安倍晋三礼賛と統一教会批判は両立出来ない

統一教会の文鮮明語録「天聖経」。「韓半島は何かといえば男で言えば生殖器です。半島です。日本が78年から世界的な経済大国として登場したのはエバ(イブ)国家として選ばれたのです。日本は全ての物質を収集して、本然の夫であるアダム国家韓国に捧げなければならないのです。」。

統一教会の前身は文鮮明の「セックス教団」である。ザイン・摂理・真言密教立川流・オウム教団、同様。教祖文鮮明の性欲を満たす為の作品・カルトである。

セックス教団の教祖だから「韓国は男根・日本は女陰」という下品下劣な発想が浮かぶのだろう。

更に、統一教会は、「韓国は善であり、日本は悪である。悪である日本は未来永劫、韓国に謝罪し続けねばならない。貢ぎ続けねばならない。」などと妄言を発する。

男尊女卑とレイシズム韓国優越思想が、混然一体となり、霊感商法のモチベーションとなる。統一教会の利益の7割は、日本での霊感商法である。

日本のレイシスト。エセ保守ビジネス右翼の愛国論壇。百田尚樹・門田隆将・有本香・武田恒泰・三浦瑠璃。基本通底として、韓国人差別・韓国ヘイトスピーチに明け暮れてきた底辺言論人たち。

「憲法改正光の騎士」安倍晋三が、岸信介の代から文鮮明と組み「国際勝共連合」を組織し、自民党イコール統一教会の体制を築いてきた事実に、右顧左眄している。

統一教会の内部文書で、「来る7月の参議院選挙。山谷えり子先生の必勝の為、ご尽力宜しくお願いします。山谷先生・安倍先生なくして私たちのみ旨は達成できません。山谷事務所も30万票必勝態勢で臨んでおります。」と山谷えり子を当選させるよう、上意下達の指示が出る。

統一教会側は、新人・チンピラ・三下議員に用は無い。自民党中枢の大物議員とのパイプが欲しい。大物であればあるほど、広告塔にうってつけであり、統一教会に便宜を図って貰える。

山谷えり子は、当選後、国家公安委員長就任の運びと成る。

自民党側は統一教会の霊感商法を揉み消せば、選挙に、ポスター張り・ビラ配り・電話攻勢の運動員、議員の私設秘書、総裁選挙の自民党員票を獲得出来る。統一教会が信者を自民党員にし、安倍晋三に党員票を集中し、「安倍晋三総裁選に勝利」が安倍政権・安倍内閣の誕生である。

京都で選挙買収を行った二之湯智国家公安委員長も、18年、世界統一家庭連合関連団体の京都府のイベントで、実行委員長を務める。21年「新型コロナ収束を願う京都1万人祈りの集い」統一教会の集会に、呼びかけ人として名前を連ね、集会に国立京都国際会館施設を、使用できるよう口利きを行う。

下村博文は、14年6月24日、世界平和連合道徳教育の強化について要望を団体として行いたいと思います。大臣のご日程を頂きたい。」との陳情を受けている。

霊感商法を悪名高くなった「統一教会」が「世界統一平和家庭連合」に名称変更したのは、安倍晋三総理・山谷えり子国家公安委員長・下村博文文科相体制の下である。それまで「霊感商法の反社会性の実態が変わらないのに、名称変更など許されない。」としてきたのに、急転直下、教団に便宜が図られる。

岸信夫防衛大臣は「反社会的であろうとも、これからも統一教会と仲良くします。」と、今後も統一教会の選挙協力を当てにしていくと開き直る。安倍晋三の弟として、兄の遺志を継ぎたいのだろう。

茂木敏光幹事長は、「統一教会とは自民党として組織的関係が無いことは、しっかりと確認している。党としては一切関係が無い。社会的に問題が指摘されている団体。個々の国会議員に対しても、立場を踏まえ、厳正かつ中立であるべきだ。と注意を促したい。」。これだけ、多数の自民党議員が統一教会と野合し、組織的な付き合いではなく、個人的な付き合いであるとは、無理筋である。

細田博之は、2年前に設立された「世界平和の実現を目的とする議員連合」の名誉会長に就任する。団体の顧問には、大野功統元衆議院議員・柳本卓治元参議院議員、そして、UPFジャパン議長が名を連ねる。UPFジャパンは、安倍晋三がビデオメッセージを贈った統一教会の団体である。細田博之は19年会合で「きょうの盛会を会の内容を安倍総理に早速ご報告致したいと考えております。韓鶴子総裁の提唱によって実現したこの国際指導者会議の場は大変意義が深いわけです。」と述べている。

安倍晋三を中心として、自民党議員は、統一教会とイコールなのである。自民党イコール統一教会イコール反社会的勢力。

エセ保守のビジネス右翼が、安倍晋三を庇えば、庇う程。自民党の性質の悪さが露呈する。

万が一にも、安倍晋三と統一教会のそりが合わなかったとして。

自主憲法制定運動・人権の過剰を是正して義務を示す・家族条項を守る・9条を改めて軍事力の保持を明記する・日教組による自虐史観偏向教育を糺す・愛国心と家庭教育の充実・夫婦別姓反対。

安倍晋三・高市早苗・稲田朋美辺りが主張してきた自民党憲法改正草案の内容が、統一教会・勝共連合とピタリと一致している経由は、どう説明出来るのか。

日本ヘイトに余念が無い、統一教会が、日本を核武装させた後、目論むのは、日本をアジアの「反共産主義の最前線」に仕立て上げるシナリオである。ロケットマン金正恩・台湾併合習近平。アジアに開戦の動きが有れば、日本に最前線を護らせ、韓国は日和見を決め込む算段だろう。

ゆえなく、韓国を差別し、日本核武装を唱えてきたエセ保守ビジネス右翼は、「日本の若者が韓国に利用されて、2度目のインパール作戦に突入する将来を謀っている。」韓国の目論見を見抜けていない。

霊感商法は許せない。統一教会の宗教法人格を剥奪する。統一教会は解体し、韓国に帰らせる。反社会的勢力統一教会と野合してきた自民党は政権与党の座を手放し、統一教会と共に韓国に渡れ。

安倍晋三は統一教会の広告塔ではない。統一教会の守護神だった。

事実を認めないと、今後、エセ保守のビジネス右翼の愛国論は「統一教会に洗脳されている」と非難されても、返す言葉が無くなる。「エセ保守ビジネス右翼は売国論壇である」と見做され続けることになる。

憲法改正・日本核武装論など、恥ずかしくて口に出来なくなる。因果応報とは「韓国差別の罰当たり」を一身に受けるエセ保守ビジネス右翼の顛末である。

“安倍晋三礼賛と統一教会批判は両立出来ない” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。