トランプ流ダーティネガティブキャンペーンに勝てる候補

BBCニュース。
米上院は13日、ドナルド・トランプ大統領が議会の承認なしにイランと交戦することを制限する決議案を可決した。与党・共和党の議員からも賛成票が投じられた。
「イラン交戦権決議案」は、トランプ氏に対し、イランへの軍事行動の指令を出す前に議会に相談するよう義務付ける内容。
トランプ氏は投票を前に、決議案はアメリカのイランに対する安全を損なうものだと警告を発した。
しかし決議案は、賛成55、反対45で可決された。
同様の決議案は、下院でも1月に可決されている。トランプ氏の命令で米軍が、イラン革命防衛隊のカセム・ソレイマニ将軍を殺害したのを受けて起案された。
トランプ氏はこの決議案に対し、拒否権を発動するとみられる。
■共和8議員が造反。
上院は共和党が多数派だが、この日の採決では同党の8議員が造反した。
トランプ氏は採決前日の12日、「我々の国の安全にとって、米上院がイラン交戦権決議案に賛成の投票をしないことが非常に重要だ」とツイートした。
さらに、「イランとはとてもうまくやっていて、今は弱さを示す時ではない(中略)私の身動きが制限されれば、イランはやりたい放題やるだろう。非常に悪いサインを送る。民主党はただ共和党に恥をかかせようとしてこれをやっている」と続けた。
■「防御は妨げない」。
決議案はトランプ氏に対し、議会が戦争を宣言するか、特定の軍事行動を認める決議案を可決しない限り、イランと交戦している軍部隊を撤退させるよう義務付けている。
同時に、「差し迫った攻撃に対するアメリカの防御を妨げると解釈される」ものではないとしている。
決議案の採決の前には米海軍が、イランの設計、製造とみられる武器をアラビア海上の帆船から押収したと発表した。
声明によると、米ミサイル巡洋艦ノルマンディーは、イラン製の対戦車誘導ミサイル150個と、地対空ミサイル3個、サーモスコープ、無人の飛行物や水上艦の部品などを押収したという。
■議員らから賛否の声。
決議案を共同提出した民主党のティム・ケイン上院議員(ヴァージニア州)は、「我々が軍の若者に対し戦争で命と健康をかけるよう命じるとしたら、それは慎重な検討に基づいたものであるべきだ」と述べ、可決を喜んだ。
一方、共和党のロジャー・ウィッカー上院議員(ミシシッピー州)はツイッターで、「現在の重大な時期に大統領が必要なのは、素早く対応する力であり、議会に細かく管理されることではない」と述べた。
同じ共和党のマイク・リー上院議員(ユタ州)は、決議案の共同提出者に名を連ねた。リー氏は、「私にとっては、これは外交政策を担うトランプ大統領への支持だ。アメリカがあまりに容易に、あまりに素早く、憲法に違反した方法でいかなる戦争にも関与しないように努めているトランプ氏への支持だ」と話した。
■アメリカとイランの対立関係。
米軍が先月、イラン革命防衛隊のソレイマニ将軍を暗殺したことで、両国が全面戦争に突入する危険性が急激に高まった。
イランはイラクの米軍基地を報復攻撃。米軍関係者109人が脳に損傷を負った。
両国の対立関係は、1979年のイラン革命と、イラン米大使館人質事件にさかのぼる。
2015年にはイラン核合意が結ばれ関係改善のきざしが見えたが、トランプ氏は2018年にこの合意から離脱。イランへの経済制裁を再開した。
BBCニュース。
ウィリアム・バー米司法長官は13日、ドナルド・トランプ大統領のツイートについて、「私が仕事をするのを不可能に」していると、米放送局ABCのインタビューで批判した。
バー氏がトランプ氏に不快感を示すのは珍しい。
バー氏はインタビューで、「司法省の刑事事件についてツイートするのをやめる時だと思う」と発言。
「常に背後のコメントが私を妨害している状況では、司法省で仕事ができない」と付け加えた。
司法省は11日、トランプ氏の盟友で偽証罪などで有罪となったロジャー・ストーン被告に関して、禁固7~9年としていた求刑を軽減する考えを表明。
この方針転換は、トランプ氏が当初の求刑に対して「ひどくてとても不公平な状況だ」とツイートした後に示されたことから、同省の姿勢が厳しく問われている。
ストーン被告の事件を扱っていた検察官4人は11日、そろって担当を辞退。バー氏に対しては、トランプ氏の圧力に屈したとの非難が出ている。
トランプ氏は12日、バー氏について、ストーン被告の事件の「担当についた」としてツイッターで称賛した。
■「誰にも脅迫も影響もされない」。
