コロナ鬱の原因は政治不信である

BBC。
アメリカで18日、新型コロナウイルスによる死者数が25万人を超えた。同国各地で再び感染が急増しており、事態収束への見通しは暗い。

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、アメリカでは25万140人の死者と1149万2593人の感染者が確認されている(日本時間19日午前時点)。同国は死者数、感染者数共に世界最多。

先週には1日の新規感染者数が過去最多を更新するなど、全米で再び感染が急増している。

米政府の新型ウイルス対策に大きくかかわってきた米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)所長のアンソニー・ファウチ博士は18日、BBCに対し、気温が低くなることでより多くの人が屋内で集うようになるとし、アメリカが「非常に不安定な時期に間違った方向へ進んでいる」と述べた。

今春の新型ウイルスの大流行の中心となったニューヨーク市は、感染者の急増を受けて、19日からの公立学校の閉鎖を命じた。当局によると、新型ウイルス検査の陽性率が3%を超えたため、同国最大の公立学校システムの閉鎖を決定したという。約30万人の子どもたちが影響を受けることとなる。

アメリカでの学校閉鎖の措置は、企業を閉鎖しつつ学校運営は継続している欧州とは対照的だ。

■ファウチ博士の主張 ファウチ博士はBBCニュースのインタビューで、最近の感染者数の急増はより多くの死者につながると警告した。

「非常に深刻な状況だ。(感染者数や死者数には)遅行指標があるからだ」とファウチ氏は述べた。「なので、大規模な増加に直面する中、これよりもっとずっと多くの人が室内で活動している。非常に困難な状況にある」。

ファウチ氏は顔を覆ったり、物理的距離を確保したり、人ごみを避けるなどの公衆衛生対策を強化するよう、人々に繰り返し求めた。

「非常にシンプルなことのように聞こえるし、我々はこうした対策が機能することも分かっている。しかし人々は(新型ウイルスの感染症)COVID-19にいささか疲弊している。こういった制限措置に疲れてしまっている」 ファウチ氏は、ワクチンというかたちの「助けが実現しようとしているので、それまでもう少し辛抱」するよう人々に求めた。

アメリカの死者数が約2200人だった3月末、ファウチ氏は新型ウイルスのパンデミックで最大20万人のアメリカ人が死亡し、何百万人もが感染する可能性があると予測していた。

米製薬大手ファイザーと独製薬会社ビオンテック(BioNtech)が18日に公表したデータによると、両者が共同で開発中のワクチンは65歳以上の高齢者の94%に効果があったという。

両製薬会社は9日、治験の予備解析の結果、開発中のワクチンが90%以上の人の感染を防ぐことができることが分かったと発表。安全上の懸念はなかったとした。

16日には、米バイオテクノロジー企業モデルナが開発中の新型ウイルスワクチンについて、95%近い有効性を示す初期結果のデータが得られたと発表した。

ロシアで開発されたワクチン「スプートニクV」も、最初期データで92%の有効性があるとされている。

■ニューヨーク市で何が起きているのか 18日に公開された、ニューヨーク市教育局のリチャード・カランザ局長からの書簡には、「追って通達があるまで」全ての学校を閉鎖し、直ちにオンライン授業に切り替えると、生徒の保護者たちに通達する内容が書かれていた。

「あなた方と生徒のための次のステップについて、間もなく各校長から連絡がある。これは一時的な閉鎖なので、ご了承いただきたい。安全を確認次第すぐに学校施設を再開する」 学校システムの再開からわずか8週間で、今回の閉鎖措置が決まった。ニューヨーク市に先立ち、マサチューセッツ州ボストンとミシガン州デトロイトでも学校が閉鎖され、オンライン授業に切り替わった。ネヴァダ州ラスヴェガスとペンシルヴェニア州フィラデルフィアは学校再開の計画を延期している。

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は、「誰もこの決定を喜んでいない。実際に我々は全員、この決定を非常に悲しく感じている。学校の運営を継続するために多くの人が良い仕事をしてきたのだから」と述べた。

