憑き物落とし・宝くじと湘南クリニック

デイリー新潮。
月曜日のゴールデン帯に概ね隔週で放送される「10万円でできるかな」(テレビ朝日系)は、Kis-My-Ft2(キスマイ)とサンドウィッチマンをレギュラーに起用した人気バラエティである。キスマイとゲストらは、資金10万円を元手に試行錯誤し、その様子をスタジオのサンドウィッチマンが盛り上げる……という趣向だが、そんな番組の根幹を揺るがすヤラセが発覚した。
ヤラセが明るみに出たのは、番組の人気企画のひとつである「宝くじ」を買うチャレンジ。ナンバーズ、スクラッチなどを購入し、どれだけ当たるかを検証するというものだが、実際は10万円の数倍の資金が費やされていたという。
「私達スタッフはチーフディレクターの指示で、当たりくじを仕込むため事前にスクラッチを買い込み、削る作業に当たっていました」。
と証言するのは、昨年7月15日に放映された「スクラッチ宝くじ削り旅」回でやらせに加担した番組関係者である。この時は東山紀之らのゲストチームとレギュラーのキスマイチームがそれぞれ5万円のくじを買い、当選額を比べるという企画だった。
この関係者がスクラッチ削りを指示された理由はというと、
「削り続けるうち当たりがおのずと見えてくる。つまり、全部を削る前にどこにどの柄が出たら当たりになるかという“法則”が見つかるのです」。
あとは法則に関わる箇所だけ処理して、当たりと分かるくじは削る余地を残したうえで、撮影用に“ストック”していたという。こうした仕込み作業には、本来の資金10万円の数倍の額が注ぎ込まれたという。
もっとも出演陣に対しては、
「『手間を省くため途中まで削っておきました』と、当たりが確実な“ストック”と、買ったばかりのくじとを差し替えていたのです」。
というから、キスマイやサンドの2人には、こうしたからくりは知らされていなかったようだ。
テレビ朝日広報部は週刊新潮の取材に対し、
「『スクラッチくじ』企画については、削るマークが9つ前後なので当たりに一定の法則があるのではと推論し、そのシミュレーションとして10万円以上のくじを購入したこともありましたが、既にスクラッチを削ったくじを番組収録に使用することはできません」。
とヤラセを否定。だが、本来の企画の趣旨に照らせば“法則を見つけるシミュレーション”などする必要はなく、苦しい言い分である……。
東洋経済オンライン。
日本の医療には、治外法権というべき闇がある。それは自由診療による「がん免疫療法」だ。EBM(根拠に基づく医療)が現代の常識だが、全国300以上の民間クリニックなどで実施されている「免疫療法」に、臨床試験で有効性が証明されたものはない。それなのに多額の費用を請求する。
自由診療の「免疫療法」にはさまざまな種類があるが、大半が患者の血液からリンパ球を分離、培養した免疫細胞を再び患者に戻して治療する。一方、ノーベル賞を受けた本庶佑氏(京大特別教授)による、免疫チェックポイント阻害剤・オプジーボは作用機序(メカニズム)がまったく異なる。がん細胞は免疫細胞の働きを制限する作用で自らを守っているが、オプジーボはその制限を解除して、がんを治療する。
■「エビデンスなし」。
都内のあるクリニックで行われている免疫療法は、1クール(治療期間の単位)の治療に約450万円。これに、がんのステージを掛けると医師は説明する。ステージ4の患者なら1800万円になる計算だ。ただし計算式に明確な根拠はないし、効く保証もない。
がん専門病院・米テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの上野直人教授は、こう指摘する。
「有効性が明確ではない治療は、臨床試験として、患者の費用負担なし(注:費用負担がないのは臨床試験で行う治療の範囲のみ)で行うのが世界の常識。米国でエビデンス(科学的根拠)のない自由診療の免疫療法と同じようなことをしたら、すぐに訴えられてしまうだろう」。
ではなぜ日本ではEBMに程遠い免疫療法が横行しているのか?
保険診療には厚生労働省などの厳しいチェックの目が入るが、自由診療は医師の裁量権が盾になり、ほとんど責任を問われないからだ。
■湘南メディカルでは治療の奏効率73%と喧伝。
「うちの治療を受けていただければ、8割の人に必ず何かいい効果があります。73%のがんを縮小させた。副作用も少ない。1クールやって、1カ月後にがんが消える人が多いですね」。
医師の言葉に耳を疑った。進行がんの患者を対象にした治療としては、驚異的な数字である。テレビCMなど積極的な広告戦略で、全国100を超えるクリニックを擁するまでに成長した、湘南美容外科グループ。5年前からは、がん治療の分野に進出しているが、「危うさ」が際立っている。
前述の発言は、グループの湘南メディカルクリニックの患者向け説明会でのものだ。
独自の治療法であるオプジーボとヤーボイという2つの免疫チェックポイント阻害剤と、免疫細胞療法の併用療法を、少なくとも1クール行った患者171人のデータだという。提供された資料にも、「73%の奏効率」とある。日本医大の勝俣範之教授(腫瘍内科)に見解を聞いた。
「オプジーボとヤーボイの併用療法として最も高い奏効率は、皮膚がんの一種・悪性黒色腫の57.6%だ(注:出典は『N Engl J Med. 2015 Jul 2;373(1):23-34. doi: 10.1056/NEJMoa1504030. Epub 2015 May 31.』)。奏効率73%はこれを大きく上回る数値だが、論文として公表されていない。つまり専門家の検証を受けていないので、医学的な信頼性はほとんどない。その数値を患者に向けて発信するのは誇大広告に等しいのでは」。
