哀しみのワクチン「正式契約は3日前です」

厚生労働省は23日までに、新型コロナウイルス患者用の病床使用率(20日時点)を公表した。

感染ピーク時の確保想定病床の使用率が50%以上で、緊急事態宣言の対象となるステージ4の目安に達したのは前週(13日時点)より1県増え、福島や東京、大阪、福岡、沖縄など計20都府県(重症者用含む)だった。

自宅療養者は3万5394人となり、前週から約5000人増えた。4都県に緊急事態宣言が再発令されてから2週間が経過したが、自宅療養者は増え続けており、医療提供体制は深刻な逼迫(ひっぱく)状況から抜け出せていない。

他にステージ4水準だったのは茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川、石川、長野、岐阜、愛知、三重、兵庫、奈良、岡山、熊本。最も高いのは兵庫(79.1%)で、大阪(74.2%)、東京(73.9%)、沖縄(68.2%)と続いた。

重症者用病床では、東京(500病床)は107.0%だが、重症者535人は国基準で集計されており、単純に比較できないという。他には大阪(64.5%)、兵庫(57.5%)、沖縄(56.6%)などが高かった。

菅義偉は昨年「ファイザー1億7000万本・アストラゼネカ1億2000万本・モデルナ4000万本のワクチンが予約出来た」と発言していた。

予約が成立していなかった。

予約・基本合意・申し込みに動いた厚労省職員が向かったのはファイザー日本支社である。厚労省は日本支社の天下りOBに「宜しく頼む」と申し入れて、予約・合意・申し込み出来た気に成っていた。製薬会社の日本支社は営業所であり、ワクチンを申し込む窓口の権限など持っていない。

菅義偉がアメリカ大使館に電話して大使が改めてファイザー社に申し込み、契約が正式成立したのは3日前である。

イスラエル・イギリス・ノルウェー・スウェーデン・アメリカ・中国・ロシア・フィリピン。続々とワクチン接種が開始される。「予約契約が出来ている日本がやけに遅いな」と訝しむと、「正式契約が出来ていなかった」とのオチが付く。

英国型変異ウィルス・南アフリカ型変異ウィルス・ブラジル型変異ウィルス。PCR検査では確認出来ない。ウィルスのゲノム解析で確認する必要がある。日本にどの変異ウィルスが侵入しているか把握出来ていない。年末から「医療現場が持たない」との悲鳴を無視してゴーツー事業を継続し、院内感染・病院クラスターは多発しながら、医療崩壊している。療養施設にさえ、入所が叶わず、自宅で待機中、死亡する患者が増加する。

今日、新型コロナ死亡者は5000人を超えた。4000人から2週間で1000人増加する。現状、日本がワクチン接種を開始するのは今しか無い。医学的に副反応・副作用を恐れても、今更、遅すぎる。科学的にワクチンで一発逆転を狙うしか無い現状を政府・厚労省が招いた。

トランプの阿保は「ワープスピード作戦」を叫び、「ワクチン不信を増強」しながら、完成したワクチンを、どういうルートで供給するかを計画していなかった。当てずっぽう・思い付きのトランプの面目躍如である。

日本政府もトランプレベルである。ワクチンで一発逆転しかないと言い張りながら、ワクチンの供給ルートも今から構築する心算らしい。「運び屋」河野太郎も貧乏籤を引かされた。ワクチン供給の失敗を一身に背負わせられるだろう。

ワクチンで一発逆転を狙う日本が、ワクチンを正式契約出来ていなかった。政府と厚労省とが阿吽の呼吸で仕出かした痛恨のミスである。年金制度・国民皆保険に負担となるばかりの高齢者・既往症を持つ病人を、新型コロナを利用して亡き者にしようという阿吽の呼吸である。政府と厚労省とが共通して、悪い意志・悪い企み・悪意を持ってなければ、起きようの無い致命的な凡ミスなのである。