一方で当局は、学校が子どもたちを受け入れるために満たす必要のある、安全のための「非常に明確な基準を設けた」とし、「我々はこの基準を順守する必要がある」と述べた。

「保護者や教育者、スタッフ、子どもたちに、我々は学校を再開するつもりであり、できるだけ早急に再開するつもりだとはっきり申し上げたい」 新たな感染拡大を食い止めるため、学校閉鎖に先立ち、ニューヨーク市ではさまざまな措置が講じられている。先週にはバーやレストランの22時以降の営業が持ち帰りのみに制限されたほか、個人宅でのパーティが最大10人に制限された。

フォーブス。
ドナルド・トランプ米大統領の存在感が、薄くなり始めている。選挙に不正があったとして激戦州で乱発していた訴訟の一部が取り下げられても、与党・共和党の議員らが次々と民主党のジョー・バイデン候補の勝利を認め始めても、何もコメントせずにいる。

バイデン前副大統領の勝利が決定的になっているにもかかわらず、トランプは11月16日、自身が「勝利した」とする誤った内容の投稿を含め、約40回にわたってツイート(またはリツイート)。だが、その翌日はいつになく沈黙を守った。

さらにトランプは、米国が公衆衛生と経済において複数の危機に直面しているにもかかわらず、17日も公務を行わなかった。バイデン勝利の選挙結果が示されてから10日間、公の場で発言したのは1度だけだ。

トランプがそうして黙り込むなか、上院共和党の有力議員の一部からは、バイデン勝利を認める発言が相次いでいる。マルコ・ルビオ議員(フロリダ州)は、バイデンを“次期大統領”と呼び、ケビン・クレイマー議員(ノースダコタ州)は、「トランプが勝利する可能性は“ますます低くなっている”」との見方を示した。

ジョン・コーニン議員(テキサス州)は、「来年1月20日には大統領が就任すると確信している。そして就任するのは、おそらくジョー・バイデンだろう」と発言。また、マイク・ラウンズ議員(サウスダコタ州)も、「大統領はバイデンになるとみられる」と述べている。

これまでのところ、トランプが選挙結果を覆すために起こした訴訟は、ほとんどうまく行っていない。16日には激戦の4州(ペンシルベニア、ウィスコンシン、ミシガン、アリゾナ)とジョージア州で提訴を取り下げた。

このうちペンシルベニア州では、訴訟を担当していた弁護士が相次ぎ辞任。また、アリゾナ州ではトランプ陣営が、裁判で争っても選挙結果が変わることはないことを認めている。

共和党ではこれまでに、ジョージ・W・ブッシュ元大統領やダン・クエール元副大統領をはじめ、上院議員9人、下院議員10人、知事6人が、バイデンが勝者との見方を明確に示している。

共和党ではそのほか、ダン・コーツ元国家情報長官、ジョン・ボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)をはじめ、トランプ政権で主要なポジションに就いていた複数の元高官たちも、今回の大統領選の勝者はバイデンだと認めている。

今回の選挙で再選を目指さなかった共和党のポール・ミッチェル下院議員(ミシガン州)は、17日にCNNの番組に出演。次期大統領はバイデンだと認めたほか、トランプが起こしている訴訟について、「大統領は失敗した」と明言。 同議員はこの前日にはツイッターで、「この国の利益のために必要なのは、効率的な政権移行だ。それに取り組もうではないか」と述べている。

強まる「政治空白」への懸念 バイデンは16日、トランプが選挙後にほとんど公務を行っていないことを批判。新型コロナウイルスを巡る追加の経済刺激策について、「大統領がまだ何もせず、ゴルフをしているというのは理解に苦しむ」と苦言を呈した。

また、「協力し合わなければ、より多くの国民が死亡する恐れがある」として、トランプ政権が選挙の勝敗の確定と政権移行に対する正式な承認を拒否しても、移行に向けた準備を進めることは可能だと主張している。

バイデンはすでに、ホワイトハウスの上級職の多数について、任命する人物の氏名を公表。現在の政府高官から機密情報についてのブリーフィングが受けられないなか、17日にはその代わりに、元高官たちから国家安全保障に関する説明を受けた。

[18日 ロイター] – 米大統領選の再集計を手作業で進めているジョージア州の当局者は18日、間もなく作業が完了するのを前に、民主党のバイデン候補の勝利結果が覆る可能性はない見込みだと明らかにした。

