変異型ウィルスとワクチンリスク・どちらが怖いのか

菅義偉を洗脳している東京慈恵会医科大学の大木隆生の「民間病院は何故コロナ患者を受け入れないのか」を読む。「欧米に比べ日本では新型コロナは恐れる必要が無い」「感染症2類相当から5類に下げる」「医療従事者が新型コロナに取り組みやすくなる」「国民もコロナを恐れず経済を回せる」。

コロナ楽観論者が語っていたことと同じ主張である。コロナ楽観論者の何人かは菅義偉同様、大木隆生に洗脳されている。

菅義偉・厚労省の不手際でワクチンが届かぬまま、英国型変異ウィルス・南アフリカ型変異ウィルス・ブラジル型変異ウィルスが脅威と成りつつある。

南ア型・ブラジル型変異種は「ワクチンが効きにくい特徴が観られる」という。変異ウィルスは潜伏期間も長く、体内のウィルス濃度が100倍から1万倍増えており、感染力も1・7倍と高い。感染期間が長く隔離期間も2週間では十分ではない。そしてウィルスの構造が頑丈に成っている。エアロゾイル感染・空気感染が多発する。体内で細胞に取り付く力も強くなっている。

抗体が出来にくく、感染しやすい、防御しにくく、重症化しやすい、免疫暴走が起きやすい。

嫌な性質に変異している。

英国型変異ウィルスは9月に初めて確認され、現在では変異ウィルスが流行の主流と成っている。3か月で従来のウィルスから、変異型ウィルスへの流行へと移行する。

日本国内にも変異型ウィルスが侵攻している以上、「2類から5類に下げる」など自殺行為である。

大木隆生は「過労死寸前まで医療労働している」そうだ。厚労省の医院運営の制度設計への復讐心・恨み・つらみが、コロナ陰謀論を撒き散らすモチベーションなのである。医療制度を崩壊させたいのだろう。

新型ウィルスは症状が出始める数日前が感染力が最も高い。症状が出始めたら周囲の人が怖がって近寄らない。無症状患者が感染拡大させる所以である。

2月9日の緊急事態宣言解除に向けて、新規感染者数が減りつつある。全体のPCR検査数を減らしているのだろう。日本は同じ失敗を繰り返している。「春節のインバウンド需要を期待して中国人観光客を招き入れようとする」「3月に新型ウィルスが大流行しているヨーロッパに旅行し感染して帰国する」「習近平の国賓来日を実現させようと中国人の来日を止めない」「20年五輪開催の為に検査数を絞る」「ゴーツー事業推進の為に検査数を絞る」「バッハ来日に備えて検査数を絞る」。

挙句の果てに年末・年始に感染爆発する。7月の五輪開催を狙って緊急事態宣言解除を強行する。小池百合子の感染者数操作・重症患者数操作は日常茶飯事であり、マスメディアは小池百合子のプロパガンダに協力を惜しまない。

ワクチンの副反応・副作用を確認・見極める時間のゆとりは、あまりない。メッセンジャーRNAワクチン・アデノウィルスベクターワクチン共に、サーズ・マーズ・ジカウィルス・デング熱・癌のワクチン開発の為に積み重ねた研究成果が実を結んだワクチンで有ると期待して接種したい。

プラシーボ効果。「効果が有ると思って服用しないと、効く薬も効かなくなる。」。

ブラジルでは「コロナは只の風邪だ」国民の英雄であったボルソナロに反対デモが起きている。コロナ楽観論者は政権追放される運命なのであろう。

読売新聞。
厚生労働省は、新型コロナウイルスのワクチンの副反応(副作用)に対応する専門的な医療機関を、都道府県ごとに確保する方針を決めた。副反応が起きた場合、接種を受けた人がかかりつけ医を通じてスムーズに受診できるようにする。3月をめどに体制を整え、高齢者らへの優先接種に備える。

春以降に国内で接種が始まる海外製ワクチンの臨床試験では、接種後に筋肉痛、頭痛、倦怠(けんたい)感などの症状が出たケースも報告されている。現在のところ重い副反応の頻度は高くないが、ウイルスの遺伝情報を加工する新しいタイプのワクチンのため、予想外の副反応が出る可能性もある。

