指導死・教師の生徒いじめのメカニズム

福井県池田町の町立池田中学校で今年3月、2年の男子生徒(当時14歳)が飛び降り自殺した問題で、
担任が男子生徒を叱責するのを目撃した生徒らが「聞いていて身震いするくらい怒鳴っていた」などと話していることが分かった。
有識者による調査委の松木健一・福井大大学院教授(教育心理学)は15日の記者会見で「他の子がいる中で大声で叱るのは指導の範囲を超えている」と批判した。
調査委の報告書によると、担任は30代男性で、副担任は30代女性。
男子生徒は2人からしばしば叱責されていた。
2年生後期から生徒会役員になったが、昨年10月、マラソン大会の準備が遅れたことを理由に校門前で担任に大声で叱責された。
目撃した生徒は調査委に「身震いするくらい、すごい怒鳴っていた。かわいそうに感じた」と証言した。
更に担任が今年1~2月ごろ、職員室前で叱責した際「お前、生徒会を辞めてもいいよ」と発言。
同2月上旬には生徒会主催の行事で忘れ物をしたことを大声で叱責した。目撃した複数の生徒は「言い方がひどかった」「男子生徒は下を向いて暗い感じだった」などと証言した。
ほかにも男子生徒が追い込まれる場面があった。
昨年11月、別室で副担任から宿題を出していない理由を問われ、生徒会や部活動のためだと話した。副担任が「できないならやらなくてよい」と言うと、「やらせてください」と土下座しようとした。その後、校内のトイレに一時閉じこもった。
自殺前日にも副担任から宿題のことを聞かれ、過呼吸を訴えた。
報告書は、こうした執拗な叱責による精神的ストレスや孤独感が自殺の原因と認定した。
他の生徒からのいじめを認定する具体的な事実はなく、家族との関係も良好だったという。
調査では担任らが生徒をめぐる出来事についてほとんど管理職に報告しなかったことも判明した。
担任が校長に副担任は男子生徒の気持ちを酌めていない面があると報告したこともあったが、特に指示は受けなかった。
町教委によると、担任が叱責する声は校舎の上階にまで聞こえたという。
こうしたことから報告書は、管理職や他の教員も問題を知っていたのに「適切に対応しなかった」と結論づけた。
大阪の桜宮高校のバスケットボール部の顧問教師の体罰によるキャプテンの自殺もあった。
生徒を自殺に追い込む指導死である。
アメリカ、イエール大学の心理学者スタンリーミルグラム。
アウシュビッツでのユダヤ人大量虐殺を主導したアドルフアイヒマンの正体を実験で暴いた。
裁判中のアイヒマンの態度・人柄は人格異常のサディストではなく、普通に職務に取り組む一介の平凡な公務員であったという。
普通の平凡な市民が閉鎖的で権威に従わねばならない条件下では、冷酷で非人道的な行為を働く。
証明したのがアイヒマン実験である。
記憶に関する実験と称し、参加者を「教師」「生徒」役に分け、別室に分かれさせる。
「教師」役が被験者であり、「生徒」は実験協力者のサクラである。
教師は生徒が記憶間違いをするごとに、より強力な電気ショックを与えていく。
電気ショックは15ボルトから450ボルトまで9段階ある。
実際に電気ショックは流れない。
サクラの生徒のリアクションは決められている。
100ボルトを超えると痛さに呻き、叫ぶ。
180ボルトで「痛くてたまらない」と絶叫する。
300ボルトで壁を叩いて実験の中止を求める。
330ボルトで無反応になる。
「教師」役の被験者には、白衣を着た権威のある博士が同席している。
苦しむ「生徒」のリアクションに、「教師」が実験を中止しようとすると、博士が「あなたに実験を続行していただくことが絶対に必要なのです」「迷わず続行すべきです」と通告する。
実験の結果、多くの「教師」が450ボルトのスイッチを押した。
学校の教師を指導死殺人者に至らしめる「白衣を着た博士」とは何なのか。
教育ヒョウロンに洗脳された「世論」である。
「教師の資質向上」「教師の力量」「教師の指導力」を要求され続ける神経衰弱・脅迫観念・不安神経症は「世論」からの恫喝の挙句の果てである。
また。
教師が特定の生徒を厳しく指導するのはマインドコントロールの行動コントロールである。
心理学者リアンフェスティンガーの認知的不協和理論。
人格は「思考」「感情」「行動」の三要素で構成される。
三つの内、一つをコントロールすれば、後の二つは本人が調和を取ろうとして勝手に自身で変える。
厳しく怒る教師、厳しく怒られる生徒。
ふとした瞬間に役割分担が成立すると役割は固定化される。
短期間で厳しさはエスカレートする。
教師は厳しく怒る自分の行動を、自分の感情・思考判断でコントロールすることは出来ない。
教師は「厳しく怒る」行動を自身の感情・思考面で納得させている。
さて。
学校の教師には「服務規程」がある。
教師の信用失墜行為は厳禁である。
暴力指導で生徒を自殺に追い込むなど信用失墜行為の極みである。
担任は年度途中なのに、町外の別の学校で勤務している。
副担任は別のクラスの副担任を勤めている。
生徒を自殺に追い込んで、何故、教壇に立ち続けることが出来るのか。
テレビ報道では、尾木ママや夜回り先生水谷修が「何という教師・学校なのか」とバッシングを開始している。
百害あって一利なしのヒョウロン家の学校バッシングは、もう止めさせよう。
のうのうと教師を続けている本人を突撃インタビューでメディアに晒せばよい。
今回の担任・副担任、バッシングされても反省せず、また同じことをしでかす。
第四権力の腐敗はテレビ局において極まっている。
暴力マスメディアが、暴力ダメ教師本人をつるし上げればよい。
いじめ自殺の被害者は死んでいった子どもだけだ。
学校・教師バッシングを繰り返してきたメディアも加害者なのである。
加害者同士が噛み合って醜い争いを繰り広げてくれればよい。

“指導死・教師の生徒いじめのメカニズム” への19件の返信

  1. ピンバック: wetfire tinder cubes
  2. ピンバック: keto smoothie
  3. ピンバック: most popular gay dating

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です