政権にとどまろうとするトランプ大統領の取り組みは一段と厳しい状況に陥っている。

ジョージア州は19日に再集計結果を発表する予定。同州ではバイデン氏がトランプ氏の得票数を約1万4000票上回って勝利した。同州の当局者は、再集計について、選挙で広範な不正があったとするトランプ氏の主張を裏付ける証拠にはならないとの見解も示した。

同州の選管当局者、ガブリエル・スターリング氏は記者団に対し「彼(トランプ氏)は誤った情報を得ている」と述べた。

また、同州のラッフェンスパーガー州務長官はCNNに対し「最終的に結果が変わるとは考えていない」と語った。

スターリング氏によると、バイデン氏とトランプ氏の得票差は18日午前の段階で、従来の1万4156票から1万2781票に縮まった。同氏は再集計が18日深夜までに完了し、20日に結果が認定される見込みだとした。

ウィスコンシン州の当局者も、トランプ氏の陣営が18日に求めた一部再集計で、同州でのトランプ氏敗北が覆ることはないとの見方を示した。

トランプ陣営はこの日、民主党が圧倒的に優勢なウィスコンシン州のミルウォーキー郡とデーン郡の再集計のために300万ドルの資金を送金。州全体で再集計を行う場合は790万ドルが必要になる。

ウィスコンシン州では民主党のバイデン前副大統領の獲得票数がトランプ氏を2万票以上上回り、49.5%対48.8%でリード。デーン郡の当局者、スコット・マクドネル氏は、再集計の作業は20日に開始され、数日以内に終了するとし、「デーン郡とミルウォーキー郡での再集計でバイデン氏の獲得票数が若干増えると予想している。結果が覆ることはない」と述べた。

エジソン・リサーチによると、大統領選でバイデン氏が全米538人の選挙人のうち306人、トランプ氏が232人を獲得。獲得票数はバイデン氏がトランプ氏を580万票以上上回っている。

トランプ氏が続投するには少なくとも3州で結果を覆す必要があるが、こうしたことは過去に例がない。

各州の選挙人が予定日に票を投じるには、12月8日までに州が選挙結果を認定する必要がある。各州の選挙人は12月14日に大統領候補に票を投じ、議会は来年1月6日に選挙人の投票結果を集計する。

トランプ氏は18日、ミシガン州の選挙結果にも異議を唱え、デトロイトの投票総数が住民の人口を上回っているとの誤った主張を展開した。同市は民主党支持者が多い。

トランプ氏は「デトロイトでは人の数よりも票数がはるかに多い。この大きな詐欺行為は手の施しようがない。私はミシガン州で勝つ!」とツイートした。 デトロイト市の記録によると、大統領選の投票総数は25万0138票だった。米国勢調査局によると、同市の人口は67万0031人で、投票総数は人口の3分の1強となる。

ミシガン州の選管幹部は、デトロイトのあるウェイン郡を含む全ての郡が集計結果を認定したと明らかにした。 ロイター/イプソスの世論調査によると、米大統領選で共和党支持者の半数が、民主党のバイデン候補は不正選挙で「勝利を盗んだ」と認識しており、現職のトランプ大統領が正当な勝利者と考えていることが分かった。

大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン候補はこの日、デラウェア州の医療従事者らとオンライン形式で会談。勝者が確定しないことで、米国が新型コロナウイルスワクチンの配布に向けて「何週間も、何カ月も遅れを取る」恐れがあると指摘した。

ニューズウィーク日本版。
<とくに若者を怒らせているのは、行動制限に従い失業している若者たちの苦境に目もくれず、感染拡大を助長してきた親世代や政治指導者>。
新型コロナウイルス再拡大のさなかにあって、世界中の若者は、年上の世代に対する不満を募らせている。経済は低迷し、機会は失われ、感染予防のための行動制限の保護対象であるはずの中高年は規則に従っていないからだという。

11月17日に発表された英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)の調査によると、対象となった16歳~30歳までの若者800人以上が、新型コロナウイウルス感染拡大による行動制限と社会のリーダーとしての責任をとらない年長世代に対する怒りを表明した。

