コロナウィルス対策現場担当者の命

読売新聞。
中国湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎が拡大している問題で、武漢周辺に滞在している約140人の残りの邦人の帰国は、対象地域の拡大などに伴う課題の解決が容易ではなく、長期化しそうな様相だ。
日本政府は1月28、29、30日に各1便の政府チャーター機を武漢空港に派遣し、31日までに565人を帰国させた。
外務省は他国に先駆けて、24日夜にはチャーター機による邦人帰国の調整を始めた。外務省幹部は、「現地から『病院に行っても追い返された』という話を聞き、邦人を帰国させる必要があると判断した」と語る。北京の日本大使館員ら10人が約1200キロ・メートル離れた武漢に17時間かけて入り、現地での調整にあたった。
武漢市の道路や鉄道が封鎖される中、搭乗予定者を空港に確実に集めるため、中国側から車両の通行許可を事前に得たうえで、市内30か所に集合場所を設け、手配したバスで一斉に輸送した。
しかし、残された在留邦人は、武漢市の外の湖北省に分散して居住している人が多く、政府による一斉輸送は困難だという。また、武漢の周辺市の道路も一部封鎖されており、個人の車両などで武漢市内に入るためには、中国当局から複数箇所の通行許可を得なければならない。
外務省は2月1日、チャーター機の第4便の派遣について、「来週半ば以降になる見込みです」と現地の在留邦人にメールで伝えた。
政府は、在留邦人に武漢以外の空港へ向かってもらい、帰国させることが可能かどうかも探っている。
また、中国人配偶者の帰国も懸案となっている。政府関係者によると、湖北省に残された140人の中には、中国人と結婚し、子どもを持つ邦人が数十人以上いるという。
中国当局は中国人の出国は認めていない。邦人が日本帰国を希望していても、妻などが出国できないため、家族が離ればなれになるのを避けようと現時点では帰国に踏み切れない人が多いという。
日本政府は中国に対し、人道的観点から中国人配偶者の出国を認めるように働きかけているが、認められる見通しは立っていない。
アベマテレビ。
2月1日中国の武漢市から帰国した人達が宿泊する施設で帰国者の受け入れ業務をしていた内閣官房の男性職員が死亡していたことがわかった。飛び降り自殺と見られている。
きょう午前10時すぎ、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って中国の武漢から帰国した人達が滞在している埼玉県和光市の国立保健医療科学院の敷地内で男性が倒れているのを帰国者が見つけた。
警察によると、男性は37歳の内閣官房の職員で、その後、死亡が確認された。男性はきのうから泊まり込みで新型コロナウイルスの症状が出ていない帰国者の受け入れ業務をしていた。
遺書などは見つかっていないが、警察は現場の状況から男性が飛び降り自殺したとみて調べている。
産経新聞。
【北京=三塚聖平】新型コロナウイルスによる肺炎の「震源地」となっている中国の湖北省武漢市で、医療物資の不足など医療関係者の苦境が続いている。病院では診察を待つ人たちが長い行列を作る様子が伝えられており、連日連夜、対応に当たる医師や看護師の疲労は限界にきている。
武漢では専門病院の建設を突貫工事で進めているほか、各地から6千人超の医療団が湖北省に応援に入っているが、初動の遅れを挽回できずにいる。
「40日以上も家族に会っていない」。
中国版ツイッター「微博」では、武漢市内の病院で泊まり込みで治療に当たる医師の様子が投稿されている。次から次へと押し寄せる患者への対応で睡眠もままならず、病院内の床や椅子でわずかな休息をとる看護師の写真も目立つ。
精神的な負担も増している。「こんなにたくさんの患者がいて、自分はどうしたらいいっていうんだ!」と情緒不安定な様子で叫ぶ医師の姿を香港紙は伝える。医療関係者の「精神崩壊」が問題となり、中国政府も心理専門家の派遣といった対応をとっている。
武漢では医療物資も不足しており、徐洪蘭副市長は1月31日の記者会見で「マスクや消毒液など医療物資の供給不足に依然直面している」と苦境を訴えた。湖北省の王暁東省長も「医療物資は医療人員の武器であり、武器がなければ戦えない」と強調している。
中国メディアは、新型肺炎感染者の致死率は全国で2%程度だが、武漢では約5・5%に上るという専門家の見方を伝えた。治療態勢が整っていないことが、武漢での致死率を押し上げている可能性もある。
一方、中国当局は医療機関の整備を急ピッチで進めている。現在、武漢では新型肺炎患者の治療を目的に2カ所で専門病院が建設中だ。中国紙によると、2月2日と5日の完成を目指しており、ベッド数は計2500床程度になる。プレハブ式などで短期間で工事を進めているとみられ、院内感染の防止策なども十分にとられているという。
