幻の東京五輪こそがレガシーと成り得る

1カ月で世界の新型コロナ感染者が半減する。コロナウィルスの季節要因。冬に大流行し、感染者数がピークを打った後は、感染者が減少に転じる性質がはっきり表れる。

菅義偉の、夜8時までは何をしても良い、切迫感の無い「緊急事態宣言が効果を上げた」など、ピント外れの指摘であることが、はっきりする。

次の感染流行の波を、昨年の流行の波から推測すれば。ビジネス入国の解禁・ゴーツー事業の再開・オリンピック強行に踏み切った途端、流行の再拡大が始まる。昨年3月「習近平の国賓来日」「中国人春節インバウンド需要」を狙い入国制限が遅れ、武漢ウィルスが流行した。昨年4月「ヨーロッパへの卒業旅行・家族旅行」した帰国者が欧米型ウィルスを流行させた。ゴーツー事業で、東京ウィルスが日本中にばら撒かれた。

英国型変異ウィルス・南アフリカ型変異ウィルス・ブラジル型変異ウィルスは国内に侵入している。日本政府が気を緩めて、海外渡航を解禁する政策に転ずれば、次の流行の波は恐ろしく危険な波となる。

ワクチン接種予定も、騙し討ちに遅れ込んでいる。ファイザーワクチンの注射器も発注ミスで。6回分接種出来る筈が、5回分しか摂取出来ず。一瓶に付き6分の1ずつ、ワクチンが注射器の先端に残り、再利用出来ない。

一発逆転の筈のワクチンでミスが重なる。

森喜朗を辞任に追い込んだのは「自業自得の謝罪会見」である。何を謝罪しているのか、自身の何が悪かったのかを、何一つ謝罪しない会見だった。質問する記者に「マスクを取れ」「たくさん質問するな、一つに絞れ。」「貴方は如何思いますか」。挙句の果てに「面白おかしくしたいんだろう」と捨て台詞を吐く。

開き直り会見で、トヨタ・エネオス、ワールドスポンサーが「当社の経営理念に反する」と声明を出し始める。アメリカNBCが「森喜朗は去らねばならない」と報じ。スポンサーの怒りにIOCのバッハが「森喜朗の発言は不適切である」と掌を返し。小池百合子に「ネガティブな発信しか出来ない4者会談を欠席する」と、止めを刺される。

複合的な経緯で会長辞任に至る。

更に一連の流れの中で、マスゴミもネット民も「オリンピックを待ち望んでいない」気持ちが世界に露呈する。後、半年も無いのに「会長を辞任させる」不安定さを、誰も心配しない気持ちが露わとなる。

むしろ、今「五輪中止、感染症対策、ワクチン接種に全力を尽くす。」と宣言することが支持率を挙げると分かる。

自民党内には「菅義偉では選挙を戦えないとの、菅降ろし」の動きがある。鍵を握るのはキングメーカーの二階俊博である。菅義偉は竹中平蔵の指示に従い、二階俊博の顔色を伺っている。

ここで菅義偉が「五輪中止で感染症対策に全集中」民意を問う解散総選挙を打てば、一皮むけた総理に一歩前進出来る。

二階俊博の意中の人は小池百合子である。小池百合子も石原慎太郎・森喜朗、旧い自民党の実力者には止めを刺す。が、二階俊博は「自民党に復党した後の後ろ盾」として頼りにして居る節がある。

小池百合子も政界渡り鳥の総仕上げとして、「五輪中止、開催都市の長として責任を取っての辞任」後。自民党復党を果たし、「ガラスの天井」を突き破り、総理大臣職を取りに行く心算があるかもしれない。

「五輪中止」を言い出したものが次の実力者に成れるチャンスを持つ。

政治家の五輪利用の総仕上げである。

(CNN) 米国で数十年間にわたって続いていた保健衛生対策の不備がトランプ前米大統領の在任4年間でさらに悪化し、新型コロナウイルスの蔓延(まんえん)への悲惨な対応策につながったとする新たな報告書がこのほど公表された。

報告書の作成には米国、英国やカナダの公衆衛生の専門家ら33人が参加。トランプ政権時代における公共政策・保健衛生に関するランセット委員会が発表した。

トランプ政権時代には科学の政治問題化や無視があったとし、健康保険はなおざりにされ、食料支援事業も先細りしたなどと結論づけた。

報告書は、公衆衛生対策を軽視した政策の多くは1980年代のレーガン元政権時代にさかのぼるとしながらも、トランプ氏は在任時代、米国で既に弱体化していた衛生制度やオバマ元大統領による医療保険制度改革の解体を試みたとも指摘。

トランプ氏のこれらの対応は新型コロナ対策での失策の要因ともなり、数万人規模の犠牲者の発生をむだに招いたともした。

また、トランプ氏時代には、ホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)内に設けていた世界規模の公衆衛生安全保障対策チームの廃止や2017年には米疾病対策センター(CDC)での新規雇用の凍結が打ち出され、不測の事態への準備態勢が緩んだとも述べた。CDCでは約700の職位の補充が不可能な状態に追い込まれてもいた。

公衆衛生機関の運営資金は2008年に切り詰められ、前線で働く職員5万人を失ったとも説明。分割され、利益重視型の性格を強めた医療保険制度は新型コロナ予防策の協調態勢を阻むことになったとも主張した。