バー氏はABCのインタビューで、トランプ氏が「刑事事件において私に指示したことは一度もない」と主張。しかし、継続中の事件に関するトランプ氏のツイートは、「私が仕事をするのを不可能に」していると述べた。
また、「正しい判断と思っていることを続けるのか、ツイートを理由に引き下がるのか?  それがまさに、これらのツイートがどれほど破壊的になり得るのかを、ある意味示している」と話した。
さらに、「私は誰にも脅迫されたり影響されたりしない(中略)議会だろうと新聞の論説委員会だろうと大統領だろうと」と主張。
「彼(トランプ氏)が反応してくれることを望む」と述べ、トランプ氏がバー氏の発言を尊重することへの期待を表明した。
■「耳を傾けるべき」。
バー氏は昨年2月に司法長官に任命された。トランプ氏と緊張関係にあった前任のジェフ・セッションズ氏とは対照的に、トランプ氏の側近の1人とみられている。
共和党のミッチ・マコーネル上院院内総務は、トランプ氏はバー氏の言葉に耳を傾けるべきだと述べた。
マコネル氏は米放送局フォックスニュースに、「司法長官が仕事の邪魔になると言うなら、大統領は長官の言うことを聞くべきだ」と話した。
上院も司法省もトランプの行動を制限しようとする。
暴走・思い付き・独善しかないトランプの政治手法は、アメリカの真面目な政治機関にとり、邪魔でしかない。
アメリカ国民は熱しやすく冷めやすい。
9・11後にブッシュがテロとの闘いを標榜してアフガニスタンに攻め込めば、支持率は跳ね上がる。
半年もすればジョンレノン「イマジン」など流しながら、厭戦気分が社会を覆う。
トランプ政権誕生直後の「トランプアレルギー」「反トランプ」「トランプがアメリカ分断する」の大衆の声は、今、聴こえなくなっている。
トランプを再選させてはならない。
トランプ一人で中東を緊迫化させ、紛争・戦闘を激化させる。
タリフマンを自称して関税を引き上げるだけの保護貿易政策を採り、アメリカ経済に打撃を与える。
FRBが真っ青になっている「金融システムの崩壊」に気づきもせず、「かくれQE4マネー」で株価が上がれば、手柄顔で自慢話にする。
国内情勢認識・世界情勢認識・歴史認識が成っていない赤い猿である。
ホワイトハウスの玉座に座れる人物ではない。
今、トランプは民主党のアイオワ・ニューハンプシャーでのグダグダな予備選挙をツイートでこき下す。
ブティジェッジを「小さな田舎町の政治経験しかない候補」とこき下す。
自身はテレビのリアリティーショーの司会者でしかなかった。
大統領選の序盤からネガティブキャンペーンに持ち込もうとするトランプの選挙戦略。
ツイッターで対戦相手を見下して馬鹿呼ばわりする戦略。
歴史の浅い国・アメリカの伝統は「多様性を受け入れる」保守性である。
トランプに熱狂するオルタナティブ右翼は「差別・偏見・排除」が大好きである。
ブティジェッジは同性愛者を公表している。
トランプのツィッターが「ゲイ・ちび・ホモセクシャル」の差別に及べばオルタナ右翼は大喜びするだろう。
しかし。
多くのアメリカ国民は眉を顰める可能性がある。
トランプが「岩盤支持層」に媚を売れば、トランプの共和党への票が、泥船の民主党に流れる可能性がある。
政策論では「格差の解消」に取り組もうとするエリザベスウォーレンが望ましい。
予備選挙の投票数を眺めると、民主党党員も「トランプに勝てる候補を選ぶ」の一点に集中しているようだ。
ブティジェッジが民主党代表でも構わない。
赤い猿トランプが武器にしてきたツイッターで、トランプが大きく躓く姿を見てみたい。
「トランプ圧勝」の筋書きで進んできた大統領選挙が、ブティジェッジが新風を巻き起こすことで潮目が変わる瞬間を見てみたい。
クーリエ。
米大統領選の民主党指名候補争いの初戦、アイオワ州党員集会を制したのは、ほんの半年前まで無名だった最年少候補、ピート・ブティジェッジ(38)だ。
インディアナ州サウスベンド前市長のブティジェッジが、得票率26.2%で首位。サンダース上院議員は僅差の26.1%で2位、続くウォーレン上院議員とバイデン前副大統領はそれぞれ18%と15.8%に終わった。
混戦が予想されていたとはいえ、直前の支持率調査ではブティジェッジは、サンダースとバイデンに次いで3位だった。その彼が躍進して勝利を手にし、全米規模で人気も知名度も高いバイデンが4位に終わったのは、大きなサプライズだった。
米大統領選アイオワで大金星、ピート・ブティジェッジってどんな人?
