ヘッジファンド大暴落・日本株式市場のドラゴンキング

ヘッジファンド大暴落・日本株式市場のドラゴンキング
コモディティ商品とはFX・仮想通貨・ノックアウトオプション等の博打商品。
ヘッジファンドも博打を繰り返した挙句、成績がマイナス転落している。
世界にはヘッジファンドが2000社以上ある。
勝ち組はアメリカのパッシブ運用のビッグ3(ブラックロック・バンガード・ステートストリート)だけである。
ヘッジファンド全体は昨年から負け続けている。
ヘッジファンド全体の19年8月のパフォーマンスはマイナス0・45%。
ヘッジファンドは投資家に「自己責任」を強いる。
ヘッジファンドが勝ったら報酬は儲けの30%を獲る、ヘッジファンドが負けたら投資家の「自己責任」で責任は取らない。
ヘッジファンドにマイナス成績など許されない。
負け続けるヘッジファンドは投資家の解約が続出し、資金は流出し続ける。
今年に入ってから、ヘッジファンドの7兆円の資金を投資家が解約している。
現在のヘッジファンドの動き。
米中貿易戦争でトランプのツイートで値崩れする中国市場からは完全に撤退している。
日本は昨年から今年にかけて、売り越されている。
ヘッジファンドにとり、日本の企業は成長が見込めず、企業の株は旨味がない。
アベノミクス発動後、2013年はヘッジファンド全体の資金の10%が日本に投入されていた。
2017年末から2018年3月末にかけてレイダリオのブリッジウォーターアソシエーツに空売りを仕掛けられ、日本の個人投資家は大損し、株価も下落した。
他のヘッジファンドもレイダリオに従って行動を共にした。
今、日本はヘッジファンド全体の2%しか運用されていない。
ブレグジット・ドイツ銀行破綻・中東情勢。
地政学リスクを恐れて新興国からもヘッジファンドの資金は引き揚げられている。
黒田東彦のETF買いも1年6兆円までと上限がある。
今、日銀のスタンスは「危なくなったら買い支える」である。
個人投資家も高掴みを避け、底値で買おうとしている。
金融市場の5頭目のクジラ「コーポレートガバナンスコード自社株買い」がやっと発動しだした。
自社株が下落したら自社で買い増す。
日本国内で日経平均株価を、何とか支えている現状である。
「大きく上昇しないが、底値も堅い。」ように見えている。
ブラックスワンとは「あまりにも標準からかけ離れているため、人はその可能性をまともに問うこともしない」「そもそも予測不可能であり、いったん現れると全てを変えてしまう。」。
物理学に裏打ちされた金融市場の大暴落がブラックスワンである。
グローバル経済で、ブラックスワンはドラゴンキングへと成長している。
儲からないヘッジファンドが世界の金融市場でドラゴンキングの棲み処を探す。
アベノミクス相場にたどり着く。
ヘッジファンドも機関投資家も個人投資家も日本株式市場の暴落に賭けている。
ヘッジファンドは裁定取引を行う。
日経先物を空売りし、日経225を買う。
裁定売りである。
裁定売り残が9月に入って2兆円を突破した。
個人投資家は信用取引をレバレッジを効かせて行う。
信用売り残は1兆2900億円。
売り残が日本に溜まっている様に見える。
裁定取引も信用取引も、裁定解消・利益確定する必要がある。
借りた株を買い戻して返却する期限が決まっている。
皮肉なことに「みんなが暴落に賭けている時は暴落しない」過去の金融経済で「暴落でみんなが儲かった」という歴史は存在しない。
ドラゴンキングは日本の株式市場に身を潜めている。
ソフトバンク・みずほ銀行・三井住友銀行。
農林中央金庫・JAバンク。
ゆうちょ銀行・GPIF。
どこかが破綻するとドラゴンキングは姿を現す。
売り残が溜まったと、うかうかと日経平均株を吊り上げていると。
レイダリオ・ジョージソロスのような超攻撃的マネージャーのヘッジファンドに、また攻め込まれる。
地政学リスクも大渋滞している。
安倍晋三、今が株式市場から年金積立金を取り戻しておくチャンスである。
チャンスの女神には前髪しかない。

“ヘッジファンド大暴落・日本株式市場のドラゴンキング” への18件の返信

  1. ピンバック: keto scones
  2. Hey! I could have sworn I’ve been to this blog before but after reading through some
    of the post I realized it’s new to me. Anyways, I’m definitely
    glad I found it and I’ll be bookmarking and checking back often!

  3. ピンバック: dating sites for gay singles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です