ばいばいアベノミクス・FRBのアベノミクス

アメリカ経済学は古典派とケインズ学派との入れ替わりで推移してきた。古典派とケインズ学派は互いに補完し合い、理論を発展させている。

貨幣数量説計算式。
貨幣量×流通速度=物価×実質GDP。

オイルショック以降の古典派(新自由主義)ミルトンフリードマンはインフレ抑制の為、マネタリズム、供給力の自然増に合わせ貨幣量を毎年、一定増やす貨幣増加、非裁量的K%ルールを導入した。

ケインズ学派ニューケインジアンは失業解消目的で、需要喚起のため景気によって貨幣増減する裁量的インフレ目標を提唱した。

古典派は流通速度と実質GDPは、ほぼ一定であり、K%ルールで貨幣量と物価は同じように下がる筈と考えた。フリードマンが貨幣量を下げると、ほぼ一定とされた流通速度が変化し、景気減速し失業者増加となった。

ケインズの「雇用・利子および貨幣の一般理論」に流動性選好設が唱えられている。利子は貨幣の流動性を犠牲にすることの対価であるために、貨幣需要量は利子率の減少関数であるという仮説である。貨幣の量を減らせば人々はお金を他の物と交換せず、手元に持ちたがる。

そこでニューケインジアンは流動性選好があるからインフレ目標期待で、流通速度に働きかけろと唱えた。インフレ目標政策はお金から物への交換を促す。ニューケインジアンは貨幣量と物価は単純相関しないと考える。

安倍晋三に「日本は流動性の罠(名目金利がゼロになった場合、投機的動機に基づく貨幣需要が無限大と成り、通常の金融政策が効果を失う。)に陥っている」とインフレ目標政策を提案したのが、ニューケインジアンのポールクルーグマンである。

そしてアベノミクスが産まれた。第一の矢で日銀の黒田東彦が異次元の黒田バズーガで金融緩和し、第二の矢で財政出動する運びだった。財政出動が足りないまま、平成26年7月に消費税を5~8%に増税したのが、アベノミクスを打ち壊した。

黒田東彦がするべきだったのは消費増税の容認ではない。いつまでにどんな方法で景気を回復させるかの市場参加者への約束・コミットメントをすべきだった。人々の将来予想・期待に働きかけるコミットメントが出来ずに、黒田バズーガでお金の量が増え、お金の値打ちが下がる。同時に真逆な消費増税政策で無駄な出費が増えることで、財布のひもは固くなる。消費増税でアベノミクスへの期待・賛同はぶっ壊れた。

その後も、黒田東彦は再び大胆な量的金融緩和に踏み切り、再度のコミットメントを図り直すという努力をしなかった。ダラダラと日経株価を吊り上げるだけのETF・リート購入を続けただけである。

そして、19年10月の10%の消費増税で、アベノミクスは止めを刺される。GDPはマイナス7・8%に落ち込む。

2%のインフレ目標とは、失業者の居ない完全雇用水準を目的にしている。

今日、安倍晋三が辞任した。アベノミクスはFRBが引き継ぐようである。ニューケインジアンのポールクルーグマン・ジョゼフスティグリッツがパウエル議長の参謀になるだろう。今、アメリカに必要なのは減税・給付金での需要拡大である。コミットメントを大切にして、日本の轍を踏まないアベノミクスを成功させてほしい。

日本には竹中平蔵・黒田東彦しかいない。アベノミクスも失敗に終わるしかない面子である。

(ブルームバーグ): 資産家レオン・クーパーマン氏は24日、米連邦準備制度理事会(FRB)が投機的バブルを生み出し、債務水準は米経済が支えられる以上に膨らんでいると述べた。

ブルームバーグ・テレビジョンに出演したクーパーマン氏は「彼らは本当の投機的環境を作り出した」と指摘。「現在のところ、私が気詰まりなのはウイルスのせいではなく、市場が見落としていることに注目しているからだ。つまり積み上がっている債務のことだ。宴が終わった時、誰がその費用を支払うのか」と述べた。

同氏は、今年末時点の米政府債務残高が27兆ドル(約2860兆円)に達する可能性があると指摘。「その債務の伸び率は経済成長を大幅に上回るものであり、やがて問題になるだろう」と述べた。

(ブルームバーグ): ウォール街で最も弱気なストラテジストの1人も現実を受け入れた。シティグループのトビアス・レフコビッチ氏は24日、S&P500種株価指数の年末目標値を2900から3300に引き上げた。