米史上最年少かつゲイを公表した大統領に?
ブティジェッジは1982年サウスベンド生まれの38歳。いずれも70歳超えの高齢者であるサンダース、バイデン、ウォーレンに比べて、若さとフレッシュさが際立っている。ただ、若いゆえに政治経験が浅い。人口約10万人の田舎町の市長を2期務めただけで、国政はおろか州政に携わったこともない。
政界に入る前は、いわゆるエリート街道まっしぐらだった。ハーバード大学卒業後、ローズ奨学金を得てオックスフォード大学に留学。卒業後は世界屈指のコンサルティング企業マッキンゼー・アンド・カンパニーに就職した。
だがマッキンゼーは約3年で辞め、故郷サウスベンドに戻り、29歳で市長に就任。この市長時代に7ヵ月間、情報要員としてアフガニスタンに従軍した。
市長2期目を目指した再選キャンペーン中の2015年、33歳のときにゲイであることを公表した。カミングアウトするのは遅かったが、「彼の内にあった葛藤を捨ててからは、すべてをオープンにした」(米紙ワシントン・ポスト)。
2018年6月、デートアプリで知り合った中学校教師のチェイスティン・グレズマンと結婚。その様子をYouTubeでライブ配信した。
もしブティジェッジが大統領になれば、米史上最年少かつ同性愛者であることを公表した初の大統領誕生となる。
その後のレースを左右するとされる重要州アイオワで、ブティジェッジが勝った意味は大きい。2月11日のニューハンプシャー州予備選は、隣のバーモント州が地元であるサンダースが優位と伝えられているが、アイオワの勢いそのままにブティジェッジの善戦が予想される。
追い風に乗るブティジェッジの“アキレス腱”は、黒人票だ。「ワシントン・ポスト」紙が行った直近の全米規模の世論調査では、黒人有権者の間でブティジェッジの支持率はわずか2%。黒人コミュニティは民主党の支持基盤であり、これほど低い支持率で「指名候補になれた人物はいない」と、ポストは指摘する。
「ニューヨーク・タイムズ」紙も1月末、ブティジェッジの選挙陣営で働く黒人やヒスパニック系のスタッフが不満を抱えていると報じた。陣営は「多様性の目標数値達成のために有色人種を雇っている」が、彼らの提案や声は、白人が多くを占める幹部スタッフから軽視されているという。
アイオワもニューハンプシャーも住民の90%が白人だ。予備選序盤戦でブティジェッジの前に大きな壁が立ちはだかるのは、黒人の有権者が多い南部サウスカロライナ州(2月29日)だろう。
【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領(73)は政敵を中傷するあだ名をつけるのが好きだが、米大統領選に向けた民主党指名候補争いで勢いに乗るピート・ブティジェッジ(Pete Buttigieg)氏(38)については、うまいあだ名をまだつけられていない。「ピート市長」とでも呼ぶのだろうか。
トランプ氏はツイッター(Twitter)への投稿で、民主党指名候補争いの有力候補らをたびたびあだ名で呼んで攻撃している。バーニー・サンダース(Bernie Sanders)上院議員は「クレージー・バーニー」。ジョー・バイデン(Joe Biden)前副大統領は「スリーピー・ジョー」。マイケル・ブルームバーグ(Michael Bloomberg)前ニューヨーク市長は「ミニ・マイク」。エリザベス・ウォーレン(Elizabeth Warren)上院議員は「ポカホンタス(先住民女性の名前)」といった具合だ。
しかし、有力候補として急速に支持を伸ばしているにもかかわらず、ブティジェッジ氏に対する攻撃は驚くほど少ない。
11日に投開票されたニューハンプシャー州予備選ではサンダース氏が勝利したが、ブティジェッジ氏は僅差で2位につけた。トランプ氏はその後、「Bootedgeedge(原文ママ、Buttigieg) は今夜、かなり善戦している。クレージー・バーニー相手に健闘している。とても面白い!」とツイートした。
プリンストン大学(Princeton University)のジュリアン・ゼライザー(Julian Zelizer)教授(政治史)は、ブティジェッジ氏がさらに支持を伸ばせば、すぐさまトランプ氏の攻撃の本格的な対象になるのは間違いないと指摘する。
ゼライザー氏は、「トランプ氏は脅威を感じたときはいつでも、その脅威を攻撃する。これが激しくなると、観察してから攻撃を解き放つ」と説明した。
■どの角度から?