ニュージーランド・台湾・バーレーン・シンガポール・ベトナム・タイ・オーストラリア・中国・韓国。新型コロナの抑え込みに成功した国は、新型コロナを正しく恐れた国である。新型コロナから国民の生命を護ろうとした国である。

新型コロナを利用して国民を殺そうとする国は、教科書に載るレベルで、日本くらいのものであろう。

日刊ゲンダイデジタル。
変異した新型コロナウイルスの感染力の強さに、なす術はないのか。

南アフリカ型やブラジル型の変異ウイルスに対し、従来型の抗体やワクチンが効きにくいとの研究結果が次々に発表され、衝撃が広がっている。

菅政権の中途半端な水際対策で、英国型は市中感染が拡大。南ア型やブラジル型についても覚悟した方がいいかもしれない。

米ロックフェラー大などがファイザーとモデルナ製のワクチンを接種した20人から採血し、変異ウイルスへの効果を検証。その結果、抗体の効果は南ア型やブラジル型に対し、従来型の3分の1だったという。英国型の効果は半分だった。

一方、南アの国家感染症研究所と協力する研究チームは、感染後に回復した人の血液を使用する「回復期血漿療法」による抗体が南ア型には効かないと報告。従来型と比べた感染力は、英国型が1.7倍、南ア型は1.5倍強いとされている。

西武学園医学技術専門学校東京校校長の中原英臣氏(感染症学)は言う。

「政府は2月下旬にもワクチン接種を開始するとしていますが、感染力の強い変異ウイルスにワクチンや抗体が効かないとなれば、ただでさえリスクと隣り合わせの接種をためらう動きは、ますます広がるのではないか。

水際対策に失敗した英国型の市中感染は止めようがありません。南ア型とブラジル型については、神のみぞ知る。命がけで食い止めないと急速に拡散し、大混乱に陥りかねません」。

■12月の外国人入国は7万人。

政府の水際対策はデタラメ続き。東京五輪開催に政権延命をかける菅首相は、海外との往来緩和に前のめり。昨年10月から例外を広げる形で出入国制限を緩めてきた。出入国在留管理庁が自民党外交部会に提出した資料によると、昨年4~12月の外国人入国者数(速報値)は約23万5000人。5月は4000人台まで減少したが、11月が約6万6000人、12月は約7万人に急増した。

英国が変異ウイルス確認を発表したのが先月14日(現地時間)。英国からの入国を拒否したのは同24日。さらに4日後の同28日に対象を全世界に広げたものの、中韓など11カ国・地域とのビジネス往来を止めたのは今月14日だ。

この間、空港検疫で12月25日に英国型、同28日に南ア型、今月10日にブラジル型の流入を確認。今月18日には静岡県内で英国型の市中感染が判明し、22日は都内でも確認された。

緊急事態宣言の解除は、もはや夢物語だ。

朝日新聞。
新型コロナウイルスの自宅療養中に緊急事態宣言が出ている11都府県のうち7都府県で18人が死亡していたことがわかった。このうち東京都で7人の死が公表されたのは、いずれも今月のことだ。糖尿病だった80代男性は症状がなかったが15日に陽性とわかり、17日に亡くなった。都の担当者は「共通するのは数時間で急変してしまうということだ」と話す。

京都府でも年末以降、2人の死がわかっている。80代女性は昨年12月25日に陽性がわかり、入院調整中の12月末に死亡した。当初の症状は軽かったが、持病があったという。

次々に判明する自宅死の背景にあるのは、陽性者が急増し、病院の受け入れが限界に達していることだ。

関係者によると、都内では自宅からの救急搬送依頼が増加。「急変した」「不安だ」と、1日に20件超の搬送要請があるという。中には、心肺停止状態で発見され、搬送後に死亡が確認された人もいる。

昨年12月の都内の新型コロナ感染者の搬送は300件超だったが、1月は16日までの集計で600件を超す。約8割が自宅からの搬送で、何回病院に連絡をしても搬送先が決まらず、中には搬送先の決定まで12時間かかったケースもある。保健所や医師と相談して搬送を断念するケースも200件以上あるという。