収入減少と雇用不安について若者がどう感じているかを探ったこの調査で、多くの若者が、学生ローンの負担、新型コロナ流行による活動制限、親と同居しなければやっていけない18歳~29歳の割合が過去最高という現状に不満と怒りを感じていることが明らかになった。

経済的苦痛に加えて、「誤った考え」をもつ40歳以上の人々が多くの場合、公衆衛生ガイドラインに逆らい、感染を拡大させていると訴える回答者も多かった。 「新型コロナの被害は平等じゃない。1981年以降に生まれ、2000年以降に成人を迎えたミレニアル世代のほうがつらい部分を引き受けなくてはならない」と、カナダのモントリオール出身のポリーナ・R (30歳)は言う。

「私たちが失業したり、貧しくなったりしていることに気づかない人々を守る必要があるの?」 年長世代は責任をとらない FTの調査は「これらの不満は、年長の世代に対する若者の怒りを強め、政治不安を増幅する」と述べている。回答の多くが、無気力、不安、怒り、さらには自殺願望といった感情に支配されていた。「私たちは皆、リーダーシップの危機の責任を負わされている」と、23歳のフランス人男性は嘆いた。

アメリカ、ヨーロッパ、南アジアの回答者は、年配の人々が行動制限に従わないことが感染をさらに悪化させていると述べた。一方で、20代半ばの回答者の多くが、自分もソーシャル・ディスタンスを守らないことで復讐している、と語っている。「(年上の)権力者はこの問題で責任を取ろうとしていない。誰も何もするつもりがないのに、人生を楽しまず我慢するなんて、とんでもない」と、あるモントリオールの女性は語った。

「両親と一緒に家にこもっている間、私はきちんと規則を守った」と、アメリカ人のメアリー・フィネガン (23歳)は言う。「半年もの間、お酒を飲まずに過ごした。デートを再開するためならコロナ感染のリスクを冒してもいい」 経済協力開発機構(OECD)によると、25歳未満の若者は、26歳から64歳までの世代に比べて、パンデミックの結果として職を失う確率が2.5倍高かった。アメリカでは現在、労働力の圧倒的多数を若者が占めているにもかかわらず、ベビーブーム世代がミレニアル世代の10倍の富を支配している。

広がる政治への幻滅。
新型コロナウイルスの大流行によって、政府に対する幻滅が高まったことも調査で判明した。ミレニアル世代と1996年から2015年の間に生まれたZ世代は、年上の世代よりも自分の国が「制御不能」になっている。政府への信頼は、ほとんどの先進国で史上最低に落ちているという。

イギリスに拠点を置くメンタルヘルス財団とケンブリッジ大学が行った研究は、パンデミックが精神面に与えた影響はウイルスそのものよりも長く後に残ると警告した。世界中の社会でコロナ前からくすぶっていた鬱、孤立、不安の問題は2020年になってさらに悪化している。18~29歳のイギリスとアメリカの調査参加者は、年上の世代に比べてはるかに高いレベルの精神的苦痛を経験している。

未だに、トランプを支持している熱狂的トランプファンには矛盾が有る。トランプ支持のスローガンは「保守・愛国・ナショナリズム・排外主義・レイシズム・陰謀論信仰」等である。選挙で「不正」が生じるのは発展途上の独裁国家での事件である。

トランプが負けたのは「選挙に不正が有ったから」と叫ぶほど、「アメリカは発展途上の三流国である」と叫ぶこととなる。トランプ支持者から「愛国心・保守本流・ナショナリズム」などの建前が消失し、「差別主義・レイシズム・排外主義・Qアノン信仰」などのダーティな本音が炸裂する顛末となる。

今では「ウクライナ疑惑」は、バイデンの疑惑と成っている。1年前「ウクライナ疑惑」で弾劾裁判に掛けられたのはトランプである。トランプが、ウクライナ政府に「政敵のバイデンの汚職疑惑を調査せよ」と圧力を掛けた疑惑である。弾劾裁判は「権力乱用」「議会妨害」の審理を経て。議会上院が無罪評決を下した。

トランプは何時までゴネ続ける心算か。トランプの腹の中は「辞めたら、最悪逮捕。」の損得計算・保身しかない。トランプは悪足掻きで「イラク・アフガンからの米兵士撤退。イランへの核攻撃。」などをゴルフをプレイしながら、検討・実行する。逆転復活する為のノーベンバーサプライズを探っている。

