トランプ夫妻新型コロナ感染・fakeニュースでっちあげだろう

日本の新型コロナ差別は官製差別である。
新型コロナの感染集積地エピセンターが産まれると、周囲に無数の集団感染クラスターが発生する。5月22日、緊急事態宣言が解除された直後、東京の夜の街で再感染が拡大し始めた。当初は1日40人台が数日続き、間もなく1日100人超えとなり、700人を越える日に到達する。こうなると、個々の集団感染クラスターを責めても何にもならない。責められるべきは、夜の街が感染集積地エピセンターと化す過程を傍観していた都知事・政府である。

夜の街、歌舞伎町・渋谷・池袋の感染集積地エピセンターを潰さないから、夜の街感染集積地周辺に無数の集団感染クラスターが発生する。病院・高齢者介護施設・大学・保育園・カラオケ屋・劇場などに発生する。

感染症対策は国家責任である。夜の街が感染集積地エピセンター化した時点で強権発動して良かった。ホストクラブ・キャバクラ・風俗店・ラウンジ・バーなどの従業員・客を一斉検査し、陽性患者は一斉隔離治療を施す。IT技術の活用。夜の街の店看板にQRコードを掲示させる。客のスマホにもQRコードを表示させ、客は看板にQRコードをかざす。店が集団感染クラスターを発生させれば、看板のQRコードを真っ赤に染め、来店した客のスマホQRコードも同時に赤く染まる。オートマティックに連動した接触追跡アプリを開発利用する。

国家・政府の責任で為すべき仕事を果たしていない。感染初期は屋形船・タクシー・ライブハウス・スポーツジム・ラウンジなど名指しで報道していた。感染最盛期には店名・住所は報じない。9月に入って感染予防の不十分な店は店名公表すると恫喝する。

感染集積地エピセンターを国家責任で潰さない。集団感染クラスターを発生させた店は店名公開する。マッチポンプの官製差別である。政府の無為無策による弱い者いじめである。

トランプが新型コロナ陽性となる。夫妻ともコロナ感染する。側近のヒックス広報官からの感染である。fakeニュース・でっちあげだろう。今更、中国の責任を追及して見せても「新型コロナは只の風邪だ」「暖かくなると消えて無くなる」「消毒薬を注射すれば治る」「ヒドロキシクロロキンを服用している」阿保の極みに到達した自身の発言責任は消えない。大統領が新型コロナを楽観視したから、国民も油断した。死亡者が20万人を越えるアメリカの惨状は、トランプの責任である。

3、4日で回復したと、しゃしゃり出てきて「新型コロナなど只の風邪だ」と言い張るパフォーマンスなのだろう。一昨日のテレビ討論でバイデンの発言を妨害し、ガサツに暴言を吐き、政策論争を放棄した姿勢は、赤い猿の面目躍如であった。トランプ支持のアメリカ国民も「こんなアニマルスピリッツが我々の大統領だったのか」と目が覚めたろう。再選困難の苦境・窮地を一発逆転させる方法を狙っているのだろう。

或いは発症を理由に再選レースから逃げる算段だろう。

菅義偉。総理官邸は大丈夫か。「ワクチンは予約した。ワクチン接種は無料とする。ワクチンが届くまで自己責任で感染予防しろ。」国民に自助を強いる。二階俊博のゴーツートラベル、菅義偉のゴーツーイート、利権絡みの事業は断行する。一昨日から、外国人の来日も1日1000人迄で入国緩和する。空港での検疫は既に限界突破しつつある。

菅義偉の頭の中には「経済活動の再開」しか無い。アメリカ・ヨーロッパ・インド・イラン・イスラエル、各国、「経済活動の再開」を急ぎ過ぎて再感染を拡大させている。

そして、菅義偉は検査数を絞る方針である。国内での人の移動を加速させ、海外からも来日を受け入れる。だけど、検査はしない。自殺行為に見える。菅義偉と東京版CDCの真っ向対立が見ものである。