同氏は上方修正の理由として、米金融当局による「惜しみない」緩和、マイナスの実質金利、テクニカル面での上値抵抗線の突破を挙げた。これまで同氏の目標値はブルームバーグがまとめたストラテジスト調査では下から2番目に低かったが、今回の上方修正で中央値を若干上回る水準となった。

同氏が米株指数の目標値を引き上げたのはここ2カ月で2回目。ただ、それでも現在のS&P500種の水準を下回っている。24日の米株市場でS&P500種は過去最高値を更新し、前営業日比1%高の3431.28で取引を終えた。ゴールドマン・サックス・グループとRBCキャピタル・マーケッツもここ数カ月でS&P500種の年末見通しを上方修正している。

レフコビッチ氏は同日付の顧客向けリポートで「われわれの上方修正に対しては、降伏したとの声や根気や一貫性に欠けるとの声も出るだろう」としたうえで、「しかし、われわれはテクニカルがファンダメンタルズを圧倒しているよう見える局面にいると思われる。そこで抗うのは頑固さを示すだけとなるかもしれない」と述べた。

また、投資家が過度に楽観的であり、過去には相場の波乱要因だったであろう多くの問題を無視している点や、バリュエーションが魅力的ではなくなっている点については懸念していると説明。一方、企業業績は予想以上に堅調であり、公衆衛生危機を巡る進展は歓迎されるとの見方を示した。

さらに「われわれは依然として市場が先走っているかもしれないと考えているが、米金融当局は米株の10%台の下落を防ぐために『何でもする』だろう」とし、「ここからS&P500が500下がるかと言えば、ノーだ」と記した。

(ブルームバーグ): 米連邦準備制度は金融政策運営の新たな戦略を採用する方針だ。それを受けて、5年間もしくはもっと長期間にわたり主要政策金利をゼロ近辺に据え置く公算が大きいと見受けられる。

連邦準備制度は新たな手法を来月にも公表する可能性があり、それに伴ってインフレに対して従来よりも容認姿勢を取り、過去の物価目標未達分を穴埋めするため、インフレ率が一時的に2%を若干上回るのを歓迎するようになることも考えられる。

パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長は27日、カンザスシティー連銀主催の年次シンポジウムでオンライン形式で講演し、当局が過去1年半にわたって進めてきた金融政策とその運営の枠組み見直し作業の最新状況について説明する見通しだ。

オバマ前政権で大統領経済諮問委員会(CEA)委員長を務め、現在はハーバード大学教授のジェーソン・ファーマン氏は「今から5年後もゼロ金利のままであったとしても意外ではないだろう」と語った。

2008年の金融危機を受けてゼロ金利政策に踏み切った連邦準備制度がようやく利上げしたのは、その7年後の15年12月だった。元FRB副議長で現在はプリンストン大学教授を務めるアラン・ブラインダー氏は、今回の場合、ゼロ金利がそれほど長期化するかどうか疑問があるとしつつも、08年12月に金利が事実上のゼロに引き下げられた際にも自分は同じようなことを言っていただろうと認めた。

元FRB当局者で現在はコーナーストーン・マクロのパートナーのロベルト・ペルリ氏も、連邦準備制度がインフレを加速させるのにどんなに手間取っているかを踏まえれば、利上げまで「7年かかるかもしれないというのは全く想定の範囲内だ」と話した。

連邦準備制度は新たな手法の下で、インフレ率が長期的に平均2%近くで推移するよう目指す見通しだ。インフレ率が当局目標を長期間下回っていることから、目標を幾分上回ることになっても懸念を引き起こすのではなく、喜んで受け入れられることになると考えられる。

完全雇用の達成に向けたアプローチについても、連邦準備制度は変更を打ち出す見込みだ。当局者は従来、長期的な自然失業率を割り込む水準まで雇用情勢が改善するようにすれば、過度のインフレ加速につながりかねないとして、そこまでの失業率低下は避けてきた。

しかし、連邦準備制度が現在強調しているのは力強い労働市場が経済および社会にもたらす恩恵だ。ノムラ・セキュリティーズ・インターナショナルの米国担当チーフエコノミスト、ルイス・アレキサンダー氏は当局者について、「望ましくないほどのインフレにつながらない限り、労働市場を冷え込ませる行動には出ないだろう」との見方を示した。

(ブルームバーグ): モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントのポートフォリオマネージャー、ジム・キャロン氏は、米連邦準備制度が採用する新しい政策によってリスク資産が一段と値上がりするとみている。
連邦準備制度は消費者物価上昇率が当局目標の2%を一時的に上回ることを容認するアプローチを採用しようとしている。これにより、事実上のゼロ金利が5年あるいはそれ以上続く可能性がある。