湘南メディカルは、独自の治療法が注目を集めて、累計1784人の患者を診てきたとしている。ただし、その治療内容に多くの専門家が危惧を抱いている。
薬事日報。18年10月5日。
スウェーデンのカロリンスカ研究所は1日、2018年のノーベル医学生理学賞を、本庶佑京都大学特別教授と、米テキサス大学のジェームズ・アリソン教授に授与すると発表した。受賞理由は、「免疫抑制の阻害による癌治療法の発見」。本庶氏は、T細胞のPD-1と結合して免疫の働きにブレーキをかけるタンパク質を突き止め、免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」開発の道を開いた。日本人のノーベル医学生理学賞受賞は、5人目。
本庶氏は、1942年京都市生まれ。76歳。66年に京大医学部卒業、75年医学博士取得。92年に異物を攻撃する免疫細胞の表面で働くタンパク質「PD-1」を発見。同タンパク質が免疫細胞の暴走を防ぐブレーキ役を果たしていることを解明した。2002年に癌治療効果を確認。その後、免疫チェックポイント阻害薬として実用化され、14年に小野薬品から「オプジーボ」が発売された。
新型コロナウィルスがCOVIDー19と名付けられる。
19年に発生したコロナウィルスという病の頭文字をとった名前らしい。
差別を助長しないように感染源・発生地・症状などを想起させない命名らしい。
病名を考えている暇があるなら中国の封鎖された都市住民の救済を考えろ。
今日1日で患者数は14000人を超える。
検査法を変えたから患者数が爆増する。
臨床検査で「新型コロナ肺炎」の症状が出ている病人を「新型肺炎」の患者と認定する検査法である。
ということは、今まで「新型肺炎」と診断されないまま死亡した患者も多数存在するのだ。
中国共産党の姿勢はヤラセか詐欺か。
テレビ朝日は色々不祥事が多い。
競馬・競輪・競艇・パチンコ・宝くじ、最も利益還元率の低い詐欺まがいの博打が宝くじである。
総務省所管の宝くじ「総務省の天下り先を確保する資金集め」のための詐欺である。
今回のテレビ朝日の「宝くじ」のヤラセは、視聴者の射幸心を煽る詐欺である。
総務省とテレビ朝日ぐるみの宝くじのCM・宣伝・ステルスマーケティングである。
麻原彰晃の弟子・江原啓之なる霊能者を起用し続けたテレビ朝日の詐欺・ペテン・いかさま体質が、ここにきてパンデミックしている。
東京MXテレビに次ぐ「放送免許はく奪・停波」措置案件で良くないか。
テレビでスピリチュアルブームを捏造するから、ヤラセと詐欺の境界線が消滅する。
江原啓之の前世占い・下ヨシ子の浄霊・木村藤子の霊視・池田武央の心霊写真鑑定。
全て詐欺・いかさま・八百長・ペテンである。
下ヨシ子の浄霊など、手かざし浄霊と同レベルで霊感商法であり、エセ宗教であり、エセ医学でもある。
湘南クリニックのテレビCMはエセ医学のステルスマーケティングである。
テレビはCMでネットはステルスマーケティングと言う差別は、新型肺炎への偏見・差別よりも、よほど悪質である。
テレビが公共の電波を使用して、放映してはならない案件を垂れ流すのは、マスの暴力である。
宝くじがヤラセで、湘南クリニックが詐欺という区別は意味がない。
既にヤラセと詐欺・いかさま・ペテンの境界線は消滅している。
テレビ局と吉本興業・ジャニーズ事務所・48グループを繋げてきた電通が赤字転落した。
これも当然の報いであり、遅すぎる。
日本のテレビ局はリオ五輪で莫大な放映権料を支払って、放映赤字を出している。
東京五輪でも儲からないで欲しい。
朝日新聞。
新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で、中国の生産や物流が滞って物価が急騰している。1月の消費者物価指数(CPI)上昇率は5・4%と8年3カ月ぶりの高水準。物流や市場が整っている北京市でさえ、市場によっては白菜は1月の春節前の3倍、大根とキュウリは2倍の値をつけている。
上昇の主因は二つの疫病だ。まずアフリカ豚熱(ASF)の流行で豚肉が品薄となり、1月の豚肉価格は前年比2倍以上の水準に。CPI上昇率でみても、昨年12月はASFを主因に4・5%まで上がった。追い打ちをかけたのが1月下旬以降に急拡大した新型肺炎。国家統計局の董莉娟・高級統計師は10日発表の1月のCPI上昇について「春節と新型肺炎が影響した」と解説した。
感染拡大で人々が外出を控えようと、物資の買い占めが各地で起きた。各地方政府は感染拡大を防ぐため人の移動を制限。外との人の往来を一切遮断する地区もあり、産地からの出荷を含め物流が滞った。春節明けの2月も働き手が郷里から元の職場に戻りきらず、物流網の回復は鈍い。多くの地方政府が10日には工場の操業を解禁したが、人手不足や感染拡大への恐怖から生産再開が遅れている。
マスクなど感染防止に必要な品だけでなく、白菜など生鮮食品も大幅高だ。国営新華社通信によると、河南省鄭州市のスーパーは白菜1個を63・9人民元(約1千円)で販売。上海市のスーパーはレタス価格が8倍。山東省政府は高騰を防ごうと、感染防止グッズや生活必需品を仕入れ値から35%超値上げして売れば処分するとの通知を出した。