厚労省は専門的な医療機関として、総合診療科があるなど、多角的な診療や高度な検査ができる大学病院や総合病院を想定。都道府県は、確保した医療機関のリストを作り、地域のかかりつけ医らに配布する。

接種後に副反応が疑われた人は、まず、かかりつけ医か接種を受けた医療機関を受診する。必要に応じて専門的な医療機関への紹介を受ける仕組みで、受け入れる側の医療機関は連絡用の専用窓口を設置する。

各都道府県には「何日も腫れがひかない」など副反応に関する質問を受け付ける専用窓口やコールセンターを用意。病院を受診すべきかなどの相談に答える。

厚労省は専門的な医療機関の確保や、相談窓口の設置に関連する費用の全額を都道府県に助成する。

(ブルームバーグ): オーストラリアでは新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンプログラムが開始に向け計画通り進んでいる。米ファイザーと独ビオンテックが共同開発したワクチンの第一弾が2月半ばから後半にかけて各病院に到着する予定だ。フライデンバーグ財務相が24日明らかにした。

香港政府は、新型コロナウイルス感染拡大を受けて初めて数千人単位の住民を対象に一部地域でロックダウン(都市封鎖)を実施。対象地区の住民に対し強制的に検査を行う。

香港初のロックダウン、九竜地区の一角-住民に新型コロナで強制検査
英国医師会(BMA)は同国政府に対し、ファイザーとビオンテックのワクチンの1回目接種と2回目接種の間隔について、推奨されているより長い最大12週間後の実施を認める決定について「早急に見直し」を呼び掛けた。AP通信が伝えた。BMAは、2回目接種の遅れに専門家の間で懸念が強まっていると指摘したという。

一方、フランスでは感染拡大を受けて、高等保健機構(HAS)がより多くの人に接種するために1回目と2回目の間隔を推奨期間の2倍にするよう助言している。

ニューヨーク州のクオモ知事は同州に今後はワクチンが到着し始めると語った上で、懐疑的な黒人や中南米出身者に接種を促すことがより大きな課題だと指摘した。全米各州の知事たちは、連邦政府から十分なワクチン供給が得られないとの不満の声を強めている。

ロサンゼルス郡のCOVID19による死者数は1万5000人を上回った。

インドネシアは、政府による新型コロナ感染抑制に向けた一段の規制措置の導入で1-3月は経済成長に下振れリスクが予想される。ムルヤニ財務相が指摘した。

パキスタンはロシア製ワクチン「スプートニクV」の使用許可に近づいている。世界で5番目に人口が多い同国はワクチン接種開始を目指している。

米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の感染者数は9870万人を超え、死者は210万人を上回った。

【AFP=時事】ブラジルの複数の都市で23日、新型コロナウイルス流行への対応をめぐりジャイル・ボルソナロ(Jair Bolsonaro)大統領の退陣を求めるデモが行われ、大勢の人が車で参加した。

左派の政党や団体が主催したこの抗議デモでは、自動車約500台がクラクションを鳴らしながら首都ブラジリアの官庁街(Esplanade of Ministries)を走行。車の窓ガラスには、「ボルソナロは出て行け」「今すぐ弾劾を」「全国民にワクチンを」などのスローガンが書かれていた。

同様のデモはリオデジャネイロ(Rio de Janeiro)やサンパウロ(Sao Paulo)など他の都市でも行われ、多くの車が列をつくった。

ブラジルでの新型コロナウイルスによる死者数は世界で2番目に多く、21万5000人を超えている。ボルソナロ氏が長きにわたり流行の深刻さを軽視したことから、同国のワクチン接種プログラムは他国に比べて遅れ、ようやく今週不安定ながらもスタートを切った。

デモ参加者らはまた、コロナ流行の多大な影響に対応する緊急支援金制度が昨年12月に終了したことにも抗議。同国人口の3分の1近くに上る約6800万人がこの制度を利用していた。