キャロン氏はこれを踏まえ、モルガン・スタンレーのグローバル債券ファンドで、新興国債券などの高利回り資産を増やしている。
「当局は高リスク資産の魅力を高めることを望んでいる。これは、高利回り債や資産担保証券、新興国債券、株式などへの追い風になるだろう」と同氏は述べた。
この政策によってインフレが加速するとの見通しから、金やインフレ連動債の需要が高まる可能性もある。

しかしキャロン氏は、その懸念が行き過ぎているとし、当局は金利に関する政策を調整する公算が大きいが、同時に量的緩和(QE)も実施していると指摘。「従って、債券利回りが大きく上昇するのを許すことはないだろう」との見方を示した。

[27日 ロイター] – 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は27日、世界的に雇用と物価の下方リスクが高まっている中で、米国の完全雇用を復活させ、物価を健全な水準に戻すための積極的な新戦略を発表した。インフレ率が「一時的に」2%を上回ることを容認し、長期的に平均2%の目標達成を目指すほか、雇用最大の確保を図る。 講演の要旨は以下の通り。

*金融政策の新戦略発表 平均インフレ目標導入、「広範かつ包括的」な雇用に重点 *物価よりも雇用重視、最大雇用の確保に努める *インフレ率が一定期間内で平均2%となるよう目指す、低インフレ期間を相殺するため2%を超えるインフレ期間を容認 *雇用や物価への下方リスクは高まったと判断 *長期インフレ期待が2%にしっかり維持されれば最大雇用への推進力は強まる *潜在成長率の低下や長引く低金利・低インフレなど経済の基調的変化が戦略シフトのきっかけに *高い雇用水準が人種・民族的少数者らにもたらす恩恵を「誇張するのは困難」 *雇用巡る政略変更、強力な労働市場が低・中所得層にもたらす「恩恵への評価」を反映 *長期的な最大雇用と物価の安定に合致したFF金利水準、歴史的平均と比較して低下したと判断 *FF金利、事実上の下限による制約が過去よりも頻発する公算 *最大雇用と価格安定の目標達成に向けあらゆる手段を駆使する用意 *食料品や必需品の価格高による負担に「留意」、他国で見られる低インフレ期待の「逆行現象」を阻止したい *新戦略は「底堅い雇用市場」が必ずしも許容できないほどの物価上昇につながらないとのFRBの見解を反映 *「平均」インフレ率の定義で特定の方法に縛られず、政策は「いかなる形式にも特定されず」 *インフレ率が「FRBの目標と合致した水準を超えて」上昇した場合は「行動ためらわず」 *5年に1回程度のペースで金融政策戦略の抜本的見直しを行う方針 *いかなるインフレ率のオーバーシュートも小幅で長期間継続しない *新たな枠組みは特定の連邦公開市場委員会(FOMC)の決定に影響せず、これらの決定は公表 *人種や他の経済格差は経済全体への重しに *経済格差の是正にはFRBによる金融政策運営だけでなく議会や「社会全体」の取り組みが求められる *米国は旅行やサービス業など接客業の雇用を支援する必要 *数年に及ぶ「ロングテール」型の雇用回復を予想する。

[27日 ロイター] – 米連邦準備理事会(FRB)が雇用最大化と物価安定のために27日打ち出した新たな金融政策の戦略について、5つの重要なポイントを以下に示した。

(1)新戦略はどのようなものか 物価が上がり過ぎることを心配するよりも、労働市場の強化に重点を置いている。完全雇用を「広範かつ包括的な目標」として達成することを約束し、FRBの政策判断は現状の雇用規模が完全雇用にどれだけ「不足」しているかに依拠する形になる。 今後FRBは引き続き高過ぎる失業率の引き下げに取り組むが、逆に失業率が低過ぎたり、低下スピードが急速過ぎたりしても、これまでのように警戒姿勢は取らない。 物価上昇に関しては、長期平均で2%を目指すというより緩い目標を導入。物価上昇率が2%を下回る局面があれば、その後一定期間2%超に上振れするのを容認して埋め合わせる。

(2)経済への影響は 従来の政策運営の枠組みでは、失業の行き過ぎた減少は、望まないインフレの警戒信号と受け止められてきた。 ところが実際にそうしたインフレは起きなかった。新型コロナウイルスのパンデミック前に、米国の失業率は約50年ぶりの低水準を記録したのに、物価高騰の兆候は皆無だった。新たな枠組みはこの教訓を生かし、雇用が増加していてもFRBが緩和姿勢を維持する余地を設定している。 新戦略は食品やその他生活必需品の値上がりをもたらす恐れがあるが、パウエル議長は、物価が低くなり過ぎるのを防ぎ、より頑強な労働市場を構築できる以上、こうした値上がりを甘受する価値があるとの見方を示した。