【AFP=時事】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する誤情報の拡散を世界で最も牽引したのはドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領だとする論文が1日、米コーネル大学(Cornell University)の研究チームによって発表された。

コーネル・アライアンス・フォー・サイエンス(Cornell Alliance for Science)の研究チームは、今年1月1日~5月26日に世界の英語の従来型メディアが報じた3800万本の記事を評価。米国、英国、インド、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアフリカ・アジア諸国で報じられた記事を収集するデータベースを使用した。

その結果、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)に関する誤った情報を掲載するか、増幅させたニュース記事は52万2472本に上ることが確認された。

研究チームは記事を、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ(Anthony Fauci)所長を攻撃する陰謀論や新型ウイルスは中国がまいた生物兵器だとする見解など、11の主要なトピックに分類した。  記事の数が圧倒的に多かったトピックは「奇跡的な治療法」で、29万5351本と他の10のトピックの記事の総数を上回った。

研究者らは、トランプ氏の発言が「奇跡的な治療法」に分類される記事の急増を牽引したと分析。トランプ氏が4月下旬の記者会見で、新型ウイルスの治療法として消毒液の注射を提案したことが増加につながったとしている。

研究チームは「米国の大統領が新型コロナウイルス感染症に関する誤情報の『インフォデミック』を最も牽引した人物である可能性が高いとの結論に達した」と述べた。

ニューズウィーク。
<前回選挙とは違い、必死にヤジを繰り返す今回のトランプには焦りと弱さが感じられた>。
今年の米大統領選における第1回テレビ討論は、9月29日(火)夜にオハイオ州クリーブランドのケース・ウェスタン・リザーブ大学で行われました。

それにしても、こんなテレビ討論は前代未聞です。とにかく、トランプ大統領は相手のバイデン元副大統領が発言している途中で、それを遮ったり、罵倒をかぶせて発言を妨害したり、そうした態度に終始したのでした。バイデン候補も同じことをやったという見方もありますが、あれは、打ち返さないとモメンタム(勢い)を奪われるので、対抗上必要最小限の範囲だったと考えられます。

司会のクリス・ウォレス(FOXニュース)が指摘していたように、大統領の姿勢は異常でした。ウォレスは「選対同士の協定で2分間のそれぞれの発言は妨害しない約束だ」として、大統領に何度も注意をしていましたが、最後まで大統領の態度は改まりませんでした。

反対にバイデン候補の方は、心配されていた失言や事実誤認、文脈の混同や沈黙などといった決定的なミスはなく、反論にしても攻撃にしても、かなり有効打を打っていたと思います。また、時折カメラ目線で有権者にストレートに呼び掛けていたのも成功していました。

<中道の立ち位置を明確にしたバイデン>。
まともな政策論の少ない討論でしたが、それでもバイデン候補は「(民主党左派の主張する極端な)グリーン・ニューディールは支持しない」こと、そして「(一部のデモ隊が主張する)警察への予算カットは支持しない」ことを明言し、中道派というポジションを宣言できていた点は評価できます。

一方のトランプ大統領の側からは、3つの問題発言が飛び出していました。仮に現職落選ということになれば、この3つの失言が契機だった……となる、そんな可能性も感じられるものです。

1つ目は、オレゴン州やウィスコンシン州などで人種差別反対派のデモ隊に対抗して活動している「プラウド・ボーイズ」という白人至上主義の極右武装集団についてです。 大統領は彼らを批判するどころか、“Stand back and stand by.“(「後方で備えて攻撃の構えを取れ」という意味)と述べて、デモ隊に対する暴力を挑発するかのような言い方をしていました。問題の極右グループ「プラウド・ボーイズ」は、この大統領の発言に対して、SNSには早速、「狂喜」とでも言えるような書き込みをしています。

