感動ポルノ・真夜中のギャラ泥棒

感動ポルノ・真夜中のギャラ泥棒
24時間テレビ、今年の目玉は、みやぞんのトライアスロン挑戦。
過去、みやぞんはトライアスロンに参加した経験はない。
2年後の東京オリンピック、マラソン選手・アスリートの熱中症対策には今から余念が無い。
みやぞんが予定より1時間以上遅れているそうだ。
日本テレビの目論見通りの計算ずくの予定調和だろう。
遅れていたみやぞんがゴールできても感動。
さらに遅れてゴールがグランドフィナーレに間に合わなくても感動。
どちらに転んでも儲かるのは日本テレビである。
日本は健常者と障害者が共生できる社会を目指すのか。
健常者が障害者を見下して差別する社会を創るのか。
障害者の雇用割合(法定雇用率)の水増し問題で、中央省庁が昨年、国の指針に反して障害者手帳などを確認せずに雇用数に計上していたのは約3000人に上ることがわかった。
各省庁は昨年6月現在で約6900人を雇用していたと発表しており、半数近くが水増しされていた可能性がある。厚生労働省は28日、こうした内容を含む調査結果を公表する。
障害者雇用促進法は、国の機関の法定雇用率を今年3月まで2・3%、4月からは2・5%に設定。
国の指針は、雇用数に算入できるのは障害者手帳などの所持者か、医師による判定書などがある人と定める。
しかし、財務、文部科学、農林水産、総務、国土交通、厚労、経済産業、外務、国税など少なくとも13省庁で、自己申告だけに基づき雇用数に計上されるなどしていた事例が判明している。
国家創造の青写真を描くのは国会ではなく霞が関である。
民間企業に障害者雇用促進法を義務付け、中央省庁には法令違反のペナルティなし。
「官」「民」に厳然たる差別がある。
日本テレビ24時間テレビ。
24時間の中に「お笑い芸人」「障害者」との差別がある。
ストーリーにドラマティックな起伏の無い「石森章太郎物語」以降の、
「嵐にしやがれ」「生しゃべくり」「有吉反省会」。
通常放送よりも中身が無い。
日本テレビ御用達のお笑い芸人がそろい踏みして、死ぬほど面白くない。
別格に酷いのが「生しゃべくり」。
尻相撲の行事・ゲイバーのママなど素人を出演させ、そのキャラクターを笑いものにする。
お笑い芸人の笑いではなく、いじめで生じる笑いである。
芸人の楽屋話・やっつけ仕事には高額なギャランティが発生する。
障害者は命がけのチャレンジをしなければ出演させない。
これが差別でなくて何なのか。
日本テレビの差別バラエティを毎年続行させ続けるのが視聴者の意向なら。
テレビ番組は図に乗って差別の拡大再生産の凶器となる。
トライアスロンに挑むみやぞん。
日本テレビは、みやぞんに高額な生命保険をかけている。
来年から危険な企画にチャレンジする障碍者には全員に保険をかけて貰おう。
障害者への保険が無ければ「みやぞん」と「障害者」との差別も発生する。
感動ポルノの無間地獄である。
24時間テレビ。
2億円の募金を集める為に20憶円以上の番組制作費をかける。
善意のチャリティ番組ではなく、偽善差別バラエティ番組である。
来年以降、中止で良くないか。
日本テレビが制作費の半額を募金すればよい。
そっちの方がテレビ局の良心を示すことになる。
感動ポルノで集金した募金が「良心的なカネ」だとは思えない。
24時間テレビ製作者には真夜中のパートに何故、障害者を出演させられないのかを考えてもらいたい。
付記
26日、関東の街中気温は40度に迫っている。
ニュースでは視聴者に「熱中症に気を付けて下さい」とアナウンスする。
他ならぬ日本テレビのニュースでである。
日本テレビが熱中症での事故を避ける為に、みやぞんのトライアスロンを中止する。
「中止するという英断」に視聴者は感動しないとでも思っているのか。

“感動ポルノ・真夜中のギャラ泥棒” への18件の返信

  1. ピンバック: keto diet menu for beginners
  2. Hey There. I found your blog using msn. This is a very well written article.
    I’ll make sure to bookmark it and come back to read more of your useful information. Thanks for
    the post. I will certainly comeback.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です