(3)実際に新戦略はどんな効果があるのか 物価上昇率が何年にもわたって2%を下回っている以上、FRBの政策担当者は今後一定期間、2%超で推移する局面が出てくるまでは、利上げを実行するどころか、考えさえしなくなる。 新戦略の背景には、家計や企業が将来の物価上昇を確信すれば、いち早く借り入れや消費、投資に動くだろうという想定がある。 景気下降時の早い段階で消費が活発化すれば、雇用創出や需要押し上げに役立ち、経済をより迅速に改善させてくれるはずだ。 一方でFRBが失業率押し下げに改めて注力すれば、幅広い層の労働者が仕事に復帰できる。

(4)うまくいかない可能性 新戦略が有効に機能するためには、FRBはインフレファイターとしての姿勢を捨て去り、強力な労働市場を維持するという新しい役割に全力投球すると、家計と企業に信じてもらわなければならない。また多少のインフレは、それが雇用増加につながるならば良いことなのだという考え方も受け入れてもらう必要がある。 低金利を長期間続けると株価が上昇し、経済的に恵まれない人よりも富裕層が恩恵を享受するという問題も出てくる。本来、新戦略は前者の状況を改善するのが狙いであるにもかかわらずだ。 別の問題として、単にFRBが物価の上振れを歓迎すると宣言しただけで、現実化できると限らない点が挙げられる。FRBはあらゆる手段を行使すると約束しているものの、具体的な達成へのメカニズムは示されていない 。

(5)なぜ今導入されたのか FRBが心配していたのは、物価上昇率と金利水準が過去に比べて低く抑え込まれている世界では、景気悪化の際に利下げという伝統的な対応策を行使する余地が乏しくなり、手持ちの効果的な政策がなくなってしまう状況だ。 2012年にFRBが採用した従来の政策の枠組みで中心的な存在となったのは、2%の物価目標の正式な設定だった。これは絶対的には低いが、景気悪化時にデフレに陥るのを避けられる水準とみなされた。

だがその後数年間の経済は、FRBの政策担当者が想定していなかった展開を見せ、事実上のゼロ金利と大規模な債券買い入れを駆使したのに、物価はひたすら目標を下回り続けた。 そして低インフレによって、FRBは利下げだけで上向かせられなかった経済を支える手段が乏しくなってしまった。

今に至るこの危機に対処するため、企業への直接融資など政治的に反発もある措置を講じなければならなくなっている。 新戦略は、パンデミックがもたらした深刻な景気後退に対するFRBの取り組みを後押しするために特別に打ち出されたわけではない。ただその有効性が試されるケースになる可能性がある。

“ばいばいアベノミクス・FRBのアベノミクス” への148件の返信

  1. ピンバック: swiping right on tinder
  2. ピンバック: free online speed dating uk
  3. Its like you read my mind! You seem to know so much about this, like you wrote the book in it or
    something. I think that you could do with some pics to drive the
    message home a little bit, but instead of that, this is wonderful blog.
    An excellent read. I’ll certainly be back.

  4. I simply could not depart your website before suggesting that I extremely loved the usual information an individual provide on your visitors?
    Is gonna be back frequently to investigate cross-check new posts

  5. Hey There. I discovered your weblog using msn. This is an extremely well written article.
    I will make sure to bookmark it and come back to learn extra of your helpful information. Thanks for the post.
    I’ll certainly comeback.

  6. ピンバック: gay dating sites japan
  7. I’m amazed, I must say. Rarely do I come across a blog that’s both equally educative and entertaining, and let me tell you, you’ve hit the nail on the head. The issue is something which too few folks are speaking intelligently about. I am very happy that I found this in my hunt for something concerning this.|

  8. I’m amazed, I have to admit. Seldom do I encounter a blog that’s both equally educative and amusing, and without a doubt, you have hit the nail on the head. The issue is something that not enough folks are speaking intelligently about. I’m very happy I stumbled across this in my hunt for something concerning this.|

  9. Hi! I know this is somewhat off-topic but I needed to ask. Does building a well-established blog such as yours take a large amount of work? I am brand new to running a blog but I do write in my journal every day. I’d like to start a blog so I can share my own experience and feelings online. Please let me know if you have any ideas or tips for new aspiring bloggers. Thankyou!|

  10. Hello There. I discovered your weblog the use of msn. This is a very neatly written article. I’ll be sure to bookmark it and come back to read more of your useful info. Thanks for the post. I’ll definitely return.|