デイリー新潮。
医療崩壊が連日報じられた挙句、緊急事態宣言が出された日本。が、東京慈恵会医科大学で対コロナ院長特別補佐を務める大木隆生氏は「医療崩壊はしていない」と断言する。民間病院へのインセンティブ、2類指定の見直しなど、政府がいま行うべき政策とは――。

「政府は新型コロナの重症者用ベッドに1500万円、一般病床に450万円を補助すると決めました。経済的インセンティブは大事で、私も安倍総理にそう進言し、予備費のうち1兆1千億円が医療支援に確保されました。それが今回の補助上乗せの原資です。しかし、もう少し有効な使い道があるかもしれません。  大前提として、医療も経済活動なので、インセンティブがあれば誘導されます。逆に、国難だからと民間病院が赤字覚悟で手を挙げれば、経営者としての責任が問われかねません。要は1500万円といった一時金だけではなく、経済合理性があるようにお金を出す必要があります。

現状では、院内感染が起きれば病棟シャットダウンのうえ、職員はPCR検査を受けて2週間の自宅待機を強いられる。これでは病院は大赤字になります。新型コロナ用のベッドを用意したら補助金を出すと言われても、その結果、院内感染が起きて赤字になっても、だれも補填してくれません。パンデミック収束後のことも考慮しなくてはなりません。ちなみに、徹底したゾーニングなど、新型コロナに真摯に対応した慈恵医大の今年度の赤字は、100億円の見通しです」。

「ほかにも日本の医療のいびつな点に、同じ病院内ではどの診療科も報酬は同じ、という硬直化した給与体系が挙げられます。たとえば、過労死寸前まで働いていた私にも、ボーナスや時間外手当をふくめインセンティブは皆無でした。だから病床ごとに補助金を積み増しても、現場の最前線の医師や看護師に回らないのです。これではコロナ対応病院の医療従事者の疲弊が増して、離職者が増えるのも仕方ありません。一方、アメリカでは市場原理で医師の給与をフレキシブルに変えるので、需要と供給が一致しやすい。日本も医療崩壊を防ぐためには、新型コロナ対応をした医師、看護師、職員の手当を飛躍的に上げることです。

実は、公的病院も十分に活用されていません。各病院の友人に問い合わせた結果、1月7日現在の重症患者の受け入れ数は、国立国際医療研究センター病院1名、自衛隊中央病院3名、国立病院機構東京医療センター2名、都立駒込病院0名、同墨東病院5名、同松沢病院0名、同広尾病院4名、同大塚病院0名などです。都内に六つある公社病院はゼロで、都内の私立医科大学は51名です。

民間病院は経済的インセンティブで誘導し、公的病院は政治力で動かす必要があります。都立病院の各病院長のボス、すなわち「社長」は小池知事、自衛隊病院は防衛大臣です。東京都も医師会も、こういうデータを出して議論してほしいです」。

「新型コロナは指定感染症の1類に近い2類相当なので、医療の効率が非常に悪い。毎回宇宙服のような出で立ちで患者を診療し、次の患者を診るときは脱ぐのです。また、感染者が1人出るたびに病棟閉鎖、関連職員の自宅待機の繰り返し。5類に分類されるインフルエンザは、熱があったら家にいて、つらかったら病院に行き、感染者に接触しても濃厚接触者にはなりません。そうやって柔軟に扱えるようになれば医療の効率も上がり、医療崩壊も格段にしにくくなります。

そもそも第2類相当とは致死率10%のSARS、35%のMERSを念頭に置いていて、SARSは感染者数が世界で8千人、日本ではゼロでした。日本ですでに30万人近くが罹患している感染症に、その枠組みを適用するのが無理なのは明らかです。

新型コロナの死亡率は、世田谷区が今月まで、健常や無症状の施設職員らに行ったPCR検査結果から推定すると、死の病といえるものではないことがわかります。5455人のうち陽性55人で、陽性率1・0%。東京都の人口は約1400万人なので、14万人が感染したことになり、それでその時点までの累計死者数を割ると、死亡率は0・4%。でも陽性率1%は10~11月のスナップショットで、通年では下限が1%で上限は5%と思われる。するとインフルエンザの死亡率約0・03%に近づきます。