共和党重鎮・民主党総議員・連邦判事、即座にトランプを、ホワイトハウスから叩き出せ。或いは弾劾裁判に無罪判決を下した上院が「やはり権力乱用を認めます」と判決を引っ繰り返せば良い。

感染症対策は国家・政府の仕事・役割である。新型コロナで25万人以上の死亡者を出したトランプに、居座れる資格は無い。

ブラックライブズマター運動・ミリシアの武装蜂起・トランプ支持者の集会。「感染を恐れず、自分の思想信条を行動に表している」ばかりでは無かった。政治不信の若者たちが「感染を拡げてやる」との怨念で参加していた。

アメリカで起きることは、日本でも起きる。日本の政治家は全員ミニトランプである。10年後の日本に責任を持たず、利権に絡む案件を探し求めている。

感染症対策で、出来ることは「検査・隔離・治療」である。接触アプリココアをオートマティックに強化する必要も、濃厚接触者を追跡する為である。「検査数を増やせば、感染者数も増える。」とバカみたいな屁理屈を唱えて、無症状患者・軽症患者を放置し続けたから、夜の街感染から市中感染へと移行し、家庭内感染が主流となる。ゴーツー事業という官製マジックで「新型コロナ感染は国民の自己責任だ」との洗脳・マインドコントロールも完成しつつある。

ゴーツー事業に使用する税金で病院・高齢者介護施設・保育園、生命の現場に財政出動すべきだ。感染拡大した途端に、院内感染・施設内感染が激増する。
生命の現場の集団感染クラスター発生は政治責任である。

日本の若者にも、ゴーツー事業は二階俊博・菅義偉のメンツが絡んだ利権事業である事実を見つめて欲しい。利権の絡んだ特定業種のみを救済し、中小零細企業の絶滅・大企業のリストラ・非正規切り・新卒社員の雇止め、に何の手も打たない。大企業の身勝手・政治家の無為無策を、見つめておこう。

上級国民が10年後、どの様な末路を辿るか。観察しよう。この詰まらない自民党政権の為に鬱になるなよ。

“コロナ鬱の原因は政治不信である” への77件の返信

  1. ピンバック: arab dating website free
  2. Hi! This is my first comment here so I just wanted to give a quick shout out and tell you I truly enjoy reading through your blog posts.
    Can you suggest any other blogs/websites/forums
    that cover the same topics? Many thanks!

  3. Fantastic goods from you, man. I’ve understand your stuff previous to and you’re just too fantastic.
    I really like what you’ve acquired here, really like what you are saying
    and the way in which you say it. You make it enjoyable and you still
    take care of to keep it wise. I cant wait to read much more from you.
    This is actually a terrific site.

  4. I loved as much as you’ll receive carried out right here. The sketch
    is attractive, your authored subject matter stylish. nonetheless,
    you command get bought an impatience over that you wish be delivering the
    following. unwell unquestionably come more formerly again since
    exactly the same nearly very often inside case you shield this hike.

  5. ピンバック: gay guy dating a girl
  6. Hey! This post couldn’t be written any better! Reading through this post reminds me of my previous room mate! He always kept talking about this. I will forward this page to him. Pretty sure he will have a good read. Thank you for sharing!|

  7. A motivating discussion is worth comment. I believe that you ought to publish more about this topic, it may not be a taboo matter but generally people don’t talk about these issues. To the next! All the best!!|

  8. I’ve been browsing online greater than 3 hours these days, yet I by no means discovered any attention-grabbing article like yours. It’s lovely value enough for me. In my opinion, if all site owners and bloggers made good content as you did, the net will be a lot more useful than ever before.|

  9. Magnificent items from you, man. I’ve be mindful your stuff previous to and you are simply extremely fantastic. I actually like what you have got right here, really like what you are stating and the way in which you assert it. You’re making it enjoyable and you still take care of to stay it smart. I can’t wait to read far more from you. This is actually a tremendous website.|

  10. Hello! I could have sworn I’ve been to this blog before but after reading through some of the post I realized it’s new to me. Anyhow, I’m definitely delighted I found it and I’ll be book-marking and checking back often!|

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。