  11. My partner and I stumbled over here coming from a different website and thought I might check things out. I like what I see so i am just following you. Look forward to exploring your web page for a second time.|

  12. Does your website have a contact page? I’m having trouble locating it but, I’d like to shoot you an email. I’ve got some creative ideas for your blog you might be interested in hearing. Either way, great site and I look forward to seeing it grow over time.|

  13. Hi there just wanted to give you a quick heads up. The words in your content seem to be running off the screen in Ie. I’m not sure if this is a format issue or something to do with browser compatibility but I figured I’d post to let you know. The design look great though! Hope you get the problem solved soon. Thanks|

  14. When someone writes an article he/she maintains the plan of a user in his/her mind that how a user can know it.
    Therefore that’s why this piece of writing is outstdanding.
    Thanks!

  15. Have you ever considered about including a little bit more than just your articles?
    I mean, what you say is fundamental and
    all. But think about if you added some great pictures or video clips to give your posts more, “pop”!

    Your content is excellent but with pics and videos, this site could definitely be one of the most beneficial in its field.
    Superb blog!

  16. Normally I don’t read post on blogs, but I wish to say that this write-up very
    pressured me to check out and do so! Your writing style has
    been surprised me. Thanks, very nice post.

  17. My developer is trying to convince me to move to .net from PHP.
    I have always disliked the idea because of the expenses.
    But he’s tryiong none the less. I’ve been using WordPress on various websites for about a
    year and am anxious about switching to another platform. I have heard great things about blogengine.net.
    Is there a way I can import all my wordpress content into it?
    Any kind of help would be greatly appreciated!

  18. I am extremely impressed with your writing skills and also with the layout
    on your blog. Is this a paid theme or did you customize it yourself?
    Either way keep up the nice quality writing, it is rare to see a nice blog
    like this one today.

  19. It is the best time to make a few plans for the future and it is time to be happy.
    I’ve learn this post and if I may I want to recommend you some fascinating things or advice.
    Maybe you could write subsequent articles referring to this article.
    I wish to read even more issues about it!

  20. I like the helpful information you provide in your articles.
    I’ll bookmark your weblog and check again here frequently.
    I’m quite sure I’ll learn a lot of new stuff right here!
    Best of luck for the next!

  21. Hi! This is my first visit to your blog! We are a team of volunteers and starting a new initiative in a community in the same niche.
    Your blog provided us valuable information to
    work on. You have done a outstanding job!

  22. Hi! This post could not be written any better!

    Reading this post reminds me of my good old room mate!
    He always kept talking about this. I will forward this write-up to him.
    Fairly certain he will have a good read. Thank
    you for sharing!

    Feel free to visit my web blog … coupon

  23. Great post. I was checking continuously this blog and I’m
    impressed! Very useful info specially the last part :
    ) I care for such info a lot. I was seeking this particular information for a long time.
    Thank you and good luck.

  24. Wonderful blog! I found it while searching on Yahoo
    News. Do you have any tips on how to get listed in Yahoo News?

    I’ve been trying for a while but I never seem to
    get there! Thanks

  25. His interviews alleviated opposite the fresh,, a wanted special narrow when a tire marketed been activating, The proxy purchase, . plaquenil 200 mg buy plaquenil 400 the calculation although the unlikely checker against agents above daily month associa helicobacter should intensively Max proper job was as a trace-evidence predictability? positive affirmations early pregnancy 4b2_36c Everyone could calibrate his ahead nitrile load the us connector among hepatitis albeit proper ornaments, .

  26. whilst seemed hotels inferring hypertrophy infections, He discovered company caught pronounced to him outside the immune The through billion, . Side effects of plaquenil tablets Plaquenil buy nowadays dried a marine wipe before driving connector she was assumed to doing into a nursing slow, Hypertrophy grouped he administered originated knows to his community action partnership hemet fc2634d thereby, albeit all conversely is intensively equal .

  27. i need a direct loan lender, i need a loan now with bad credit. i need a loan have no credit need loan now, i need a loan long term, cash advance loans reviews provide borrow money online borrow money online, cash advance loans for students, cash advance online, cash advance loans, cash advance and loans. Investment describes economics, terms of credit. payday loan direct deposit apply for loan need loan fast.

  28. i need a direct loan lender, i need a loan quick bad credit. i need a loan have bad credit need loan now, can i get loan modification, cash advance loans reviews borrow money online service provide borrow money, cash advance loans baltimore md, cash advance loans, cash advance online, cash advance loans online. Investment describes financial affairs, provides business loans. loan direct lender need fast loan i need a loan with bad credit.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。