<コア支持層には受けるが……>。
2つ目は、大統領選で郵送投票の結果集められた投票用紙を時間をかけて開票する州において、開票期間を「冷静に待てるか?」という司会の質問に対して「大勢で押しかけて(不正がないか)監視する」と述べた部分です。以前から郵送投票は不正の温床だと批判してきた大統領ですが、これでは一部の選管に対して圧力をかけるよう「そそのかし」ていると言われても仕方がありません。

こうした一種の「極右への連帯」や「暴力の挑発」というのは、コア支持者には受けるでしょうが、俗に言う「郊外の女性票」獲得合戦という観点からはマイナスとなる可能性が大きいと思います。「口からでまかせ」が持ち味であるにしても、何とも粗っぽい言動という印象を与えました。

3つ目は、バイデン氏の家族について言及した中で、麻薬中毒患者を罵倒したことです。就任後のトランプ大統領は麻薬取引など「微罪にもかかわらず長期収監されている」服役囚に対して、その釈放運動を支援してきました。犯罪者やその家族という汚名に苦しむ人の中には、その点において大統領の姿勢に光明を感じていた人もあるのですが、今回の発言はその努力を水の泡とする可能性があると思われます。

不規則発言で相手を「ヤジり倒す」というのは、前回2016年にヒラリー・クリントン候補とのテレビ討論でも多用された作戦です。ですが、今回は与えた印象がかなり違いました。前回の「ヒラリーへの罵倒」は、あまりに異例なために、相手を怒らせて感情的にさせるとか、視聴者の一部には目新しさを感じさせるなど、それなりの効果はあったのかもしれません。トランプ本人の態度からも「ダメ元でハチャメチャに行ってみよう」的な開き直りの感覚が見て取れました。

<トランプが感じさせた焦り> 。
ですが、今回の「ノンストップ・ヤジ将軍」というのは、全体的に焦りの色が見え、どちらかと言えば「弱さ」を感じさせるものでした。必死になってヤジを繰り返す姿勢には、脱税疑惑をはじめ、ストレートに答えたくない話題から逃げようという姿勢が感じられたからです。2016年と同様に、バイデン候補を感情的に追い詰めようという計算が感じられる箇所もありましたが、これに対してバイデン候補は終始冷静でした。

いずれにしても、既に郵送投票が始まっている州もあることから、今回のテレビ討論ではこの「第1回」がとても重要とされています。分断が進むアメリカ社会を反映して、討論の勝敗を明言するメディアは少ないのですが、少なくとも今回の討論を見て「新たにトランプ支持に回る」中道票というのは、極めて限られるのではと思われます。

[ワシントン/ロサンゼルス 30日 ロイター] – トランプ米大統領は29日夜に行われた第1回大統領候補者討論会で、白人至上主義で民兵組織の集団を非難するか問われた際、極右グループ「プラウド・ボーイズ」は「下がって待機」するようにと語った。

<プラウド・ボーイズとは>。
プラウド・ボーイズは前回2016年の米大統領選の際に、カナダ・英国系の極右活動家で米国とカナダのバイス・メディア共同創設者であるギャビン・マクインズ氏が設立した。ただ同氏はその後はプラウド・ボーイズから距離を置いている。

米名誉毀損防止同盟(ADL)(ニューヨーク)によると、プラウド・ボーイズは全米の大半の州と外国の一部に支部がある。メンバーは数百人規模と推定される。2018年終盤のニューヨーク市での左派抗議者との衝突をきっかけにメディアに注目された。米国での最近の反黒人差別を訴える抗議活動で生じる騒乱を巡って、再びスポットライトが当たった。

グループは「現代の世界を作り上げたことへの謝罪」を拒否する「西洋優越主義者」の男性のみが会員だと自称。メンバーの人種はばらついているが、女性蔑視、反イスラム、反移民を主張すると過激主義の監視団体は指摘している。 ADLによると、プラウド・ボーイズのメンバーは白人至上主義を露骨には受け入れないものの、白人優越主義的な思想にこだわる傾向がある。昨年はメンバー2人がニューヨーク市で集会後に反ファシストを叫ぶ抗議者と乱闘を起こし、禁錮4年の有罪になった。