どの線から攻撃するか? ブティジェッジ氏の発音しにくい名字だろうか?
穏健派のブティジェッジ氏は自分の名字に関するジョークを飛ばし、ユーモアのあるやり方で有権者に発音の仕方を覚えてもらおうとしたことがあり、名字を攻撃する作戦の効果は薄い。
ではブティジェッジ氏が比較的経験が浅いことをからかうだろうか?なんといってもブティジェッジ氏が市長を務めていたのは人口10万人のインディアナ州サウスベンド(South Bend)で、世界一の経済大国米国ではないのだから。
ブティジェッジ氏は政治経験の不足に対する批判を、アフガニスタンへの従軍経験を挙げることで切り捨てている。「誤字だらけのツイートなんかよりはるかにひどい『飛来物』(銃弾)を見てきた」とコメントし、トランプ氏がソーシャルメディア上で時々やっているスペルミスをやゆした。
ならばブティジェッジ氏の性的指向を攻撃するか? ブティジェッジ氏は二大政党の指名を勝ち取る可能性がある候補では初めて、同性愛者であることを公表している。
ゼライザー教授は、「大統領は限度というものを知らない」とした上で、ブティジェッジ氏が同性愛者である点を攻撃すれば「反発を招く可能性がある。もっとも大統領は(共和)党内からの反発を一切受けることなく、こうした限度をしばしば超えているが」と語った。
バージニア大学(University of Virginia)のラリー・サバト(Larry Sabato)教授(政治学)は、ブティジェッジ氏が民主党の指名を獲得した場合、「彼の同性婚に関する問題は間違いなく攻撃の的になる。しかしそうなったとしても、トランプ氏はそうした汚れ仕事をキリスト教福音派の指導者らに任せばいい」との見解を示した。
自身が退場させた「クルックド・ヒラリー(悪党ヒラリー)」ことヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)元国務長官を含め、大勢の政敵がいることを得意がっているトランプ氏にとって、ブティジェッジ氏にふさわしいあだ名を付けられないことは、やがて悩みの種になるかもしれない。
トランプ氏は昨年、ブティジェッジ氏を風刺雑誌「マッド(Mad)」の表紙を飾っていたマスコットキャラクター、アルフレッド・E・ニューマン(Alfred E. Neuman)になぞらえたが、大失敗に終わった。
独特の笑顔や突き出た耳で知られるニューマンは、ブティジェッジ氏によく似ていたが、マッドはずっと昔に世間から忘れ去られていた。
ブティジェッジ氏は、「正直に言えば、(ニューマンについて)グーグル(Google)で検索しなければならなかった」「世代的なものだろう。何のことか分からなかった」とコメントした。
ニューズウィーク。
<米大統領選の民主党予備選で、38歳のピート・ブティジェッジが大躍進。初戦のアイオワ州で勝利、次のニューハンプシャー州で僅差で2位に躍り出たブティジェッジは、なぜ勝つことができたのか。ブティジェッジの友人であるサム・ポトリッキオ教授が明かす、「ピート大躍進の秘訣」>。
アイオワ州党員集会が行われた翌朝、滞在先の東ヨーロッパで目覚めると、大量の電子メールが届いていた。メールを送ってきた人たちは私を「政治の賢者」「予言者」などと呼び、中にはどの会社の株を買えばいいか教えてくれという人までいた。
11月の米大統領選に向けた民主党候補者指名レースの初戦である2月3日のアイオワ州党員集会では、ピート・ブティジェッジが首位になった(集計の混乱により再集計が行われる可能性があるが)。これは大方の予想を覆す結果だったが、私は1年以上前から、次の大統領はブティジェッジだと公言していたのだ。
といっても、ブティジェッジはまだ40歳にもなっておらず、インディアナ州サウスベンドという人口10万人余りの小さな都市の市長にすぎなかった。そんな人物が次期大統領の有力候補だと主張しても、最初は笑われただけだった。
当時は世論調査でもほとんど名前が挙がらず、支持率が1%に達していた州は一つもなかった。その時点で、どうして躍進を予測できたのか。株式投資になぞらえて言えば、私はインサイダー情報を持っていたのだ。
8年以上前、私はあるシンポジウムに出席したとき、サウスベンド市長に就任したばかりのピートと知り合った。紹介してくれたリチャード・ルーガー上院議員(当時)いわく、途轍もない才能の持ち主だとのことだった。