その上でトランプ政権時代の多くの施策の後遺症は今後も尾を引くだろうとし、気候変動問題などでの悪影響は数世代にわたって続く可能性もあると予想した。

BBC。
ドナルド・トランプ前大統領が反乱を扇動したとする弾劾裁判で13日、米上院(定数100)は無罪評決を下した。

1月6日の連邦議会襲撃を扇動したと下院に弾劾訴追されたトランプ氏への弾劾裁判で、57人の上院議員が有罪を支持したものの、必要な3分の2以上の67票には達しなかった。共和党からは7人が、有罪を支持した。上院の議席は現在、民主党50議席、共和党50議席となっている。

2度目の弾劾で2度目の無罪を獲得したトランプ氏は、「史上最大の魔女狩りだ」というコメントを発表した。すでに大統領は退任しているため、有罪となっても罷免はあり得なかったが、有罪となった場合、大統領など公職への立候補を禁止される可能性があった。

■共和党幹部がトランプ氏の法的責任に言及 共和党幹部のミッチ・マコネル上院院内総務は評決後、トランプ氏は連邦議会襲撃に「責任」があり、「みっともない、無様な任務の放棄」だと批判した。ただし、マコネル氏は評決では、無罪に投票。マコネル氏はすでに、大統領を退任したトランプ氏への弾劾裁判は違憲だという考えを示していた。

民主党が多数の連邦議会下院は1月13日、トランプ氏が「反乱を扇動」し、この議会襲撃のきっかけを作ったと弾劾訴追した。上院での弾劾裁判が2月にずれこみ、すでに退任したトランプ氏について審理することになったのは、1月20日まで上院多数党の院内総務として審議日程を決める権限のあったマコネル氏が、政権交代前の弾劾裁判開始を認めなかったことが大きく関係している。

マコネル議員は無罪評決後、トランプ氏はまだ刑事裁判の場で責任を問われる可能性があると指摘。「(トランプ氏は)まだ決して無罪放免にはなっていない。この国には刑事司法の制度があり、民事訴訟もある。どちらも、大統領経験者を責任から免除しない」と述べた。

■評決前の議論は 「弾劾管理人」として検察官の役割を担った下院の民主党議員たちは、評決前の最終陳述で、トランプ氏を無罪にするのは危険だと上院議員たちに警告した。

「1月6日に起きたことはまた起こり得る。これが冷徹な真実だ」と、ジョー・ネグース下院議員は述べた。 「歴史は私たちを見つけて注視している。目を背けないでいただきたい」と、マデリーン・ディーン下院議員は訴えた。

これに対して、トランプ氏を代理するマイケル・ヴァン・ダー・ヴィーン弁護士は、弾劾手続きを「見せしめ裁判」と呼び、民主党はトランプ氏を弾劾することに「固執」していると批判した。

「この弾劾は最初から最後まで、まったくの茶番だった」と弁護士は最終弁論で述べ、「対立する政党がトランプ氏に対する長年の政治的復讐を手当たり次第に追及したに過ぎない」と批判した。

トランプ氏は、「このような目に遭った」大統領は過去になく、「アメリカを再び偉大にするための運動」は「始まったばかりだ」とコメントした。

■証人は呼ばず 上院は13日、いったんは証人喚問を認めた。もしこれが実現していたら、評決は何日も延期される可能性があったが、手続きの遅れを回避するため、与野党が調整した結果、証人証言は書面提出のみを認めることになった。

この二転三転は、1月6日に議会が襲撃されている最中に、トランプ氏と共和党幹部のケヴィン・マカーシー下院院内総務が電話でやりとりした会話をめぐってのものだった。

共和党のジェイミー・へレーラ=バトラー下院議員は、マカーシー議員から当日聞いた話だとして、暴徒に襲撃をやめさせるよう呼びかけてくれとマカーシー議員が大統領に懇願したものの、トランプ氏は応じなかったのだと話していた。

へレーラ=バトラー下院議員は弾劾訴追に賛成し、マカーシー議員から聞いたという当日の会話の内容を明らかにしていた。それによると、トランプ氏は議会を襲っているのは極左活動家集団の「アンティファ」だと言い、これに対してマカーシー議員が議会を襲っているのはトランプ派だと反論すると、「大統領は、『じゃあケヴィン、その人たちは君よりも選挙結果に怒っているんだろうな』と述べた」のだという。

民主党側はへレーラ=バトラー下院議員の証人喚問を求めていたが、トランプ氏の弁護団はこれに対抗するため数十人の証人を喚問するなどと反論。審理の膠着(こうちゃく)を避けたい与野党協議の末、結局は証言の書面提出にとどまった。

“幻の東京五輪こそがレガシーと成り得る” への19件の返信

  1. ピンバック: american dating site free
  2. ピンバック: do keto pills work
  3. naturally like your web-site however you have to check the spelling on quite a few of your posts.
    A number of them are rife with spelling issues and I to find it very troublesome to inform the reality
    on the other hand I’ll surely come back again.

  4. Hello! I know this is kinda off topic nevertheless I’d figured I’d ask.

    Would you be interested in trading links or maybe guest writing a blog post or vice-versa?
    My blog goes over a lot of the same subjects as yours and
    I feel we could greatly benefit from each other. If you happen to be
    interested feel free to shoot me an e-mail. I look forward to hearing from you!
    Excellent blog by the way!

  5. Helpful information. Fortunate me I found your site accidentally,
    and I’m surprised why this coincidence didn’t happened earlier!
    I bookmarked it.

  6. ピンバック: gay sex dating sites

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です