Pretty sure he’s going to have a very good read.

    Many thanks for sharing!

  2. Heya i am for the first time here. I came across this
    board and I find It truly helpful & it helped me out a lot.
    I hope to provide one thing back and help others like you aided me.

  3. ピンバック: gay dating snapchat
  4. Oh my goodness! Awesome article dude! Thank you so much, However I am encountering troubles with your RSS. I don’t understand the reason why I can’t subscribe to it. Is there anyone else getting the same RSS problems? Anybody who knows the answer will you kindly respond? Thanx!!|

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です