実際、パネルディスカッションで市政について語るのを見て、私は確信した。これほど才能豊かな政治家には今まで会ったことがない、と。それ以来、私は彼と連絡を取り合い、大学で担当しているリーダーシッププログラムに講師として招こうとしてきた。リーダーを目指す学生たちにとって絶好のお手本になると思ったからだ。
6年前には、私が司会を務めたパネルディスカッションに登壇したことがある。このとき、今回のアイオワ州党員集会で番狂わせを起こせた要因が既に見て取れた。コンサルティング大手のマッキンゼーで働いた経験を持つピートは、アメリカ政治史上で誰よりもデータの使い方に精通した政治家と言っても過言でない。
データを活用して問題を解決することが楽しくて仕方ないらしい。6年前のパネルディスカッションでも、データを駆使して救急車の到着時間を早めたり、下水道の効率性を高めたりする話をしているときは文字どおり目が輝いていた。
アイオワ州党員集会に向けた選挙戦でも、データを徹底的に活用した。アイオワ州の民主党党員集会に参加する有権者は、最初に支持を表明した候補者が自分の地区で15%未満の支持しか得られなければ、支持表明をやり直す仕組みになっている。
最初の支持表明の段階でバーニー・サンダース上院議員に大きく水をあけられていたピートが最終的にトップに躍り出たのは、巧みな戦略により幅広い層の有権者にアピールし、1回目で15%取れなそうな候補者の支持層に「2番目に好ましい候補者」と思ってもらえたからだ。卓越したデータ活用力のおかげで、最年少候補者がベテラン政治家のサンダースらを退けることができたのである。
「データの天才」がこのまま快進撃を続けて、民主党大統領候補の座を手にするのか。それとも、民主党員たちは、小さな都市の市長を務めたにすぎず、まだ30代と若く、同性愛者であることを公表している人物をトランプ大統領への挑戦者として指名することに尻込みし始めるのか。
これから60日間、民主党候補者指名レースから目が離せない。ピートがデータでどのような成果を上げるか楽しみだ。

“トランプ流ダーティネガティブキャンペーンに勝てる候補” への129件の返信

  1. ピンバック: keto list of foods
  2. I’m very pleased to discover this website. I need to to thank you for
    your time just for this fantastic read!! I definitely appreciated every
    part of it and I have you book-marked to check out new stuff on your blog.

  3. That is a good tip particularly to those fresh to the blogosphere.
    Brief but very accurate info… Thank you for sharing this one.
    A must read post!

  4. Good day! I just would like to offer you a big thumbs up for your great information you have got here on this post.
    I am returning to your blog for more soon.

  5. Heya i am for the first time here. I found this board
    and I find It truly useful & it helped me out much.
    I hope to give something back and help others like you helped me.

  6. ピンバック: gay dating sites android

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。