サナエノミクス・日本会議のマドンナ

「エコノミスト。国粋主義・歴史修正主義の目標を掲げる日本の最も強力なロビー団体。」「ガーディアン。愛国主義教育を推進し、自虐史観を終わらせることを目指す団体。」「CNN。自国優越主義ナショナリズム・リベラルメディア攻撃・在日コリアンを標的とするヘイトスピーチ。反動的グループの日本版ティーパーティ。」「ABC。日本の政治を造り変えようとしている極右ロビー団体。天皇の権威の復権・女性の家庭への従属・再軍備、超国家主義的・歴史修正主義的な目標を掲げる。」「ルモンド。1930年代の日本の帝国主義を擁護する強力な超国家主義団体。」。

日本会議の実態は、海外メディアに把握されている。

日本のマスメディアが報道しないので、日本会議関係者は「日本会議など存在しない都市伝説だ。陰謀論だ。」と存在を隠蔽しようと画策する。

日本会議は、櫻井よしこ・ケントギルバート・百田尚樹・小川栄太郎・渡部昇一・百地章・門田隆将・竹田恒泰・有村香。大学教授・ジャーナリスト・作家を知的用心棒・御用学者として飼っている。日本会議の主張は飼い犬に任せる。

日本会議は、全共闘運動の左翼学生のキャンパス封鎖・ゲバルトへの抵抗勢力として、ウヨク学生の学園正常化闘争に取り組んだ運動家を中核の幹部とする。神社本庁・霊友会・佛所護念会・念法真教・崇教真光、新興宗教が参加する団体である。

共産党・創価学会を敵視し、選挙の際は、自民党の集票マシーンと成る。

日本会議の理論的支柱は「生長の家」創始者の谷口雅治。「皇室仰募・憲法改正・家制度の復権・道徳教育の復活」戦前回帰の情念が思想の中核に存在する。

日本会議の理念は「行き過ぎた家族観・権利の主張を、憲法改正で抑圧する。」「靖国神社参拝で国家の名誉を最優先とする政治を遂行する。」「国家の名誉を担う人材を育成する道徳教育を実施する。」「国防力を強めた上で自衛隊の積極的な海外活動を行う。」。

高市早苗のウルトラ右翼としての姿勢は、日本会議の理念に沿っている。「靖国参拝・夫婦別姓反対・LGBT容認しない・女系天皇反対・憲法改正・敵基地攻撃能力を保有する・安保法制を整備し、自衛隊が海外で武装活動出来るようにする。」。

日本会議が「憲法改正の光の騎士」と見込んだのが安倍晋三である。高市早苗は安倍晋三の劣化版コピーに過ぎない。

劣化版コピーを百田尚樹・門田隆将・小川栄太郎・有本香等、ビジネス右翼が「国家観・歴史観が、しっかりしている。」と持ち上げる。三文芝居の田舎政治である。

サナエノミクス。金融緩和・緊急時の機動的な財政出動・大胆な危機管理投資・成長投資。三本の矢として取り組む。引き続き物価上昇目標2%の達成を目指す。基礎的財政収支プライマリーバランスの黒字化目標は凍結する。

FRBはテーパリングに早急に取り組みたい。ECBはテーパリングを開始する。新型コロナ禍に伴う量的金融緩和政策の無理が祟り、インフレ率上昇が止まらない。EUから離脱したイギリスもアメリカも過去、不況下の物価上昇スタグフレーションに襲われ、サッチャリズム・レーガノミクスで「福祉・社会保障の削減。弱者の切り捨て」で、凌いだ過去を教訓としている。

サッチャリズム・レーガノミクスは新自由主義と呼ばれる。新自由主義は、ケインズの跡に蘇った古典派経済学政策である。「市場の事は市場に任せる」小さな政府の確立である。

新自由主義は束の間に、アメリカに「双子の赤字」財政難を抱え込ませる。そして、ニューケインジアンの出番となる。

高市早苗。日本だけ、量的金融緩和政策を続けるとは経済音痴過ぎる。

「核融合炉と量子コンピューターを国家プロジェクトとして2020年代で実現する。」「憲法9条を改正して自衛隊を国防軍と明記する。」「NHKは受信料が高すぎる。コストダウンの努力をさせる。」「金融所得課税を20%から30%に引き上げる。」「子育て支援、子供二人目に毎月3万円、3人目以降には毎月6万円給付する。」「弱い振りをして、貰えるものは貰っておこうとする人間が増えれば国家は滅びる。従って、福祉・社会保障・生活保護は廃止する。」。

政策が多過ぎる。高市早苗の頭の中で政策の優先順位が付けられるのか。政策同士が矛盾していないか。

サナエノミクスで刷らせたカネで、福祉・社会保障・生活保護、セーフティネットの再構築に取り組まず。軍備拡張して、「中国脅威論」で、中国の水爆基地の敵基地攻撃能力でも、保有する心算か。

菅義偉は、新型コロナに敗北して総理を辞任した。

高市早苗は何を見ていたのか。

イスラエル・イギリス・アメリカ。ワクチン先進国から「2回接種したワクチンの抗体は半年で80%減衰する」と分かる。日本では医療従事者・高齢者の順で、4月から6月に接種している。

今、季節性要因で新規感染者が減り始めたデルタ株の流行だが。昨年の各国の傾向からすると、冬の流行は、夏の10倍の規模で流行する。日本でのワクチン2回接種者の抗体は、秋から冬にかけて、減衰する。3回目のboosterショットを優先するのか。未接種者の接種を優先するのか。ワクチンは在庫が無くなっている。ノババックスワクチンの入荷は来年になる。

ワクチンの調達を、どうする心算か。

死んだ魚の目をした菅義偉が、黙って辞めれば良いものを、ワクチン接種者は、行動規制を緩めるなどと、捨て台詞を言い始める。ワクチンの調達が不十分であり、希望者が接種出来ない状況で、ワクチンパスポートを利用するのは、不公正な差別である。

何より、「ワクチン接種者はゴーツー事業に参加して」と政府が呼びかけるのは、ブレークスルー感染を拡大させる、誤ったメッセージである。

イスラエルは、4回目のboosterショットを開始する。イギリスは、医療体制を充実させたうえでウィズコロナの生活を開始する。アメリカは、あの手この手で半強制的にワクチン接種率を上げようとする。

日本だけ、楽天的すぎる。不十分なワクチン接種で、祭り・選挙・宗教行事を行い、デルタ株に壊滅させられたインドの後を、日本が追っている。

日本が無理やり、コロナ以前の生活に戻ろうとすれば、この冬、50万人から100万人の死亡者が出るという推計も出されている。

高市早苗に「国家の危機管理」が出来るのならば、新型コロナ変異株に、どう備え、どう立ち向かうかが、政策の1丁目1番地に来る筈である。

コロナに無関心であれば、来年の夏、引き籠って総理を辞する、安倍晋三・菅義偉の劣化版コピーでしかなくなる。

高市早苗。コロナ変異株との戦争に、考えが及んでいるか。

“サナエノミクス・日本会議のマドンナ” への7件の返信

  1. Цены на услуги и консультации психолога.
    Консультация у психолога Заказать консультацию психолога.
    Психолог в Харькове, консультация.
    Консультация Психолога – Профессиональная
    поддержка. Психолог Онлайн.
    Психотерапия онлайн! Психолог,Психолог онлайн.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です