実際、2020年の死因別ランキングを見ると、新型コロナは世界と米国では第3位ですが、日本では第36位で、31位のインフルエンザより下。また、新型コロナで亡くなった4千人近い人の平均年齢は、80歳を超えています」。

「そもそも第2類感染症は、致死率が高く、未知で、治療法がない病気を念頭に置いています。すでに1年間付き合い、複数の治療薬が保険適用された新型コロナは、三つとも該当しません。10万人あたりの感染者数のグラフを見ても、米国、イギリス、ドイツと比較すると、日本は第1波も第2波もわからず、第3波でやっと目視できる程度です。しかし、圧倒的に多い米国やイギリス、ドイツも、ギリギリとはいえ医療崩壊を起こしていません。なぜ日本で医療崩壊が起きるのでしょうか。

経済との両立を考える際、国民がこれだけ怖がっている以上、経済は元に戻らない、という意見もあります。しかし、だからこそ第2類から格下げすれば、国民に向けても、正しく恐れ、十分に注意しながら経済も回そう、というメッセージになります。指定感染症第2類から外せば、院内感染が少し増えるかもしれません。しかし、全体でみれば経済破綻が避けられ、より多くの病院が新型コロナの治療に参加できます。そう考えれば、多少のリスクは容認されると思います」。

「日本にはICUを完備し、コロナ患者の受け入れが可能な病院が千ほどありますが、受け入れ実績がある病院は310。残り700を動員するためにも2類相当を外すべきです。現状ではコロナ病棟のナースシフトも固定せざるをえず、そのチームが疲弊してしまいますが、2類でなくなれば、いろいろな病棟にヘルプを頼める。慈恵にはナースが千人ほどいても、コロナ病棟に従事しているのは60人程度です。みんなで分担するには指定が障害になります。

このことは慈恵にある約200の空床の運用についても同じです。日本医師会の会員の大多数は勤務医ではなく開業医で、彼らは現在、新型コロナの治療にはほぼ参画できていませんが、指定が外れれば、在宅、ホテル療養している患者のケアに、もっと積極的に関与できます。また、受診抑制の結果としての経営難への処方箋にもなります。

ICU使用率と真のベッド数、そこにテコ入れして受け皿をどれだけ増やすかという努力。それらをトータルで語らず、新規感染者数だけを報じて一喜一憂する無意味さと弊害を考えてほしい。東京都で新規陽性者が1日に2500人出たとして、人口1400万人の0・017%。そういう冷静な視点が必要です。

私が重視するのは客観的データに基づく施策と、ゼロリスクはないことを念頭に益と害のバランスをとること。そして政策の持続可能性です。理想論を唱えても、短期間しか続かなければ元の木阿弥。コロナとの闘いが長丁場であることを念頭に、持続可能な対策をとるべきでしょう。緊急事態宣言は効果が定かでないうえに副作用が強く、持続可能な政策ではありません。また、医療体制を強化しなかったら、この先、何度も同じ局面に遭遇します。

ただ、せっかく緊急事態宣言を発出したのですから飲食店に対してだけでなく、この機会に公的病院に加えて民間病院に対しても、思い切った財政支援を追加したうえで、新型コロナ対応の要請を発出すべきです。それを受け、各病院の院長が院内の各診療科に働きかけ、新型コロナに対応している医療者個人にも十分なインセンティブを与えることで報い、オールジャパンの態勢を構築すべきです。

“変異型ウィルスとワクチンリスク・どちらが怖いのか” への244件の返信

  1. ピンバック: targeted keto diet
  2. I do not know if it’s just me or if everyone else encountering issues with
    your site. It seems like some of the written text on your content are running off the screen. Can someone else please provide feedback and let
    me know if this is happening to them as well? This might be a problem with my web browser because I’ve had this
    happen before. Thank you

  3. Nice post. I was checking constantly this blog and I am inspired!
    Extremely useful info particularly the final section 🙂 I maintain such info a lot.
    I was seeking this particular info for a very long time.
    Thanks and best of luck.