愛知県も深刻だ。名古屋市で入院調整に携わる名古屋掖済会病院の北川喜己救命救急センター長によると、昨年12月中旬からベッドが埋まり始め、今は、毎日数十人の患者の入院先が決まらない。高齢者で血中の酸素量の目安となる酸素飽和度が下がっている患者や、透析が必要など持病がある患者も入院できない状態だという。

同病院では、5~6件断られた後に、遠方から発熱患者が搬送されてくることも増えている。北川センター長は「こんなことは今までなかった。異常な状態」と話す。

【ロンドン共同】米モデルナが開発した新型コロナのワクチンをスウェーデンの薬品会社が誤った温度で保管したまま国内で輸送、約千人がそのまま接種を受けていたことが分かった。ロイター通信が22日、報じた。

モデルナ製ワクチンは零下20度で保存する必要があるが、さらに低温で保管。薬品会社は保健当局の初期見解として、こうした状態で輸送されたワクチンが健康上のリスクをもたらすという兆候はないと説明している。

一方、同様の状態で保管された未使用のワクチンに効果があるのかどうかや、既に接種した人が新たにやり直す必要があるのか、当局がモデルナ側に問い合わせているという。

日刊ゲンダイデジタル。
担当大臣を新設したものの、暴走・迷走が止まらない。早くもワクチン接種事業に暗雲だ。

新型コロナウイルスのワクチン供給をめぐり、厚労省の発表に基づいて「一般国民への接種開始時期は5月ごろ」と報道したメディアに対し、自身のツイッターで「デタラメ」と噛みついた河野担当相。こんどは官邸とも説明が食い違うドタバタぶりを見せた。

坂井官房副長官は21日の会見で「今年6月までにすべての国民に必要なワクチン確保を見込んでいる」と発言。これは菅首相の従来の説明を踏襲したものだが、河野大臣は22日午前の会見で、「供給スケジュールは決まっていない」として、坂井官房副長官の発言を削除すると勝手に発表した。「情報の齟齬があった」というのだ。

すると、坂井氏は午後の会見で自分の発言が正しいと主張。「齟齬は生じていない」「発言は撤回しない」と譲らず、政府内の要職者2人がワクチン供給でさや当てを演じる異例の展開になっている。

■供給スケジュールも白紙に 「坂井副長官も河野大臣も事前の根回しができず、調整力がまったくないタイプ。円滑に進めるためには担当者間の意思疎通や情報共有が必須なのに、この2人がワクチン事業の当事者では、先が思いやられます」(自民党ベテラン議員)。

22日の参院代表質問でも、野党から「河野大臣は自他共に認める令和の壊し屋だ。大規模なワクチン接種に求められる周到な事前調整とコンセンサスづくり、つまり根回しは最も苦手とお見受けしますが……」と心配される始末だった。

菅首相は「ワクチン接種にあたっては、発信力のある河野大臣が適任」とか言っていたが、ツイッターで一方的に噛みついたり、事前の擦り合わせもなく官邸側の発言を削除するような独善的なやり方では、現場は混乱するだけだろう。

もっとも、ワクチン事業に暗雲が垂れ込めているのは、河野大臣の暴走と政府内の齟齬だけが理由ではない。

政府は米ファイザー社との間で「ワクチン6000万人分を今年6月末までに供給」を約束したと言ってきたが、20日に田村厚労相が発表した正式契約の内容は「7200万人分を年内に」となっていた。半年も後ろにズレ込んでしまい、「全国民分を6月まで」の基本方針を事実上、撤回せざるを得ない状況なのだ。

河野大臣が暴走しているのも、ワクチン供給が予定通り進まないことが分かった焦りの裏返しなのかもしれない。配布が遅れに遅れたアベノマスクの二の舞いにならないことを願うばかりだ。