<大統領候補討論会で言及されたのはなぜか>。
29日の討論会の司会者クリス・ウォレス氏はトランプ氏に、白人至上主義で民兵組織の集団を非難するか、オレゴン州ポートランドやウィスコンシン州ケノーシャなど全米各地の最近の抗議活動での騒乱から「身を引いて」加わらないよう呼び掛けたいかと尋ねた。

トランプ氏は「もちろんだ」と答えたものの、「一体私に誰を非難してほしいのか」と返答。すかさずバイデン氏が「プラウド・ボーイズだ」と告げた。 これに対するトランプ氏の発言が、プラウド・ボーイズは「下がって待機せよ」だった。もっともトランプ氏はすぐに話題を極左運動「アンティファ」の方に向けた。同氏は最近の抗議活動での騒乱はアンティファのせいだと非難し続けている。

討論会でのこの発言を受け、メッセージングアプリ「テレグラム」上のプラウド・ボーイズのチャンネルでは、自分たちのロゴに「下がって待機せよ」の文言を加えた画像が投稿されたり共有されたりした。 メンバーの1人、ジョー・ギグス氏はソーシャルメディアの「パーラー」で、自分たちが大統領に言及されたことを祝福。「大統領は待機せよとわれわれに伝えた。誰かがアンティファに対処する必要があるからだ。了解、閣下。われわれは準備ができている」と書き込んだ。

トランプ氏は30日、ホワイトハウスで記者団に対し、プラウド・ボーイズについてよく知らないとしつつも、そのグループは米国の法と秩序の執行状況を見守るべきだと述べた。

<最近の抗議活動への関与>。
プラウド・ボーイズはここ数カ月、ポートランドなどの都市での「ブラック・ライブズ・マター」運動のデモ隊らと激しく衝突している。メンバーは集会ではしばしば黒と黄色のポロシャツを着用、防護装備をつけ、拳銃やペイントボール銃、野球のバットなどで武装している。

ポートランドでの26日の同グループ集会の前には、ブラウン州知事(民主党)が騒乱で市民の生命が脅かされる危険があるとして緊急事態を宣言した。この集会には何百人ものプラウド・ボーイズ支持者が参加した。

<プラウド・ボーイズはヘイト団体か>。
反ヘイト団体の南部貧困法センター(SPLC)は2018年、プラウド・ボーイズをヘイトグループと認定した。プラウド・ボーイズ共同創設者のマクインズ氏はこれに対し19年2月、SPLCが「意図的にうそをつき」、自分の評判を損なおうとしているとして提訴した。裁判は続いている。双方の弁護士はコメント要請に返答していない。 ブラウン知事は30日にツイッターでプラウド・ボーイズを批判した。「はっきりさせておこう。プラウド・ボーイズは白人至上主義者たちだ」。さらに「人種差別とヘイトは愛国心の形ではない」とも投稿した。

“トランプ夫妻新型コロナ感染・fakeニュースでっちあげだろう” への107件の返信

  1. ピンバック: is tinder safe dates real
  2. ピンバック: christian online dating free
  3. ピンバック: keto drinks
  4. Thank you, I have just been looking for information about this subject
    for a long time and yours is the best I have found out so far.

    But, what about the conclusion? Are you sure about the supply?