新型肺炎の便乗値上げと言う生ぬるい事態ではないかもしれない。
元安誘導政策の挙句のスタグフレーション・ハイパーインフレの始まりかもしれない。
中国のシャドーバンキングが崩壊すれば、日本経済も粉みじんに吹き飛ぶと言われ続けてきた。
EUの大爆弾・ドイツ銀行も同時破綻する。
便乗値上げと言う楽観視が許されるのか。
時事通信。
ソフトバンクグループが12日発表した2019年4~12月期連結決算(国際会計基準)は、本業の実態を示す営業損益が129億円の赤字(前年同期1兆8590億円の黒字)だった。同期としての営業赤字は04年以来15年ぶり。傘下「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を通じた投資先の株式評価額が下がり、損失を出した結果、純利益も69%減の4765億円と不振だった。
共同通信。
電通グループは12日、2019年12月期の連結業績予想を下方修正し、純損益が従来の62億円の黒字から808億円の赤字に転落すると発表した。営業損益は33億円の赤字(従来予想は609億円の黒字)になる。通期の純損益赤字は09年3月期以来で、営業赤字は01年11月の上場以来初めて。競争激化などによる中国や豪州の事業不振が影響した。
電通グループが19年12月期の業績を下方修正するのは昨年の8月、12月に続いて3回目。海外の不振を踏まえて事業の将来性を見直した結果、ブランド価値に当たる「のれん代」を減損処理して約701億円の損失を計上することになった。
レオパレス赤字241億円。
メルカリ赤字141億円。
大塚家具赤字66億円。
大企業の企業業績は悪い。
日経株価は下落して当たり前である。
日経株式市場はFRBの「かくれQE4」マネーで株価上昇する。
悪いバブルである。
見え見えのバブルが罷り通るから、今年の大恐慌はリーマンショックの10倍から100倍の破壊力と見積もられる。
リーマンショックの反省をせず、ウォール街はサブプライムローンのCDOの企業版レバレッジドローンのCLOで儲ける。
反省無きウォール街が、無理に無理を重ねる。
バブルが膨張するから弾け、崩壊したときの爆発力が拡大する。
共同通信。
【イスタンブール共同】シリア内戦が最終的な攻防の局面に入った。反体制派最後の拠点である北西部イドリブ県で、アサド政権軍が、反体制派を支援するトルコと相次ぎ衝突。内戦突入以来、最大規模の交戦に発展している。政権軍がイドリブ県を奪還すれば事実上、内戦の勝利を意味する。シリアの後ろ盾のロシアが主導権を握っており、トルコと反体制派は窮地に陥った。
内戦は2011年の反政府デモを端緒に始まった。反体制派を支援する米国やトルコと、アサド政権を支えるロシア・イランとの代理戦争、過激派組織「イスラム国」(IS)の台頭など、構図が複雑に変化してきた。
産経新聞。
【カイロ=佐藤貴生】シリアのアサド政権軍は11日、北西部イドリブ県周辺で隣国トルコの支援を受ける反体制派武装勢力と交戦し、首都ダマスカスや北部の都市アレッポを結ぶ主要幹線道路を制圧した。一方、トルコのメディアは11日、反体制派武装勢力がシリア北部で政権軍のヘリコプターを撃墜したと伝えた。戦闘激化に歯止めがかからず、国連も人道危機の深刻化に懸念を強めている。
ロイター通信によると、政権軍が支配した幹線道はアレッポやダマスカス、南部ダルアーを結ぶ「M5」。国内の物資輸送の大動脈で、兵力の移動も容易になる可能性がある。政権側が全区間を支配下に置いたのは内戦発生翌年の2012年以来。
イドリブ県は反体制派武装勢力の最後の拠点で、イスラム過激派グループも多数割拠しているとされる。政権軍とその後ろ盾のロシア軍は11日、県内の複数の町を空爆したもようだ。
一方、トルコ軍は今月、イドリブ周辺で計13人の兵士らが攻撃を受けて死亡したとして、10日に政権軍への報復攻撃を行った。内戦で双方の軍が直接衝突するのはまれ。トルコは5000人の兵力や戦車、迫撃砲などをイドリブに送ったとされ、エルドアン大統領は11日、アサド政権側は「とても重い代償」を支払うことになると警告した。
情勢の緊迫化を受け、トルコの首都アンカラで行われてきた同国とロシアの代表団との協議は10日に終了した。目立った成果はなかったもようだ。
トルコは18年、内戦で大量のシリア難民が流入したのを受け、イドリブの周囲に監視ポストを設けてイスラム過激派の武装解除を主体的に行うことでロシアと合意。しかし、アサド政権側は、武装勢力が居座ったままで、トルコは領土を侵犯していると批判してきた。
国連はイドリブでは昨年12月上旬以降、約70万人が家を離れたとしている。当局者は短期間にこれほど多数の避難民が出たのは内戦を通じて例がないとの見方を示した。
アメリカに替わってロシアが中東の覇権国になりたいようだ。
プーチンの企みそうな事態である。
ISへの空爆のようにロシアが絡むと戦闘が激化する。
既に60万人の難民が避難している。
難民キャンプは用意出来るのか。
難民キャンプに新型コロナウィルスが来襲しないと言い切れるか。
ダイヤモンドプリンセス号の乗客・乗組員を見世物にし続ける日本とシリア・イドリブ県と、どちらが非人道的・人道危機であるのか。
今日の昼、ダイヤモンドプリンセスから高齢者を下船させるという遅すぎる判断を下す。
安倍晋三の政治判断は間違いだらけである。