(CNN) トランプ前政権から引き継ぐべき新型コロナウイルスのワクチン分配計画が何もない状態が判明し、バイデン大統領率いる新政権がいちから築き上げる手間を強いられていることが23日までにわかった。

関係筋がCNNに明らかにした。トランプ政権の「全くの無能ぶりを裏付けるさらなる材料だった」などと振り返った。

バイデン新政権はコロナ禍の苦境を改善し、米国民へのワクチン投与を飛躍的に加速させることを公約。しかし、新政権の新型コロナ対策の作成の経緯を直接知り得る立場にある関係筋によると、バイデン氏の就任直後の数時間内にトランプ政権下では分配計画がほとんど存在していなかった事実が突きつけられたという。

政権移行期間で新政権が受けた最大の衝撃の1つだったと指摘した。米国内では数週間前、多くのワクチンの使用が既に承認されていた。

バイデン氏は感染拡大を鈍らせ、就任後の最初の100日間で1億回分のワクチン接種を実現させることを最優先の政策課題と主張。

CNNは以前、新型コロナに関する新政権の最も緊急な懸念事項は可能なワクチン供給の問題、連邦政府と地方政府の協力態勢、地方政府に必要な資金繰り、人員確保や他の資源の調達と伝えていた。新政権はまた、変異型ウイルスの出現を警戒しているともした。

関西テレビ。
「感染対策の切り札」とも期待される新型コロナウイルスのワクチン。 接種に向けて、関西の自治体は対応を急いでいますが、不安の声も上がっています。

兵庫県は、新型コロナウイルスのワクチン接種を円滑に進めていくために「ワクチン対策課」の設置を決めました。 兵庫県では、県内に約16万人いるとされる医療従事者の接種は県が行い、住民への接種は市や町で行うため、ワクチン対策課は自治体間の調整などを行うということです。

【井戸知事】 「県は独自の対応と市町との連携が非常に重要ですし、国との調整の役割も、ワクチンの提供実施は国ですのでしっかりフォローしていく必要があリます」。

一方、京都府も、ワクチン接種を調整する会議を設置。 市町村の担当者からは、不安の声が相次ぎました。

【井手町担当者】 「ワクチンの性質上、短期集中で接種することが前提になっておりますので、ドクター・ナースの確保がかなり厳しい状況にございます」。

【綾部市担当者】 「週に1000人実施すると考えても、今の感じでは半年以上かかるような試算になります」。

【宇治市担当者】 「(ワクチンの)配送の仕方とかについて、何か計画等はあるのでしょうか?」。

【京都府担当者】 「ディープフリーザがある病院までは、メーカーが責任をもって運ぶことが示されてるんですけど、そのあとの枝葉の物流が示されていない状況でして、国の通知で判断するには、もらった病院が届けるか、打つ病院がもらいに来るかっていう二通りしかなくて…」。

2月末にも始まるワクチン接種ですが課題が山積みです。

“哀しみのワクチン「正式契約は3日前です」” への35件の返信

  1. ピンバック: tinderentrar.com
  2. Magnificent goods from you, man. I have understand your stuff previous to
    and you’re just extremely magnificent. I really like what you’ve acquired
    here, really like what you are saying and the way in which you say it.

    You make it entertaining and you still take care
    of to keep it smart. I can not wait to read much more from you.
    This is really a great site.

  3. This design is wicked! You obviously know how to keep a reader amused.
    Between your wit and your videos, I was almost moved to start my own blog (well, almost…HaHa!) Fantastic job.
    I really loved what you had to say, and more than that, how you presented it.
    Too cool!

  4. My brother recommended I would possibly like this web site.

    He used to be entirely right. This post truly made my
    day. You cann’t imagine simply how a lot time I
    had spent for this info! Thank you!

  5. Howdy! Quick question that’s completely off topic.
    Do you know how to make your site mobile friendly?
    My site looks weird when browsing from my apple iphone.

    I’m trying to find a template or plugin that might be able to resolve this problem.
    If you have any suggestions, please share. Thanks!

  6. ピンバック: gay dating orlando

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です