  5. We spent a lot of time at her home. Maybe so her mother could keep an eye on us. Mrs. Spencer made sure to be around, offering drinks, snacks, chit chat. I noticed that she was fairly young herself. Granted at my age, anyone over 25 was old, but she was probably mid-30s, divorced. If she was a indiction of how Carley would develop, maybe I should wait. Mrs. Spencer had fuller breasts and a nice butt. She appeared to be in great shape for her “advanced” age. I knew she was keeping an eye on me as much as I was on her and her younger daughter. Her eldest, Sharon was away at college at the time. With Mrs. Spencer around we mostly limited ourselves to holding hands and sneaking in a few light kisses. One day Mrs. Spencer caught us by surprise walking in as I’d slid my hand up from Carley’s stomach to rub her right breast through her shirt. She didn’t really need a bra yet, so I could feel her nipple, hard, through her shirt. Just this much contact had me hard also.

    https://sites.google.com/view/loSQz09IBxzIjdg9 https://sites.google.com/view/A1ngg5bBPrvKOIgn

  6. ピンバック: gay dating sites 2021
  7. hello my lovely stopforumspam member

    What are the Types of Loans in Ohio depending on the purpose
    Specific purpose payday loans in Ohio. Funds received in debt may be spent only for a specific purpose specified in the loan agreement.
    Non-purpose loan. The debtor may spend the money received at his discretion.
    Most popular specific purpose payday loans in Ohio are:

    House loan. The most common, of course, is a mortgage when the purchased property acts as collateral for a loan. Sometimes a youth loan is issued, with lighter conditions for debtors. Still quite common is a housing loan that does not imply purchased housing in the form of collateral.
    Car loan – payday loans in Ohio to a car or similar vehicle. The key is often the purchased goods, making the terms of the loan better. Also, loan conditions are improved: car insurance, life and health insurance of the borrower, and receiving a salary to the account of the creditor bank.
    Land loan. To purchase a plot for construction or agricultural activities.
    Consumer. For purchases in modern supermarkets, equipment stores, you can take a personal loan right at the point of sale. Often, specialists located there can contact the bank and get a regular or fast payday loans. Borrowed funds automatically pay for the goods, and the consultant explains when and how to re-pay the debt.
    Educational loan. It is issued to students, as well as to applicants who have passed the competition, to pay for tuition at universities, colleges, etc.
    Broker loan. For the circulation of securities, payday loans in Ohio are issued to an exchange broker, se-curities are purchased securities.
    Others. Objectives not related to those listed, but agreed and approved by the creditor.

  8. hello my lovely stopforumspam member

    Welcome to Grosvenor Casinos, where you can play a wide range of casino games, from slots to poker, blackjack, and roulette! There’s something for everyone here – become a member of the casino to have the best of online casino gaming. Our Sportbook offers a range of sports betting odds and is available for pre event or in play bets 24/7 and 365 days of the year. Whether you’re here for football tournaments or the latest betting odds for horse racing, Tennis, Golf, Cricket and even Rugby Union, you are covered.

  9. Do you mind if I quote a couple of your posts as long as I provide credit and sources back to your website? My blog is in the exact same area of interest as yours and my users would truly benefit from some of the information you provide here. Please let me know if this okay with you. Thanks a lot!|

  10. Hello there! Do you know if they make any plugins to assist with Search Engine Optimization? I’m trying to get my blog to rank for some targeted keywords but I’m not seeing very good gains. If you know of any please share. Thanks!|

  11. Unquestionably imagine that which you stated. Your favourite reason seemed to be
    at the net the easiest factor to understand of.
    I say to you, I certainly get irked whilst folks think about worries that they plainly do not know about.
    You controlled to hit the nail upon the top and outlined out the entire thing without having side effect , folks can take a
    signal. Will probably be back to get more. Thanks

  12. Please let me know if you’re looking for a article writer for your site. You have some really good articles and I believe I would be a good asset. If you ever want to take some of the load off, I’d absolutely love to write some articles for your blog in exchange for a link back to mine. Please blast me an email if interested. Kudos!|

  13. I’m really enjoying the theme/design of your blog. Do you ever run into any internet browser compatibility problems? A number of my blog visitors have complained about my site not operating correctly in Explorer but looks great in Firefox. Do you have any solutions to help fix this issue?|

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。