1月30日までに6千人超の医師らが湖北省に応援に入ったほか、各地から医療物資が続々と届いていると報じられている。ただ、武漢では31日だけで新たに576人の感染が報告されており、治療態勢の整備が感染拡大のペースに追いつくかどうか、時間とのギリギリの戦いが続いている。
中国の複数のネットユーザーの告発である。
武漢市への支援物資・医療用防護用品・食料を政府・宅配会社・警察・中共赤十字会が横領・横流ししている。
赤十字会は野菜350トンをスーパーに横流しする。
救援物資は赤十字会に横取りされる。
政府・宅配会社は日本・韓国からの医薬品支援物資を横領する。
GDP世界2位の経済大国のやることとは思えない。
習近平が「告発の真贋」をはっきりさせたいなら武漢市を封鎖したままで無く、武漢市の現状を情報公開すべきだろう。
アメリカの国民避難が水際立っていた。
大型貨物船に椅子を設えて、中国在住のアメリカ国民とその家族をチャーター便に乗せ、帰国し即座にアメリカ軍基地に治療の為、隔離入院させる。
トランプの資質ではなくホワイトハウス・ペンタゴンに「有事の際はこうする」の危機管理マニュアルが仕上がっている。
安倍晋三の温さは歯がゆかった。
習近平が武漢を封鎖し、春節の旅行団の出国を禁止した方針に乗っかり、安倍晋三は「おっとり刀」でウィルス対策に取り組み始めた。
習近平の決断が無ければ春節の中国人旅行者を大量に受け入れ、日本のウィルス感染患者は現在の比ではない大量感染を仕出かしただろう。
武漢市を封鎖し続ける習近平は鬼畜である。
危機管理出来ない安倍晋三は抜け作である。
4機目のチャーター便が飛ばない理由は「習近平が日本人の妻子の出国を許さないから」と分かった。
日本人の子は日本人である。
習近平は日本からのチャーター便を受け入れればよい。
武漢市の医療担当者にとっても、ほんの僅かだが負担が減るだろう。
習近平はパフォーマンスで10日で病院を建設する。
医師・看護師は用意出来るのか。
日本では武漢からの帰国者を担当する内閣官房の男性が自殺した。
新型コロナウィルス「人類全体の敵」に対してパニック・負担を現場に押し付ける主席・総理は、役立たずのお飾りに過ぎない。
新型肺炎の患者には栄養・休養・静養そして治療が必要である。
患者の健康を保障する公務員・医者を疲労困憊させる国家はブラック国家でしかない。
6000人超の医師の応援。
本当に6000人超なのか。正しい人数か。
日帰り・とんぼ返りの応援では意味がない。
医師・看護師が増えても医療防護用品が武漢市に届かなければ治療の術がない。
習近平側近の秘密警察を動かして横領・横流し犯を拘束すればよい。
習近平発信で支援物資・医療防護用品は武漢市の病院に確実に届いてますという情報を世界に発信してほしい。
有事の秘密主義はタチが悪過ぎる。

“コロナウィルス対策現場担当者の命” への112件の返信

  1. ピンバック: free good dating sites
  2. ピンバック: keto breakfasts
  3. Ahaa, its pleasant discussion on the topic of this article at this
    place at this web site, I have read all that, so at this time me also commenting at
    this place.

  4. Hello! I could have sworn I’ve been to this blog before but
    after browsing through some of the post I realized it’s new to me.
    Anyways, I’m definitely happy I found it and I’ll be book-marking and checking back frequently!

  5. Nice blog right here! Also your website rather a lot up
    fast! What web host are you the use of? Can I get your associate hyperlink for your
    host? I want my site loaded up as fast as yours lol

  6. ピンバック: daddy dating gay

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。