小池百合子・渡り鳥のゴール

ポピュリズムとは衆愚政治・大衆迎合主義。
大衆にウケる発言・行動で「大衆の心をつかみ」自分の人気を煽っていくスタイル。
最近、ポピュリズムは右翼スローガンとセットになって世界を席巻している。
イギリス中心主義で「まさかのEU離脱」を決めたイギリス人。
「強いアメリカを取り戻す」「アメリカンファースト」を公言するトランプを大統領に選んでしまったアメリカ。
カタルーニャもクルド人も「民族独立」を叫ぶ。
さらに、ポピュリズムには「規制の体制・知識人と対決して倒していく」という少年ジャンプ的なノリも必要である。
小池百合子の持ち味は「崖から飛び降りて都知事選に立候補し、自民党都議団に虐められながら」、都議会選挙で都民ファーストの会を圧勝させた。
山尾志桜里の為しえなかった「ジャンヌダルクたらんとする」対決姿勢にある。
ただし。
都知事就任後、成しえた業績は「都議会選挙で圧勝した」の一点しかない。
東京都議会のドンも逃がした。
石原慎太郎も逃がした。
腹心の音喜多駿には逃げられる。
安倍晋三の「国難突破解散」を受けて。
「希望の党」を立ち上げ。
「私が代表です」と二人三脚で歩んできた若狭議員を放逐し。
民進党の松原を口先三寸で転がして、民進党議員は全員「希望の党から出馬出来る」かのように誤解させる。
大阪維新の会には「大阪の民進党議員は全員、公認しない。」と確約する。
「希望の党」から出馬したい民進党議員には、「安保法制賛成・憲法改正賛成」書類にサインさせる。
民進党のリベラル派に「踏み絵を迫り」リベラル派の切り捨て・排除を図る。
枝野議員を「一人カラオケで槻坂46の不協和音、妥協したら死んだも同然のフレーズを歌いたい。」と悲壮感の塊に変え。
「民進党」と「立憲民主党」との分裂に成功する。
その過程で「立憲民主党から出馬した議員には、希望の党から刺客を立てる。」と恫喝する。
2日夜、「チャレンジャーですから政権交代可能な233人は擁立したい」とマスメディアを挑発する。
日本の「劇場型選挙」を最も好むのはマスメディアである。
政治家が「政策」ではなく「政局」に持ち込むと。
日ごろは「きちんと政策論争してもらいたい」とコメントしながら。
「劇場型選挙の様相を呈してまいりました」と劇場型選挙に仕立て上げるのがマスメディアである。
今のところ、小池百合子。
1日に一つ事態を動かしてマスメディアに餌を与え続けている。
自由党の小沢一郎が合流したとき。
マスメディアは「希望の党」ならぬ「野望の党」だと、手ぐすねを引いていただろうが。
小沢一郎。
マスメディアの目論見に反して無所属で出馬する。
小池百合子の真の狙いが何処にあるのか。
女性初の総理大臣に「この際リーチ掛けるか」なのか。
「泥船の民進党の金庫に眠る埋蔵金・政党交付金100憶円の奪取」なのか。
分からない。
分かりたくもない。
小泉進次郎は「小池さんは無責任のジレンマに陥っている。選挙に出ても無責任・出なくとも無責任。このジレンマは小池さん自身が創りだしたものだ。」と攻撃する。
日本国民は「小池ポピュリズム」に騙されるバカぞろいだろうか。
築地から豊洲への市場移転問題。
移転問題を抱えながら「策を練り続ける小池百合子」。
大方の国民は小池百合子の無責任にあきれ返っているはずだ。
市場関係者は「血の涙」を流しながら、マスメディアの「小池劇場」を見つめている。
小池百合子。
メディアの報道を完璧にチェックしながら、打つ手を考えている。
打つ手を決め続ければ「メディアが自分を劇場の花道に据え続けてくれる」と見切っている。
タフな女であり、「女に向かない職業」を志向しながら。
歩いた後に犠牲者を作り過ぎている。
自身の権力欲・権力志向を満足させる為に、何人泣かせば気が済むのか。
「政治家としての資質云々の前に」。
「人間としてダメである」。
優しさの欠片もない鉄面皮に総理大臣に成られるのは国辱である。
小池百合子。
安保法制翼賛・憲法改正翼賛。
「このスローガンを抑えておけばウヨクも自分になびくとタカを括っていないか」。
安倍晋三のスローガン。
小池百合子のスローガン。
どう違うのだろう。
ウヨクの諸君は、どちらのスローガンに共鳴するのだろうか。
ポピュリズム+民族主義スローガン+ウヨク傾向。
三つを足して最も勢いの強い者が選挙に勝利する。
日本国民は「こんな方程式・足し算に騙される」バカぞろいだろうか。
付記。
小池百合子は権力闘争に負けてマスメディアから去った。
オリンピックのマラソン・競歩が札幌開催に決定し、私が「札幌決定を聞くのが一番遅かった」と組織委員会の森喜朗に恨み節をぶつける。
久しぶりに「厚化粧の大年増」の貌を視た。

“小池百合子・渡り鳥のゴール” への65件の返信

  1. ピンバック: paleo keto diet
  2. Wonderful blog you have here but I was curious about if you knew of any user discussion forums that cover the
    same topics talked about in this article? I’d really love to be a part of online community where I can get
    feedback from other experienced individuals that share the same interest.
    If you have any recommendations, please let me know. Bless you!

  3. ピンバック: raya gay dating site
  4. Онлайн-консультация у психолога.

    Консультация у психолога Консультация у психологов.
    Помощь профессионального Психолога.
    Онлайн-консультация у психолога.
    Онлайн консультация. Консультация психолога онлайн.
    Індивідуальні консультації.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です