  4. Wonderful post however I was wondering if you could write a litte more on this subject?
    I’d be very thankful if you could elaborate a little bit more.
    Appreciate it!

  5. Excellent post. I used to be checking continuously this blog and I’m inspired! Very useful information specifically the last part 🙂 I care for such info much. I was seeking this particular info for a very long time. Thank you and best of luck. |

  6. Normally I don’t learn article on blogs, but I would like to say that this write-up very pressured me to try and do so! Your writing style has been surprised me. Thanks, quite nice post.|

  7. I am extremely impressed with your writing skills as well as with the structure to your blog. Is that this a paid subject matter or did you modify it yourself? Anyway keep up the nice quality writing, it’s rare to see a great weblog like this one nowadays..|

  8. Having read this I thought it was extremely informative. I appreciate you spending some time and energy to put this article together. I once again find myself personally spending a lot of time both reading and posting comments. But so what, it was still worthwhile!|

  9. Superb blog you have here but I was wondering if you knew of any community forums that cover the same topics talked about in this article? I’d really love to be a part of online community where I can get responses from other knowledgeable individuals that share the same interest. If you have any suggestions, please let me know. Thank you!|

  10. Hey There. I found your blog using msn. This is an extremely well written article. I will be sure to bookmark it and come back to read more of your useful info. Thanks for the post. I’ll definitely return.|

  11. Definitely consider that which you stated. Your favorite justification seemed to be on the
    internet the simplest thing to be aware of.
    I say to you, I certainly get irked even as folks think about issues that they plainly don’t recognize about.
    You controlled to hit the nail upon the top and defined out the whole thing without
    having side-effects , people could take a signal.

    Will probably be again to get more. Thank you

  12. Aw, this was a really nice post. Taking the time and actual
    effort to produce a great article… but what can I say… I
    procrastinate a lot and never manage to get anything done.

  13. I would like to thank you for the efforts you have put
    in writing this site. I really hope to check out
    the same high-grade blog posts from you later on as well.
    In fact, your creative writing abilities has encouraged me to get my
    own, personal website now 😉

  14. A person necessarily assist to make critically
    articles I’d state. This is the very first time I frequented your website page and up to now?

    I amazed with the research you made to create this particular publish extraordinary.
    Fantastic job!

  15. Everything is very open with a really clear explanation of the challenges.
    It was definitely informative. Your website is extremely helpful.
    Thanks for sharing!

  16. Excellent post. I was checking constantly this blog and I’m impressed!
    Extremely helpful info specifically the last part 🙂 I care for such info a lot.

    I was looking for this certain information for a long time.
    Thank you and good luck.

  17. I don’t know if it’s just me or if everyone else experiencing issues with your website.

    It seems like some of the text in your posts are running off the screen. Can someone else please provide feedback and let me know if this is
    happening to them too? This could be a problem with my
    internet browser because I’ve had this happen before.
    Appreciate it

  18. Have you ever considered about adding a little bit more than just
    your articles? I mean, what you say is fundamental and everything.
    However think of if you added some great pictures or video clips to give your posts more, “pop”!

    Your content is excellent but with pics and clips, this blog could certainly be one of the most beneficial in its field.

    Great blog!

  19. Normally I do not learn article on blogs, but I would
    like to say that this write-up very compelled me to check out and do so!
    Your writing style has been amazed me. Thanks, quite great article.

  20. Hi i am kavin, its my first time to commenting anyplace, when i read this piece of writing i thought
    i could also make comment due to this good paragraph.

  21. It’s actually a great and useful piece of info.

    I’m happy that you shared this helpful info with us.
    Please keep us informed like this. Thank
    you for sharing.

    Here is my website – coupon

  22. Good day! I could have sworn I’ve been to this web site before but after browsing through a few of the
    posts I realized it’s new to me. Anyways, I’m certainly happy I discovered it and I’ll be book-marking it and checking back regularly!

  23. Please let me know if you’re looking for a writer for your blog.
    You have some really great posts and I feel I would be a good asset.
    If you ever want to take some of the load off, I’d absolutely
    love to write some material for your blog in exchange for a link back to mine.
    Please send me an e-mail if interested. Thanks!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。