“憑き物落とし・宝くじと湘南クリニック” への97件の返信

  1. ピンバック: keto at starbucks
  2. Hey I know this is off topic but I was wondering if you knew of any widgets I could add
    to my blog that automatically tweet my newest twitter updates.
    I’ve been looking for a plug-in like this for quite some time and
    was hoping maybe you would have some experience with something like this.
    Please let me know if you run into anything.
    I truly enjoy reading your blog and I look forward to your new updates.

  3. I know this if off topic but I’m looking into starting my
    own weblog and was curious what all is needed to get
    set up? I’m assuming having a blog like yours would cost a pretty penny?
    I’m not very internet smart so I’m not 100% sure.
    Any suggestions or advice would be greatly appreciated. Thanks

  4. What’s up mates, how is the whole thing, and what
    you desire to say regarding this paragraph, in my view its genuinely remarkable in support of
    me.

  5. ピンバック: gay asian dating white
  6. I don’t know if It’s just me or if perhaps everyone else encountering issues with
    your blog.
    It appears as if some of the
    text in your posts are running off
    the screen. Can somebody else please comment
    and let me
    know if this is happening to them too?
    This might be a problem with my
    internet browser because I’ve had this happen before.
    Thank you

  7. Somebody necessarily lend a hand to make critically articles I would state.
    That is the first time I frequented your web page and up to now?
    I surprised with the analysis you made to make this particular publish incredible.
    Excellent activity!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。